巻き爪の治療方法

12月 6, 2015
爪が曲がってしまわないように、また肉に食い込まないようにするためには、常に爪をまっすぐ切り爪の端が出るようにすることです。

巻き爪は足の指の爪が両端が曲がって肉に食い込んで皮膚に埋まり赤くなって炎症を起こすものです。どの指にも起こるものですが、特に親指に多いです。

よくある原因

・間違った爪の切り方

原因は爪の異常成長なので、爪を本来の自然な方法で成長させるためにも楕円形には切らずに両端の爪が出ないようにまっすぐ切ります。

・サイズがきつい靴やヒールが高い靴などを履く

爪の自然な成長を妨げて巻き爪の原因になります。

足の適切なお手入れを怠る

汚れが巻き爪の原因となる場合があります。

・スポーツや仕事が原因で足の指に大きな衝撃が加わる。

 

症状

・強い痛み

・指が真っ赤になる

・爪の周りが腫れてくる

・敏感さ、炎症

・化膿、伝染症を引き起こす

 

関節炎や肥満症、体の循環が悪い、免疫力が低い方は巻き爪が起こる可能性が高いです。

 

家庭でできる巻き爪の対処法

刻んだニンニクを足の指につける

ニンニクがしっかりと患部に密着するように包帯などで一晩中固定します。

たまねぎの汁を少量患部につける

Tamanegi

・塩を含んだお湯を患部につけてから一晩中包帯などで覆って固定する。

患部を水に浸ける方法は家庭でできる一番の対処法

500mlのお湯にキンセンカの染色を入れて患部を浸すと効果的です。30分ほど浸したらきれいな布で優しく患部の水気を取り除いてください。その日の夜か次の日には痛みが和らぐはずです。。

・レモンを切ってストーブやコンロで温め、そのレモンに患部の指が入るくらいの大きさの穴をくりぬいてください。患部を20分間くらい入れて放置すると痛みが和らぎます。

・一番簡単に指の腫れを引かせる方法は、まず人参の皮をむいてからすりおろしたものを患部に最低で1~2時間ほど置くだけです。腫れを引かせる効果があります。

 

正しく爪を成長させるためのアドバイス

Ashi

爪を正しくまっすぐ切る

まっすぐ切ることを忘れないでください。決して楕円形には切らないようにしてください。肉に食い込む可能性があります。

痛みを和らげるためにお湯に浸ける

1日に30分から1時間ほど何回もお湯に患部を浸けることによって痛みを和らげることができます。

・自分に合った靴を買う

ヒールの高さは最高でも2~2.5㎝程度までの靴、そして足のつま先にしっかり空間が空く靴を選んでください。

家ではサンダルを履く

足の指に何も圧迫するものが無いサンダルのようなものを履くと、足も休息できるので巻き爪の治りも早まります。

つまずくことを避ける

特にサンダルを履いてるときにつまずくと足の指や患部にダメージを与えて悪化する場合があるので、なるべくつまずかないように注意しましょう。

医師に相談する

糖尿病をお持ちの方で、巻き爪の初期の症状を見つけたら体の循環の悪さが原因で合併症を引き起こす可能性があるので、すぐに医師に相談することをお勧めします。

あなたへおすすめ