パパイヤを毎日食べることで得られる効能

5月 13, 2017
パパイヤには、消化機能の改善と免疫システムの強化に加えて、細胞の損傷を予防する働きがあります。

パパイヤはメキシコをはじめとする中南米が原産のトロピカルフルーツで、現在は世界中のさまざまな土地で栽培されています。

パパイヤには消化機能の改善と免疫システムの強化に加えて、細胞の損傷を予防など、体にさまざまな効果を発揮する栄養素が豊富に含まれているため、毎日の食事に加える果物の中でも最も健康な果物の一つと考えられています。

またパパイヤに含まれる糖分は体内に吸収されやすく、すぐにエネルギー源となります。

低カロリーでビタミン、ミネラル、酵素などが豊富に含まれているパパイヤは、健康機能の改善や向上に効果を発揮します。

これらのパパイヤの効能は、毎日パパイヤのスライスを一枚食べるだけで得られます。

本記事ではパパイヤの効能と体への効果をご紹介します。

大切なビタミンとミネラルを供給

パパイヤには抗酸化物質を含むビタミンである、ビタミン A、C、そして Eが含まれています。

またパパイヤにはビタミンB群とカリウム、マグネシウム、銅などの必須ミネラルが含まれているため、これらの栄養素が体内機能を正常化し、活性酵素からの悪影響を防ぐ働きをします。

 

消化器官の健康を改善

パパイヤには食物繊維が豊富に含まれているため、消化機能や体内機能を改善し、便秘を予防する働きがあります

毎日の食事にパパイヤを加えると、消化システム内のデトックスを行い、正常な便通を維持します。

タンパク質の消化をサポート

前述した効能の他に、パパイヤには体内におけるタンパク質の消化を改善する働きがあります。

パパイヤに含まれるパパインと呼ばれる酵素が、腸を守る腸内フローラ値を正常に保ちながら、タンパク質の分解し、消化を助けます。

炎症の緩和

パパインとキモパパインという酵素は、関節リウマチ、水腫、痛風など、炎症が原因の疾患の治療に効果があるといわれています。

免疫システムの強化

パパイヤの果肉には、免疫システムを強化し、感染症の予防に効果的なビタミンAとCが豊富に含まれています。

パパイヤを継続して摂取することで、風邪やインフルエンザなどの呼吸器系疾患の原因となるウイルスやバクテリアから体内を保護するバリアを作り出します。

目の健康を保護

パパイヤに含まれる抗酸化物質であるβカロテンは、視力を保護し、加齢黄斑変性や白内障などの疾患を予防します。

パパイヤを毎日継続して食べることで目の健康を強化し、活性酵素からの悪影響を低下させる効果があります。

血餅の生成を予防

血液の凝固である血餅は体内の循環機能を低下し、動脈を詰まらせ、深刻なケースになると心臓発作や脳卒中を引き起こします。

パパイヤにはフィブリンと呼ばれる血液の流れを改善し、血液の業居を減少する成分が含まれています。

ストレスの軽減

パパイヤ少量を毎日摂取すると消化機能が向上するだけではなく、ストレスを軽減します。ビタミンCはコルチゾールの生成を低下し、気分を向上させ健康を促進します。

 

美肌効果

細胞の損傷を抑制し、シワを予防する抗酸化物質であるビタミンEが豊富に含まれています。

パパイヤの有効成分は、市販の美容クリーム、マスク、ヘアケア製品などの原料として使われています。

パパイヤに含まれるβカロテンは肌をなめらかにしてシミやシワを予防し、ビタミンCとEは、体内でのコラーゲンの生成を増加し、肌の弾力と若さを取り戻します。

さらにパパイヤに含まれるエッセンシャルオイルは肌の自然な潤いを取り戻し、アトピーや乾癬などを症状を緩和します。

パパイヤはお近くのスーパーなどで手軽に手に入ります。

パイヤをそのまま食べるか、スムージーにして今回ご紹介したさまざまな効能をお試しください。

あなたへおすすめ