キュウリを頻繁に食べることで得られる効果とは?

8月 26, 2019
体内に水分とミネラルを補給できるという利点に加えて、キュウリには免疫力を高めて体内をクレンズする効果が期待できます。

キュウリを食べることは、私たちの体にとても有益です。

水分が豊富に含まれているキュウリは、低カロリーなので体重を減らしたいときにもお勧めの食品です。

キュウリはウリ科の果実で、海外では「フルーツ」に分類されることもありますが、日本では野菜に定義されます。

サラダなどに手軽に取り入れることができるキュウリについて、今回の記事では詳しくご紹介します。

食物繊維が豊富で、胸焼けなどの胃の不快感を緩和する効果や、肌への良い効果が期待できるキュウリは、出来るだけ皮も一緒に食べてください。

キュウリをよく食べること

キュウリをよく食べること キュウリ 効果

キュウリは水分を多く含む低カロリー食品で、 100gあたりわずか13カロリーです。

炭水化物の含有量は少なく、ビタミンA、B、C、Dおよび鉄、カリウム、リン、カルシウム、マグネシウムなどのミネラルを豊富に含んでいます。

こちらもご参考に:キュウリジュースの効能

食物繊維を豊富に含んでいるキュウリは、体重を減らしたいときにもお勧めの食品で、栄養価が高いため多くの健康効果が期待できる優れた食品だと言えます。

キュウリを頻繁に食べることの利点

肌への効果

フェイスマスクとして使われることでも知られるキュウリは、皮膚の炎症を和らげて肌全体を健康に保つ効果が期待できる、ビタミンCとカフェ酸が多く含まれています。

キュウリのパック キュウリ 効果

肌や目の周りの美容トリートメントによく使われるキュウリは、美容以外にも、乾癬、湿疹、にきびなどの皮膚も問題を緩和する効果があると言われています。

キュウリの皮をレモンと一緒にジュースにすると、体内をクレンズする効果が期待できます。

体内組織への効果

キュウリには、体内組織を強化および再生する作用のあるシリカという成分が豊富に含まれています。

キュウリを食べると、筋肉、腱、軟骨、靭帯、骨が健康になる効果が期待できます。

早速キュウリを食べたくなりませんか?

心血管系への効果

キュウリにはマグネシウムやカリウムなどのさまざまなミネラルと食物繊維が豊富に含まれているため、心臓を健康に保つのに役立ちます。

キュウリに含まれる微量栄養素は、血液循環を促進し、高血圧のリスクを軽減するのに役立ちます。

消化機能への効果

豊富な水分、食物繊維、マグネシウム、カリウムが含まれているキュウリを食べると、胸焼けや体が重く感じるリスクを減らすのに役立つことがよくあります。

ただし、これらのミネラルは主に皮に含まれているため、皮をむかないようにしてください。

こちらもご参照を:ミント・レモン・キュウリを使ったダイエットスムージー

またキュウリは優れた利尿薬として働くため、体内組織に含まれる脂肪を除去し、体液貯留のリスクを減らします。

プロテクターとして作用するキュウリ

上記のすべての利点に加えて、キュウリは潜在的に有害な外部要因から私たちの体を保護するプロテクターとして働くことで、健康維持に役立ちます。

  • 胃と腸の粘膜を修復し、毒素を体外へと排出します。
  • ビタミンBが豊富に含まれているため、免疫システムの強化にも役立ちます。
  • ビタミンCは風邪のリスクを減らし、治癒プロセスを促進します。
  • 環境汚染の影響などによる毒素から体を保護するのに役立ちます。

禁忌

キュウリにはいくつかの禁忌があります。

キュウリには、ククルビタシンとして知られる成分が含まれています。

ククルビタシンは、大量に食べると鼓腸や消化不良を引き起こす可能性があるため、頻繁に消化不良やガスに苦しむ人は、キュウリの摂取は適量に抑えてください。

利尿作用が高いキュウリを食べすぎると、脱水につながる可能性がありますが、かなりの量のキュウリを消費する必要があるため、過剰に心配する必要はありません。・

  • Ji, L., Gao, W., Wei, J., Pu, L., Yang, J., & Guo, C. (2015). In vivo antioxidant properties of lotus root and cucumber: A pilot comparative study in aged subjects. Journal of Nutrition, Health and Aging. https://doi.org/10.1007/s12603-015-0524-x
  • Kumar, D., Kumar, S., Singh, J., Narender, Rashmi, Vashistha, B. D., & Singh, N. (2010). Free Radical Scavenging and Analgesic Activities of Cucumis sativus L. Fruit Extract. Journal of Young Pharmacists. https://doi.org/10.4103/0975-1483.71627
  • Heidari, H., Kamalinejad, M., Noubarani, M., Rahmati, M., Jafarian, I., Adiban, H., & Eskandari, M. R. (2016). Protective mechanisms of Cucumis sativus in diabetes-related models of oxidative stress and carbonyl stress. BioImpacts. https://doi.org/10.15171/bi.2016.05
  • Cucumbers. (n.d.). whfoods.com/genpage.php?tname=foodspice&dbid=42