生活の質を改善するのに役立つ/ビールの効能TOP10

2月 27, 2017
毎日ビールをグラス1杯飲むと身体にいいってご存知でしたか? ビールが持つ驚くべき10の効能をご紹介します。

ビールは私たちの身体に驚くほどの健康効果をもたらしてくれます。ただし、適量を守ることが大切だということを覚えておきましょう。

10-ways-beer-can-improve-your-quality-of-life-500x281

ビールは世界中で最もよく知られたアルコール飲料のひとつ。発芽した大麦(麦芽)のでんぷん質を温水と混ぜ、酵母を加えて発酵させて作ります。

何世紀ものあいだ、世界中のさまざまな文化の1部として愛されてきたビール。身体への効用と栄養価とが高く評価されてきました。

本当です。一般的な考えとは逆に、ビールはいくつかの興味深い健康効果をもたらしてくれるのです。

ビールは抗酸化物質・ビタミン・ミネラル・その他の必須栄養素が豊富なので、さまざまな身体の機能を向上させるのに役立ちます。

また、他の飲み物よりもカロリーが低いうえ、利尿作用があるため、細胞内にたまった過剰な体液の排出を促します。

実際、ビールにはあなたの生活の質を改善する、あまり知られていない効用がもっとあるんです。

ビールを飲みながら、続けてお読みください!

1. 栄養価が高い

beer-500x334

その原材料のため、実際ビールは比較的ヘルシーな飲み物であり、全身に栄養を供給してくれます。

炭水化物と天然食物繊維に加えてビタミンB群の含有量が多く、これには葉酸も含まれています。

マグネシウムやカルシウムなどのミネラルも豊富です。その含有量は、製造方法によって異なります。

ビールには、細胞内のフリーラジカルがもたらすマイナスの影響を軽減するのに役立つ抗酸化物質やビタミンを含んでいます。

こちらの記事もお読みください:知らないとコワい!マグネシウム欠乏症と予防法

2. 骨の健康を守る

ビールはケイ素などの必須ミネラルを含んでいますから、骨を強化し、骨密度の低下や弱体化を防ぐのに役立ちます。

また骨の強度に影響を与えるホルモンの変化を最小限に抑えるのに役立つフェトエストロゲン(植物性エストロゲン)を提供してくれますから、更年期を迎えた女性はビールを飲むよう推奨されています。

実際、毎日少量のビール(最高グラス2杯まで)を飲むことで、大人の骨折および骨粗しょう症のリスクを軽減することができると考えられています。

3. 感染症のリスクを軽減する

infections

どんなアルコール飲料でも過剰に摂取すると免疫システムを低下させますが、少量のビールは実際にいくつかの感染症を防ぐのに役立ちます。

ビールは栄養価が高いため、微生物に対する免疫システムの反応を高めます。また、これらの微生物が内臓から内臓へと広がるのを防ぎます。

4. 身体に水分を補給する

アルコール飲料を飲みすぎると体内の水分を奪ってしまいますが、1日1杯のビールは水分補給に役立ちます。

また、ビールは水だけでなく必須ミネラルも含んでいますから、運動により塩分とミネラルが失われるのを防ぐ手助けをしてくれます。

5. 心血管系の健康を守る

supports-cardiovascular-health-500x327

ビールを適量飲むことで得られる健康効果の1つとして、心血管系と循環器系に対する効用が挙げられます。

ビールは細胞の酸化を軽減し、動脈中の善玉コレステロール値を高め、血液をろ過するのを助けます。

このため、高血圧症・動脈硬化・その他心臓発作に関連した病気の予防に役立つのです。

6. 腎臓の健康を守る

ビールに含まれている利尿成分は、腎臓の健康を守るのに多いに役立ちます。排尿量を増やすだけでなく、腎臓結石ができるリスクを最高40%まで軽減してくれます。

7. 脳の健康を守る

brain-health-500x334

ビールに含まれているケイ素は、アルツハイマー症などの神経変性疾患のリスクを下げる可能性があります。

このタイプの認知障害と関連があると考えられている血液および脳細胞中のアルミニウムの量を抑えるのに役立つためです。

また、脳の早期老化と関連づけられている、健康な細胞に対するフリーラジカルのマイナス効果を軽減します。

8.寿命を延ばす

ビールを適量飲む人は、2000以上のヘルシーな成分から恩恵を受けることができます。

これらの成分には、酸化や、あるタイプの細胞の異常な増殖によって引き起こされる変化から身体を守る働きがあります.

このため、細胞の早期老化を軽減し、多くの変性疾患の発症を抑えてくれるのです。

9. 糖尿病を防ぐ

type-2-diabetes-500x334

ビールに含まれている水溶性食物繊維・ポリフェノール化合物・ミネラルは、血糖値をコントロールするメカニズムに働きかけます。これが、2型糖尿病にかかるリスクを大幅に軽減してくれるのです。

摂取量が適量であるかぎり、ビールは代謝性合併症を防ぎ、血糖値をコントロールするのに役立ちます。

こちらの記事もおすすめします:ご用心!あまり知られていない糖尿病の5つの症状とは?

10. お肌の老化を防ぐ

ビール少量を飲むことで、早期老化を防ぐことが可能です。

ビールに含まれている栄養素は、お肌の自己回復力を高めます。また、小じわやその他の老化現象を防ぐのにも役立ちます。

このように、ビールはアルコール飲料であるにも関わらず、適量を飲むことで利用できるすばらしい効能を持っています。

推奨されている1日の適量は、女性がグラス1杯、男性は2杯までであることを覚えておきましょう。

あなたへおすすめ