熱中症にかかった時の対処法

4月 2, 2020
熱中症の治療は、その原因によって異なります。原因には暑すぎる外気や薬などがあります。

熱中症の治療は、熱中症の種類とその原因によって異なります。

詳細を見ていく前に、熱中症にはさまざまな治療法があることを心に留めるのが重要です。もちろん、どのタイプの熱中症であるか、そしてその原因を知り、治療方法をよりよく理解することも重要です。

熱中症とは

熱中症は、暑熱環境下に置かれたことに起因する一連の疾患の名称です。本質的に、熱中症というのは体温調節障害です。通常、体温が37°Cを超えることが症状の一つです。

まず、熱中症患者は、風邪などで発熱している患者とは違うことを知っておきましょう。これらはどちらも異なる状態です。発熱は病気に対する身体の反応で、免疫系が体温を平熱よりも上げることで外的物質に反応している状態です。

こちらもお読みください:風邪とインフルエンザの主な違い

熱中症の原因

水のを飲む女性
熱中症は通常、過度に暑い環境に置かれ、体の自衛機能が上手く働かなくなった時に起こります。

まず、過度の高温にさらされると、「I度(軽傷)」の熱中症にかかる可能性があります。一方で、すでにかかっていたI度の熱中症によって引き起こされた場合、「II度(中等症)」の熱中症にかかることもあります。

全体的に、いくつかの原因が合わさって熱中症を引き起こす場合が多いです。

第一に、体温調節機能が働かなくなり、身体が過度の熱を処理しきれなくなっている可能性があります。

また、周囲の温度が長時間高すぎる、という可能性もあります。この場合、発汗機能などの体温調節機能が適切に働いていても、体が十分に熱を放出できていないことがあります。

他の原因は、特定の薬物による治療の副作用である可能性があります。例えば、下記のような薬です。

熱中症は、代謝または栄養上の問題、中枢神経系の損傷によっても起こる場合があります。

こちらもお読みください:アレルギーテスト:種類とその手順

熱中症の症状

高温環境での過度の肉体的努力と過度の発汗にが原因で熱中症にかかった場合、患者は筋肉の収縮、頭痛、めまい、吐き気、疲労を訴えることがあります。

運動をして熱中症にかかったのではなくても、吐き気や嘔吐に苦しむことがあります。止まない頭痛、筋肉痛、気分変動も症状の一つです。

また、他の徴候が見られることもあります。頻脈と低血圧が一般的な症状です。

その他にも、皮膚に変化が見られます。皮膚の発熱時は、皮膚は通常、青白く、冷たくなり、汗をかきます。しかし、熱中症にかかっているときは、皮膚は赤く熱くなります。皮膚の乾燥は一定して見られる症状です。

熱中症の治療

熱中症にかかった時の対処法
治療には、体温を下げるための冷湿布や冷浴が必要です。

記事の冒頭で述べたように、治療は熱中症の原因によって異なります。

熱中症が熱射病に起因する場合、治療は2つのステップに分割されます。まず、体温を下げる必要があります。その後に、合併症を治療します。

最初のステップでは、冷湿布を連続して使用するのが最善です。タオルを冷水に浸して肌に当てたり、涼しい空気の流れが多い場所に患者を連れて行きます。

熱中症が薬物によるものである場合、この治療もいくつかのステップに分かれます。

まず、医師の診察を受ける必要があります。医師が病状の原因である薬物を特定し、服用をやめるように指示するでしょう。

また、医師による血行動態のモニタリングを行い、水電解質異常を通常に戻す治療を実施する必要があります。必要に応じて、酸素療法を行うこともあります。

他には、筋弛緩薬としてダントロレンを投与する場合があります。

最後に、高体温​​が過度の身体活動に起因する場合、すぐに運動を停止することが重要です。涼しい場所で休み、冷たい水をたくさん飲んでください。