目の下のたるみに効く自然療法

1月 22, 2016
目の下のたるみは、余分な体液が蓄積されている証拠です。まばたきをして目に水分を補給し、目の下に溜まってしまった余分な体液を取り除きましょう。

の下にたるみができてしまうのは、疲れのサインです。体内の水分が蓄積されたために起こる現象です。睡眠不足やストレス、アレルギーなども原因の一部だと考えられます。

日常的に目がむくんだり、腫れぼったくなっているのなら、まずはその原因を解明しなければいけません。目の下がたるむのは、何かを訴える体からのサインで、休息を必要としているサインなのです。目の下のたるみをなくすには、まず以下に挙げる自然療法を試してみましょう。

 

卵白

卵白はヘルシーな朝食メニューとして使えるだけではありません。目の下のたるみにも効果があるのです。卵一個分の卵白と、小さなブラシを準備しましょう。

ブラシを使って、卵白を目の下の気になる部分に塗り、乾燥させます。(約20分間)完全に乾燥し、白くなったらぬるま湯で洗い流しましょう。より瑞々しく透明感溢れる肌が現れるでしょう。

炎症を抑えるキュウリのスライス

古典的な美容方法として、キュウリのスライスを目の上に当てる方法があります。この方法は新鮮な気持ちになれるだけでなく、目の下のたるみも解消してくれます。

キュウリにはビタミンCやシリカが含まれている為、体液貯留を防ぐ効果があります。キュウリのスライスを2つ用意し、程よく冷たくなるまで数分間冷凍庫に入れておきましょう。その後取り出し、目の上に10分程当てましょう。

塩分を控える

塩分を取ると、体は通常よりも水を維持しようとします。この結果、目を含め体の様々な場所が浮腫んでしまいます。塩分を控えることは簡単なことではありませんが、塩分を控えると美容にも健康にも効果があります。

パッケージされている食品を購入する際には、必ず栄養成分表を確認しましょう。塩分が多く含まれている商品はできるだけ避けましょう。

まばたきが多い

目の下のクマ1

眠りが深くなると、目は通常よりも速くまばたきしようとします。これは、寝ている間に目に水分を与えようとするためです。しかし、ぐっすりと眠ることができなかったり、起きている間に十分まばたきをしていない場合は、目の水分量が減ってしまうことになります。

これは目の下のたるみの原因として一般的なのですが、あまり知られていないようです。気付いたときにはまばたきをするようにしましょう。

カモミールティーや緑茶

カモミールティーや緑茶は鎮静作用のある飲み物です。気持ちが和らぐだけでなく、顔にも効果があります。カモミールティーや緑茶を作った後のティーバッグは冷凍庫に入れておきましょう。程よく冷たくなったら、片方の目に一つずつティーバッグを当て、10分〜15分間そのままにします。目の腫れにも効果がありますし、気分もリフレッシュするでしょう。

水分補給をしっかりする

目の下のクマ.2

十分にを飲んでいないと、目の下のたるみが出来たり、乾燥肌に悩まされることとなります。少なくとも1日あたり2ℓは水を飲みましょう。そうすれば美しく健康的な肌を保つことができますし、体全体の機能も改善されるでしょう。

目の下のたるみが出来てしまったら、普段どの位水を飲んでいるか思い出してみてください。加工されたジュースやコーヒーは“水分”としてカウントしませんので気をつけましょう。

ジャガイモ

キュウリがない場合は、生のジャガイモを使いましょう。キュウリのスライスと同じやり方で生のジャガイモを使用することができます。ジャガイモに含まれている澱粉が肌に良い効果を与えます。

牛乳

目の下のクマ3

どこの家庭にも大抵ある食材を使うなら、牛乳も目の下のたるみには効果があります。温めた牛乳に浸したコットンを目の下に優しく押しあてます。この時、目に牛乳が入ってしまわないように気をつけてください。15〜20分あてておき、ストレスや緊張感がほぐれていくのを感じましょう。その後、ぬるま湯で綺麗に洗い流します。

冷たくしたスプーンを2本使う

目の下のたるみが消えない様なら、スプーンを使ってみましょう。金属製のスプーン2本を冷凍庫に入れておきます。少なくとも5時間、できれば一晩入れておきましょう。

片方の目にスプーンを1本使い、目の下のたるみが気になる部分に優しく押しあてます。スプーンが温かくなるまであてておきましょう。2週間に1度程これを続けると、はっきりと結果が見えてくるでしょう。

あなたへおすすめ