乳製品不使用!植物性クリームの作り方5選

12月 28, 2019
ココナッツや種子を使って、牛乳から作られた生クリームに代わるおいしい植物性クリームを作ることができます。早速作り方を見てみましょう。

乳製品不使用の植物性クリームに興味はありますか?

ビーガンやベジタリアンの食生活を送っている人は、動物性に代わる食べ物を見つけてきました。栄養面で異なる部分は多いですが、代替食を使って健康的に伝統料理を作ることもできるのです。

牛乳から作られたクリームは、そのクリーミーな食感のため多くのレシピに使用されています。しかし、乳糖不耐症だったり、動物由来の食べ物を避けるために牛乳から作られたクリームを使用したくない方もいらっしゃるかと思います。

そんな時には、種子、ナッツ、ココナッツなどを使って、乳製品不使用の植物性クリームを作ってみましょう。これらのクリームは、従来のクリームよりも低カロリーであり、栄養もたっぷり含まれています。

ぜひ楽しんでみてください。

乳製品不使用!おいしい植物性クリーム5選

乳製品不使用の植物性クリームは、従来の生クリームの代わりとして使用することができます。生クリームの食感に近いですが、栄養面や脂質の含有量が異なっています。植物性クリームは健康的であり(だからといって過剰摂取は良くないですが)、スープ、ペイストリー、または他のレシピと合わせることができます。

1.ココナッツクリーム

植物性クリーム

ココナッツクリームは、その食感や栄養面のため、生クリームの代わりとして最も一般的に使用されています。

このクリームは生のココナッツミルクから作られています。その滑らかな食感のため、デザートやペイストリー作りに最も使用されることが多いビーガンクリームと言えるでしょう。また、スムージーや野菜のクリーム煮にも使用することができます。

作り方

  • ココナッツエキスが60%以上のココナッツミルクを1/2リットル準備します。
  • 24時間冷蔵庫に入れます。
  • ボールにいれて、泡だて器で混ぜます。
  • あとは、従来のクリームをこのクリームに置き換えて、お気に入りのレシピを作ってみましょう。

こちらもご参考に:美味しいビーガン対応チーズの作り方

2.かぼちゃの種のクリーム

かぼちゃの種には、健康的な脂質、アミノ酸、抗酸化物質が豊富に含まれています。あっさりとした味なので、ビーガン植物性クリームを作るのに優れた材料となります。サラダや野菜のクリーム煮に合わせてみてください。

作り方

  • パンプキンの種1カップをミキサーにかけます。
  • エクストラバージンオイル大さじ2~3を加えて混ぜます。
  • 塩、水コップ1杯を加え、滑らかになるまでミキサーにかけます。

3.カシューナッツのクリーム

植物性クリーム

おいしいカシューナッツの植物性クリームを使用すれば、罪悪感を感じることなく健康的なデザートを楽しむことができます。カシューナッツには、オメガ3脂肪酸、オレイン酸、タンパク質、ビタミン、ミネラルなどが豊富に含まれています。また、その食感は、クリームを使ったケーキやクリーム入りお菓子にもぴったりです。

作り方

4.胡麻のクリーム

この植物性クリームは、カプチーノ、ペイストリー、デザートと共に楽しむことができます。胡麻は、心血管の健康に役立つモノ不飽和脂肪や多価不飽和脂肪の含有量が高いことで知られています。

作り方

  • 胡麻ペースト(タヒニ)大さじ2と浄水大さじ4を混ぜます。
  • 滑らかなクリーム状になるまで、数分間混ぜます。
  • ブラウンシュガーまたはシロップを加えて甘くします。

こちらもご参考に:ビーガンスムージーを美味しく作る3つのコツ

5.ひまわりの種のクリーム

植物性クリーム

ひまわりの種には、脂肪酸や抗酸化物質のみならず、健康的な脂質、亜鉛、セレン、ビタミンEが豊富に含まれています。これらの栄養素は心血管の健康を改善し、酸化ストレスを抑制するのに役立ちます。ひまわりの種のクリームは、サラダやサンドイッチにぴったりです。

作り方

  • 水にひまわりの種を一晩浸します。
  • 翌日、ひまわりの種とビール酵母大さじ1をブレンダーに入れ、クリーム状になるまで混ぜます。

乳製品不使用のものをお探しですか?その場合には、これらの植物性クリームを試してみてください。簡単に作ることができ、さまざまなレシピで使用することができます。