卵巣の健康に影響を与える5つの事柄

3月 9, 2016

卵巣は女性の生殖システムの一部ですが、生殖に必要であるだけでなく、月経やプロゲステロンとエストロゲンなどのホルモン生産といった、女性の身体機能を調節します。

残念ながら卵巣は、常には避けられない、いくつかの疾患と関連しています。 卵巣嚢胞、腫瘍、さらに早発卵巣不全は、世界中の女性が直面しなければならないリスクの一部です。 したがって、 検査と健康的なライフスタイルを維持することは、極めて重要です

の記事では、卵巣の健康に影響を与える主要なリスクをいくつか説明します。この重要な情報をお見逃しなく!

1.肥満

肥満

ご存知のように、太り過ぎは常に健康リスクをはらんでいますが、肥満と卵巣疾患はどのように関連しているのでしょうか?

  • 肥満は代謝を変化させるだけでなく、ホルモンにも影響を与えます。体がより多くの脂肪の蓄積を開始すると、月経周期の変化につながる内分泌系をも変化させます
  • 多くの専門家が、これらのホルモンの変化はしばしば、多嚢胞性卵巣症候群や腫瘍といった問題を起こすと警告しています。 しかも多くの医師は、女性の不妊は多くの場合、肥満に関連していると注意します。

2.遺伝的危険因子

遺伝。私たちの母親、祖母、叔母がかかった病気は、 かなりの確率で、私たち自身の生殖器系内で発症する疾患に影響を与えます。 たとえば、家族の中で卵巣癌の病歴を持つ人がいるなら、自分自身も発症する危険性が高いです

BRCA1とBRACA2遺伝子に存在する小さ​な変異は、多くの場合、遺伝性です。多くの女性が時に、特定の疾患を発症する可能性を知るために、完全な遺伝子解析を求めます。アンジェリーナ・ジョリーが卵巣を摘出することを選択したのも記憶に新しいでしょう。

3.高齢出産

子供

すべての女性が、自分の母親や祖母と同じ年齢で子供を持てるわけではありません。家庭外でのキャリアの問題や、子供を育てるための時間を持てない仕事は、少しずつ、出産の平均年齢を引き上げてきています。

これは、私たちの健康を危険にさらしているのでしょうか? 専門家は、女性が生涯にわたってより多く排卵を経験する場合、卵巣疾患発症のリスクが高まると言います。26歳以前の出産は卵巣ガンの発症のリスクを低下させます。

 

4.タルカムパウダーの危険性

子供2

タルカムパウダーは卵巣癌の発症リスクと関連していると言われています

  • タルカムパウダーは、卵巣癌を含むいくつかの異なるタイプのガンを引き起こすことで知られる、有害物質のアスベストが含まれるケイ酸マグネシウムで構成されています。 実際、制汗剤にも使われており、乳癌を発症する可能性を高めることも知られています
  • 米国では1970年以降、連邦法によって、タルカムパウダーにはアスベストは含まれてはならないと義務付けられています。しかし、すべての国に同様の規制があるわけではありません。
  • 女性の間でタルカムパウダーによる癌の発生率が高いという事実は、赤ちゃんにこの製品を使用することが主な原因です。 多くの場合、私たちは気づかずにそれを吸いこんでいるのです。

あなたが使うタルカムパウダーにアスベストが含まれているかどうか、常に成分を確認してください。

5.脂肪が多い食事

朝食

私たちは常に、運動や、危険な脂肪を含まないバランスのとれた多様な食事を含む、健康的なライフスタイルをお勧めしています。

マフィンやケーキなど、精製した小麦粉と塩で作られたおいしい製品は誰でも好きなもの… しかし、これらの食べ物は多くの場合、特に卵巣内で腫瘍の増殖を促進することが知られているという事実を知っておく必要があります

水、ナチュラルなジュース、果物、野菜の消費を増やしましょう。 脂肪が多い食品は、最終的にエストロゲンの活性を変化させます。

あなたへおすすめ