パニック発作の予防法

3月 23, 2018
パニック発作は多くの人が苦しんでいる症状です。今回の記事では、パニック発作を未然に回避するいくつかの方法をご紹介します。

パニック発作とは、時には「自分は死んでしまうのではないか」と思うほどの、制御不能な不安感を引き起こし、絶望的な気分になる発作です。この発作は、強烈な恐怖心を引き起こし、この恐怖心が不安感を高めてパニック発作が長時間持続する結果となります。

パニック発作は心理的障害で、その原因の一つが長期的なストレスだと言われています。

パニック発作を制御するためには、自分の日々の生活の中で「過剰」になりがちな物事は何かをしっかりと自己分析することが大切です。

専門家や周りの人からの心理的なサポートは、パニック発作の原因を自己認識し、自分自身を落ち着かせてパニック発作を防ぐためには重要な要素です。

時には、人生や毎日の生活のスピードをペースダウンしながら、不安を引き起こす状況を回避することで、パニック発作を軽減して、最終的にに発作がなくなることへとつながります。

パニック発作の症状

症状

 

パニック発作、特にはじめて発作が起こるときは、その兆候に気づかず、突然起こるように感じます。

またパニック発作は一般的に10~20分続きますが、それ以上に長引くケースも報告されています。

パニック発作を起こす兆候となる症状をご紹介します:

  • 胸の痛み
  • めまい
  • 意識を失いそうになる
  • 何かへの恐れや差し迫った死の恐れ
  • 呼吸困難
  • 腹痛または吐き気
  • 心拍数の上昇や動悸
  • 身震いや震え

パニック発作をよく起こす人は、発作が起こる兆候を察知できるケースが多くあります。

そのため、徐々にパニック発作を自分の力でコントロールできるようにパニック発作の予防法を学ぶことが大切です。

パニック発作の予防法

パニック発作の予防

 

  • 自己分析: ライフスタイルと改善するためにできることを自己分析しましょう。食生活、睡眠時間、運動をする時間、そして趣味などの楽しい時間にどの程度の時間を費やしているか考えてください。健康的なライフスタイルを送ることが発作の予防には欠かせません。
  • パニック発作は一般的なことだと考える:パニック発作に苦しむ人々は、自分が病気であると考え、それがさらなる不安を引き起こすことがあります。パニック発作は誰にでも起こりうる発作で、心理的なものが原因と考えられますが、実は自分の環境や周りの人々からの影響で発症することもあります。
  • 深く考えすぎない:パニック発作の原因となる不安を引き起こす原因について考えないようにするのは不可能ですが、考えすぎないように注意してください。不安の原因は「何かに対する恐怖心」であるため、深く考えすぎると症状や不安感が悪化する危険がありますし、考えている間にパニック発作が起こる可能性も否定できません。
  • ポジティブな考え方:パニック発作が起こりそうだという自覚症状があるとき、できる限りポジティブな考え方を心がけてください。例えば「私は死にたくない。この発作はただの恐怖心から起きているだけだ。」というようなポジティブなフレーズを心の中で繰り返すことで、不安を和らげる効果があります。
  • 呼吸法:自分の注意を不安から呼吸へと移して集中することで、否定的な考えや恐怖を取り除くことができます。呼吸はゆっくりと約3秒間続けてください。呼吸に注意を払うと、筋肉や関節がリラックスします。
    視覚と聴覚に集中する:不安を感じてパニック発作が現れそうな時は、自分の衣服のボタンや周りにある車のナンバープレートなどを見て「何かを観察」して意識を視覚へと向けます。また視覚からの情報に集中できない場合は、車のホーン、鳥のさえずり、周りの人の会話など、聴覚を刺激するものや、周りの刺激に神経を集中させると、心理的な恐怖が軽減します。
  • 怒ったり悲しくならないようにする:怒りの感情をできる限り避けてください。パニック発作を起こす人は、不安を感じた時に自分を責める傾向があります。「自分は弱い人間だ」「なんて恐ろしいんだろう」などと言う感情は、症状が悪化するだけで何の解決にもなりません。
  • 専門家のサポート:心理学者や専門家は、パニック発作を根本から克服する治療やサポートを提供します。自分の力ではコントロールできないと感じた時は、専門家のサポートが効果を発揮します。

パニック発作の治療法

パニック発作の治療法

パニック発作の原因となる不安感や恐怖に苦しむ人々のために行われる専門的な治療は、薬物療法と心理療法を組み合わせ、一般的な毎日を送るサポートに特化しています。

一般的にパニック発作の治療に使用される薬物は、うつ病の治療に使用される薬や、神経を落ち着かせるための鎮静薬です。

またパニック発作に悩む人たちのためのサポートグループは、非常に高い効果があることが明らかになっています。

自分と同じようにパニック発作に悩む人々と、自分の経験などを共有することで、孤独感を解消して、孤立を防ぎます。

パニック発作に苦しむ人々はアルコール依存症になったり薬物中毒になる傾向があるため、これらを予防するためにも家族や友人のサポートが欠かせません。

 

あなたへおすすめ