乳清の特性と代替食品について

2月 13, 2020
乳清(ホエイと呼ばれることも)には、体に不可欠な栄養素が含まれているため、代替食品を見つけるのは容易ではありません。特に、牛乳に含まれる過剰な飽和脂肪の除去に役立つのが乳清です。その特性と代替食品について詳しく見てみましょう。

バターミルクはどのスーパーでも売っているわけではありません。もし手に入らない場合は、乳清またはその代替品を使って手作りすることができます。この記事では、乳清の代替食品をいくつかご紹介します。また、乳清の利点と特性についてもご説明します。

乳清はわずかに酸性のある牛乳の一部です。この酸性度​​は、乳清のタンパク質がわずかに凝結してできた乳酸からです。

数十年前、牛乳をかき混ぜてバターを手作りしていた頃、最後に液体が残っていました。この液体が「乳清(ホエイ)」と呼ばれるもので、通常のバターよりも少ない酪酸を含みます。そのため、乳清はバターやサワークリームよりも脂肪分がはるかに低いのです。近年、乳清製造業者は、スキムミルクや低脂肪ミルクに乳酸菌を加えて乳清を作っています。

こちらもお読みください:ナチュラルヨーグルトを使った自然療法6選

栄養価

  • 乳清は基本的に液体であり、最も重要な水溶性ミネラルとビタミンを含んでいます。また、体の適切な発達と、身体機能に不可欠なビタミンB群(B1、B6、B12)の優れた供給源でもあります。
  • また、乳清にはビタミンCとDが豊富に含まれ、免疫系を強化します。風邪やインフルエンザが流行る季節には特に重要です。
  • カルシウム、リン、カリウム、ナトリウム、マンガン、マグネシウムなどのミネラルが高濃度に含まれ、これらはすべて体が適切に機能するために不可欠です。
  • 最後に、カロリーが非常に低いので、動脈に高コレステロール値が見られる人に推奨され、高血圧などの心血管疾患の治療に役立つと考えられています。
  • 同様に、ダイエットが必要な患者に医師が乳清を推奨します。

乳清の主な特性

乳清の特性と代替食品
乳酸、タンパク質、および低脂肪が、乳清の栄養特性の一例です。

ご想像のとおり、乳清の主な栄養素は、健康に役立つものばかりです。例えば下記のような利点があります。

  • 腸内で強力なプレバイオティクスとして作用してくれるため、微生物叢にとって非常に貴重な存在です。したがって、下痢や便秘などの症状の緩和に非常に役立ちます。
  • エネルギーへ変わる炭水化物の合成を促進するため、アスリートにとって素晴らしい食品です。
  • また、天然デトックスとして機能してくれます。グルタミンなどのアミノ酸の含有量が高いためです。また、失われた肝臓組織の再生にも役立ちます。

こちらもお読みください:自家製ギリシャヨーグルトのレシピ

乳清の5つの代替食品

ホエイ 乳清の特性と代替食品
乳清は基本的に液体であり、最も重要な水溶性ミネラルとビタミンを含んでいます。

乳清は素晴らしい食品なのですが、最近では手に入りにくいこともあります。ですがそんな時は、下記の代用品でも同様の利点があるので大丈夫です。

  1. 酒石酸(英語でcream of tartar)で乳清を手作りする。 の小さじ1と3/4の酒石酸を牛乳1カップと混ぜ、室温になるまで5〜10分間放置します。その後、液体を濾せば出来上がりです。
  2. レモン汁を使用する。大さじ1のレモン汁とカップ1分のスキムミルクを混ぜます。室温で約5〜10分間放置したら、液体っぽいヨーグルトのような見た目になります。濾したら出来上がり。
  3. ヨーグルトで代用する。大さじ2の牛乳をカップ1杯分のナチュラルヨーグルトと混ぜます。かき混ぜれば出来上がり。
  4. サワークリームを使用する。サワークリームを少量の牛乳で解くと、簡単に乳清の代替品になります。
  5. リンゴ酢を使用する。リンゴ酢大さじ1を低脂肪牛乳またはスキムミルクに加えます。よく混ぜたものを室温で5〜10分間放置します(凝ってくるはずです)。かき混ぜて使用してください。

さあ、これで乳清の代替食品と多くの利点についてわかりましたね。定期的に食事に取り入れるようにしましょう!

  • J. Burgain, C. Gaiani, C. Cailliez-Grimal, C. Jeandel, J. Scher, Encapsulation of Lactobacillus rhamnosus GG in microparticles: Influence of casein to whey protein ratio on bacterial survival during digestion, Innovative Food Science & Emerging Technologies, Volume 19, 2013, Pages 233-242, ISSN 1466-8564,
    https://doi.org/10.1016/j.ifset.2013.04.012.
  • Poveda E, Elpidia. (2013). Suero lácteo, generalidades y potencial uso como fuente de calcio de alta biodisponibilidad. Revista chilena de nutrición40(4), 397-403. https://dx.doi.org/10.4067/S0717-75182013000400011
  • FAO AND WHO. Milk and milk products (2nd Edition). CODEX STANDARD FOR WHEY POWDERS. CodeX sTAN289-1995. 1995. Disponible en www.codexalimentarius.org/input/…/standards/184/CXS_289s.pdf. Consultado Diciembre 2012.
  •  De Wit, J. N. Nutritional and functional characteristics of whey proteins in food products. J Dairy Sci.1998; 81: 597-608.