精神的疲労からエネルギーを取り戻す方法

15 10月, 2020
自分の状況を受け入れ、全てがなるように任せることを学ぶことが、全てをコントロールしようとすることで生じる精神的疲労を防ぐ最適の方法かもしれません。

自分にエネルギーがない、もしくはやるべきことをこなすのに十分な力が出ない、と感じたことがありませんか?精神的疲労に悩んでいて、満足できていないと感じますか?もしそうなら、その不快感はあなたも十分ご存知でしょう。

誰でもどんな年代の人であっても精神的疲労と直面するということは非常に一般的なことです。つまり、このような疲労は「特別」なことではないのです。

私たち人間には、考えるという能力、人生経験を積むという能力が備わっています。一つ一つの経験に注意を払うと、そこから感情が生まれ、私たちはその感情を自覚します。もしここでネガティブなエネルギーが生じれば、身体的・精神的健康どちらにも支障が生じることになるでしょう。

こういった精神的疲労と闘うため、次のような対策法を試してみてください。これらのテクニックを健康的な生活習慣と組み合わせることで、気持ちが改善して幸福を取り戻せるかもしれません。

1. 自分の感情を自覚しよう

夕焼けの海岸で祈る女性

私たちは皆、1日のうちにネガティブな感情やポジティブな感情を経験する感情的な人間です。これは、どのように向き合うかによって自分を成長させることにもなれば、行き詰ってしまうことにもなるでしょう。理想的なのは、自分の心の平穏とバランスのために、少しずつ感情を解き放つことを学ぶことです。このためには、カウンセリングを受けることが助けになるでしょう。

それに加えて、自分の感情をコントロールするには、まずは感情を自覚することです。この点で、緊張をほぐし、意見や判断を表明する前に何が起きているのかを理解するために、深い呼吸法を取り入れることが出来ます。

こちらもどうぞ:新型コロナウイルスへの恐れ:感情を管理する方法

2. ありのままの自分を好きになろう

精神的疲労と闘うためのもう一つの方法は、自分を好きになることです。この感情はとても正直で完全なものでなければなりません。つまり、今の時点で自分に気に入らないところがあったとしても、ありのままの自分を好きにならなければならないということです。

自分の外見や自分にないものを批判しながら、ネガティブな考えにとらわれて人生を送る人はたくさんいます。そういう人は、どうやって歩き続けるか、どうやって幸せになるか分からないまま、エネルギーを使い果たしてしまうものです。

私たちの頭にはいつも心配事や雑音が存在し、常に物事の理由を探しています。しかし何よりも必要なのは、自らを愛することなのです。

自分で自分を受け入れられない理由が、誰かからの暴力や批判的な発言などと関連がある場合は、カウンセリングを受けてみてください。カウンセリングには様々な選択肢があります。もし自らの幸福のために努力できるなら、驚く結果が得られるでしょう。

3. 自分自身とつながろう

草原で空を仰ぐ女性

精神的疲労に打ち勝つもう一つの方法は、自分の行動について深く考え、自分自身とつながる能力や才能を発達させることです。

自分自身を観察し、自分の考えていることやその考えが生み出す感情、またはそれらの感情が引き起こす行動を意識しましょう。自分を観察すると、自分の性質や強さを自覚できるでしょう。

自分が熱中できること、自分を前進させてくれることを発見したり思い出してください。そうすれば、不安や恐れ、自信のなさにとらわれず、自分が成長し目標に到達するために何が必要かが理解できるはずです。

今まで他の人に求められることばかりしてきたと感じる場合は、友人関係の整理をする必要があるかもしれません。自分の人生の中心は自分自身であり、満足させるべき人は自分自身のみであることを思い出しましょう。

 

4. 精神的疲労を解決するために感謝しよう

精神的疲労の主な原因の一つに、自分にないもの、手に入れたいもの、自分にあるけれど気に入らないものについて常に不満を言う、というものがあります。

自分のエネルギーを取り戻したいなら、不満を感謝に変えましょう。きれいごとに聞こえるかもしれませんが、見方を変えることが感情に影響を与えるのは事実です。もし自分の人生は悪いことばかりだと感じているなら、できる限りポジティブなことを見つけるようにしてください。

パートナーに大切だと思っていることや、一緒にいてくれることへの感謝を伝えたのはいつでしょうか? 最近両親にありがとうと言いましたか?あまり意味がないように見えても、これらは人生に大切な行動なのです。

合わせて読みたい:愛情を伝えることの大切さ

 

5. 目標を見つけよう

目標を紙に書く女性
アイデアを整理して目標をはっきりさせるために、紙に書いてみましょう。

 

精神的疲労の最も一般的な原因の一つは、情熱ではなく現実への反応だけで人生を生きることです。もしそうなっているなら、何でも自分で選んで実践することが出来るんだ、ということを思い出してください。

過去にどうであったかとか、できなかったことを考えると、それにエネルギーを奪われてしまい、感情の平穏を失ってしまいます。その代わりに何か目標を探し、そこにエネルギーを注ぎましょう。その目標が何か肯定的なものでさえあればよいのです。

そのためには自分の才能を発見し、また目標を達するために必要なその他の能力を発達させる必要があります。恐れや不安、とまどいを感じるかもしれませんが、それらに打ち勝った時、幸せにたどり着くでしょう。

6. 常に物事をコントロールしようとしない

精神的疲労の大きな問題の一つが、批判的にならないようにして目標を持っているにもかかわらず、いつでも元に戻ってしまう可能性があるということです。これは、全ての問題を常にコントロールしなければならないと考える人に良く見られます。

残念ながら、人生は完全にコントロールできないものです。そのことを早く理解すればするほど、訪れる状況にまかせることを学び、早く幸せになることができるでしょう。

物事をコントロールしたいという自分の性質を利用して精神的疲労と闘う方法として、他の人を助けるという方法があります。大きな問題を起こす状況にある場合は、どうすればそれに対処できるか行動計画を練りましょう。

精神的疲労に負ける必要はない

ここまで見てきたように、精神的疲労に負ける必要も、それに悪い方向に押されてしまう必要もありません。専門家の助けを探し、生活を改善する努力が出来るなら、前に進んで幸福を取り戻すことが出来るでしょう。しかし、このために第一歩を踏み出すべき人はあなた自身である、ということを忘れないでください。

また、ここで紹介した方法はあなた個人に特化したものではないことも覚えておきましょう。つまり、その時々に応じて、エネルギーを回復するための最善の方法を自分で選んでいくことが出来る、ということです。

  • Barnes, C. M., & Van Dyne, L. (2009). I’m tired’: Differential effects of physical and emotional fatigue on workload management strategies. Human Relations, 62(1), 59-92.
  • Ramírez, M. T. G., & Hernández, R. L. (2007). Escala de cansancio emocional (ECE) para estudiantes universitarios: propiedades psicométricas en una muestra de México. Anales de psicología, 23(2), 253-257.
  • Teresa González Ramárez, M., Landero Hernández, R., & Tapia Vargas, A. (2007). Percepción de salud, cansancio emocional y síntomas psicosomáticos en estudiantes universitarios. Ansiedad y estrés, 13(1).