オランザピンについて知っておくべきこと

オランザピンは、セロトニンおよびドーパミン受容体との親和性が高いため、統合失調症の陽性症状と陰性症状の両方を大幅に改善する可能性を持っています。
オランザピンについて知っておくべきこと

最後の更新: 17 5月, 2021

オランザピンは、非定型抗精神病薬のグループに属する薬です。統合失調症の治療だけでなく、双極性障害や躁病エピソードに関連するうつ病治療のためにも処方されます。

製薬会社のイーライリリー・アンド・カンパニー(EliLilly and Company)が、オランザピン製剤の製造と流通を行っていましたが、この薬の特許は2011年に失効したため、現在では世界中で一般的に流通しています。

統合失調症について学ぶ

統合失調症は、歪んだ思考、幻覚、さらには妄想を特徴とする慢性精神疾患です。これらの3つの症状は、臨床的に「陽性」症状として知られています。しかし、患者はまた、医師が「陰性」症状と呼ぶものに苦しむ可能性があります。

陰性症状は以下の通りです。

  • 社会的孤立
  • 無関心
  • 感情的反応の低下
オランザピン

統合失調症は、とりわけ、歪んだ思考、幻覚、社会的孤立が症状として現れる精神疾患です。

統合失調症の引き金となる原因を次にご紹介します。一連の要因により統合失調症の素因を持っている人もいます。

  • 脳の生化学的変化:統合失調症の患者は通常、脳内のドーパミンとセロトニンのレベルが変化しています。
  • 遺伝的要因:親または他の近親者が統合失調症を発症していると、子供が発症する可能性が高まります。
  • 妊娠中の問題:妊娠中の特定の感染症や外傷とともに、無酸素症などの特定の合併症が赤ちゃんに影響を与える可能性があります。残念ながら、統合失調症や他の健康問題の発症につながることが頻繁にあります。

作用の構造とメカニズム:オランザピンはどのように機能する?

この抗精神病薬は、ベンゾジアゼピンに関連する化学構造を持っています。具体的には、クエチアピンとクロザピンに構造的に関連しています。その抗精神病活性は、セロトニン受容体との相互作用によるものです。より具体的には、脳の5-HT2部分のセロトニン受容体を遮断します。

さらに、中程度ではありますが、ドーパミンD1およびD2受容体とも相互作用します。また、ムスカリン性コリン作動性受容体、アルファアドレナリン作動性およびヒスタミンH1に対して親和性があります。

これらの相互作用のすべてが原因で、いくつかの悪影響を引き起こす可能性があるため、以下で詳しく説明します。オランザピンは、これらの受容体との親和性が高いため、統合失調症の陽性症状と陰性症状の両方を大幅に改善することができます。

最後に、この薬の長期作用製剤もあるということも重要なポイントです。

こちらからさらに詳しく:精神疾患〜10の警告症状

薬物動態:体はオランザピンにどう対処する?

薬物動態には、薬物が投与されると受ける吸収、分布、代謝、および排泄のプロセスが含まれます。オランザピンは、経口摂取後に急速に吸収されます。

吸収されると、6時間後に血漿中の最大濃度に達します。食物の存在が吸収に影響を与えることはなく、またすべての薬で起こるわけではないと覚えておく必要があります。

オランザピン

オランザピンは、ベンゾジアゼピンに関連する化学構造を持っているため、統合失調症、躁病エピソード、双極性障害の治療に使用されます。

この薬の生物学的利用能、つまり運動を行ったときに利用できる血中の薬の最大濃度は、それほど高くありません。

初回の強力な通過肝代謝なので、投与量の40%のみが全身循環に到達すると言うのがその理由です。

肝臓で起こる代謝とは、薬物がより溶けやすく除去を促進するために体内で受ける一連の化学反応です。

代謝時に代謝物として生じる物質は、体に影響を与える場合と何も影響を引き起こさない場合があります。この場合、オランザピンが受けた化学反応から生じる代謝物は、薬理学的活性を持ちません。

代謝後、代謝物と結果として生じる薬物の両方が体から出ます。これは尿から30%、糞便から約55%です。

オランザピンの副作用

最後に、最も頻繁に起こる副作用をご紹介します。

  • 体重増加
  • 眠気
  • プロラクチンレベルの増加
  • Cレベルコレステロール、ブドウ糖およびトリグリセリドの上昇
  • めまい
  • 起立性低血圧
  • 便秘
  • 静座不能と運動障害

結論

オランザピンは統合失調症の治療に広く使用されている薬です。 体に強力な効果があるため、処方箋が必要です。 つまり、医師の処方がない限り、服用しないでください。 常に医師の指示に従い、自分が抱えている疑問はすべて医師に聞くことが大切です。

こちらの記事もおすすめです。
情緒剥奪:心の栄養失調
みんな健康
で読むことができます。 みんな健康
情緒剥奪:心の栄養失調

情緒剥奪と呼ばれる症状の原因は様々です。このような精神状態になったとき、ハグなどの身体的な触れ合いが私たちの心を癒します。ハグをされることで、安心感と愛情を感じられます。心が栄養失調を起こしたとき、心で愛情を満たすことがその治療方法といえます。逆に、愛情を得られないことで実際に病気になってしま...



  • De Matos E Souza, F. G. (2005). Tratamento do transtorno bipolar – Eutimia. Revista de Psiquiatria Clinica.
  • Biblioteca Nacional de Medicina de los EE.UU. (2016). Olanzapina: MedlinePlus medicinas.
  • AEMPS. (2017). Olanzapina. Ministerio de Sanidad, Política Social e Igualdad.
  • Nagai, N., & Watanabe, K. (2013). [Olanzapine]. Nihon Rinsho. Japanese Journal of Clinical Medicine. https://doi.org/10.1016/S0140-6736(05)63186-8
  • Duggan, L., Fenton, M., Rathbone, J., Dardennes, R., El-Dosoky, A., & Indran, S. (2009). Olanzapine for schizophrenia. Cochrane Database of Systematic Reviews. John Wiley and Sons Ltd. https://doi.org/10.1002/14651858.CD001359.pub2