美味しいアルフレッドポテトのレシピ

5月 15, 2019
美味しいメインディッシュに添えるサイドディッシュには、今回ご紹介するアルフレッドポテトをどうぞ。ジャガイモの硬さを調整する鍵は、調理時間と温度です。

アルフレッドポテトは、独自の食感に加えて、ベーコンとクリーミーなホワイトソースの組み合わせが料理の美味しさを引き立てます。

ジャガイモが大好きな人だけでなく、万人に愛されるサイドディッシュで、フランス料理のドーフィネ風ポテトによく似ています。

みんなが大好きになるアルフレッドポテトは、栄養価の高さもさることながらその美味しさが人々を虜にします。

アルフレッドポテトの栄養価

今回のレシピは4人分で、一人当たり488カロリーです。

一般的な一日に推奨されるカロリーの摂取量はおよそ2000カロリーなので、アルフレッドポテトはその24%程度に相当します。

  • 炭水化物:12.5g (一日の摂取目安量の4.2%)
  • タンパク質:一日の摂取目安量の57%
  • 脂質:一日の摂取目安量の52%
  • 食物繊維:1.7 g
  • 砂糖:1.3 g
  • コレステロール:105 mg

アルフレッドポテトの主な材料はジャガイモなので、体内に豊富な栄養を提供します。

こちらもご参考に:生のジャガイモジュースが体にいい8つのわけ

アルフレッドポテトのレシピ

本格的な料理っぽいのに、ほとんど自宅に常備されている食品で作ることができます。

材料

  • じゃがいも 4個
  • 刻んだベーコン ¼カップ(50 g)
  • バター 大さじ4(80 g)
  • 玉ねぎのみじん切り 大さじ1(15 g)
  • ニンニクのみじん切り 小さじ1(5 g)
  • 牛乳 2カップ(500ml)
  • 小麦粉 大さじ4(80 g)
  • パルメザンチーズ ½カップ(120 g)
  • 胡椒 小さじ1(2 g)
  • すりおろしモッツァレラチーズ ¾カップ(180 g)
  • ナツメグ 小さじ1(2.5 g)
  • 塩 小さじ1/2(2.5 g)
  • パセリのみじん切りパセリ(味つけに)
パセリ

レシピ

  • じゃがいもの皮をむいて角切りにします。
  • 沸騰した湯の中で柔らかくなるまで茹でたら、水を切ってください。
  • ベーコンをカリカリになるまで炒めます。
  • じゃがいもを入れてベーコンと一緒に2分間煮たら火からおろします。
  • アルフレッドソースを作ります。
  • フライパンでバターを溶かしたら、玉ねぎとにんにくを炒めます。
  • すぐに小麦粉を加えて、それが金色のペーストになるまでかき混ぜます。
  • 牛乳を追加して伸ばします。
  • チーズを加えて溶かしたら、塩、こしょう、ナツメグで味付けをします。
  • 熱いうちに、ガラスのボウルにジャガイモとアルフレッドソースを入れて混ぜてください。
  • 最後にパセリで飾りましょう。

今回のレシピはあくまで一般的な味付けです。お好みの味になるまで調節して、自分のお気に入りの味付けを見つけましょう。

こちらもご参考に:健康的で美味しいじゃがいもを楽しむ方法

アドバイス

じゃがいもを沸騰させるときは、長時間煮込む必要はありません。茹ですぎるとピューレ状になるため注意が必要です。

水がが沸騰したら5分ごとに串を刺してジャガイモを確認してください。さほど調理に時間はかかりません。

皮をむいたじゃがいも

食べる前に、パセリのみじん切りで飾ると、さらに美味しく見える効果があります。

脂肪分を減らしたい時は、牛乳の代わりにスキムミルクや植物性のミルクを使いましょう。クリーミーさを維持しながら、脂質を減らすお勧めの方法です。