クレービングと呼ばれる様々なタイプの渇望について

1月 27, 2020
喫煙者は絶えずタバコが吸いたいと考えます。これは、渇望と言い表すことができる衝動や欲求です。今回は、様々なタイプの渇望について知っておくべきことをご紹介します。

英語で「クレービング(Craving)」と呼ばれる概念は、日本語では「渇望」と訳されます。

これは比較的新しい概念で、様々な食品や物質(薬物、タバコ、食物、またはアルコール)を無性に消費したくなる、強くてほぼ止められない人間の欲求をさしています。

今回は様々なタイプの渇望についてご紹介します。

渇望という概念が初めて使用されたのは、1940年代でした。

当時の専門家は、ヘロインやモルヒネなどの麻薬をやめようとするとき起こる「それを消費したい」という強い衝動を「渇望」と定義しました。

現代では、渇望というこの状況を明確に定義することは難しく、広範囲にわたってこの単語が使われていますが、「渇望」が薬物依存症の基本的な側面であり、再発に密接な関わりがあることは間違いないでしょう。

今回の記事では、渇望と薬物依存症に関する問題について、知っておく必要のあるすべてを説明します。

渇望とは何ですか?

前述したように、渇望とは何らかの物質を無性に消費したいと思う衝動ですが、何かの依存症からの回復時に起こる「離脱症状」とは異なります。

離脱症状や何らかの離脱症候群は、人々が依存状態になったいる薬物などの物質の摂取をやめた後に現れる、一連の身体的および心理的症状です。

特に、アルコール依存症やヘロインなどの薬物依存症の人に起こる可能性があります。

渇望と離脱症状を区別するときに大切なのは、様々な禁断症状や離脱症状を克服した後でも、渇望という衝動が現れるという点です。

これは、何かを無性に消費したいという欲求や衝動は、数か月または数年続くことがあるためです。

渇望とは、砂糖などの食品と喫煙やアルコールへの欲求から、コカインやヘロインなどの強力なオピオイドを再び摂取したいという依存まで広範囲におよびます。

合法的に摂取することができるタバコは、社会的には受け入れられていますが、喫煙は深刻で有害な渇望を引き起こします。

クレービングと呼ばれる様々なタイプの渇望について 10代の喫煙

渇望とは。薬物、アルコール、タバコなどの物質を消費したいという欲求や衝動です。

渇望の種類

一部の科学者は、2つの異なるタイプの渇望があると主張しています。

1つ目は離脱症候群とほぼ並行して発生し、離脱症状と同じく、頻脈、冷汗、発作などの身体的症状を引き起こします。

このタイプの渇望に直面すると、多くの人がその対処に苦労します。

もう1つの渇望は心理的渇望で、数ヶ月または数年間その物質を消費しなかったときに起こります。

続きを読む:飲酒がもたらす健康への悪影響10

渇望の治療法

依存症と離脱症状、そして渇望のすべてを治療することができます。

もちろん、専門医や心理学者をはじめとするチームのサポートが必要になります。

渇望とは、依存症が続く要因の一つになります。

そのため、渇望を正しく理解して、両方が治療可能な状況であることを理解する必要があります。

クレービングと呼ばれる様々なタイプの渇望について 依存症との関係

様々な種類の渇望に対処するには、その物質を消費する状況を特定してください。そして、その状況を回避することで、物質への欲求や衝動を回避するのに役立ちます。

その考えに基づくと、アルコール依存症の人は、夜の外出やバーに行く回数を減らしたりやめることが解決につながります。

患者の精神状態が弱く、何かに苦しんだり悲しさを抱えている場合などは、特に再発しやすい傾向があります。

この場合は、渇望をコントロールするために、精神状態を安定させることが先決です。

ほとんどの場合、ストレスの解消や自尊心の安定を目指す心理的な治療が行われます。

そして同時に、運動などの他の活動に患者の注意を集中させる方法なども、効果を発揮すると言われています。

発見:禁煙後に気づくポジティブな変化について見てみよう

結論

渇望とは、人々が依存している薬物や物質を無性に消費したいと無性に思う不合理な衝動や欲求ですが、薬物だけに起こるのではなく、タバコやアルコールに関しても同様の欲求や衝動が起こることに留意しましょう。

  • Chesa Vela, D., Elías Abadías, M., Fernández Vidal, E., Izquierdo Munuera, E., & Sitjas Carvacho, M. (2004). El craving, un componente esencial en la abstinencia. Revista de La Asociación Española de Neuropsiquiatría, (89). https://doi.org/10.4321/s0211-57352004000100007
  • Craving y adicción a drogas | Trastornos Adictivos. (n.d.). Retrieved October 25, 2019, from https://www.elsevier.es/es-revista-trastornos-adictivos-182-articulo-craving-adiccion-drogas-13021690
  • Chandler RK, Fletcher BW, Volkow ND. Treating drug abuse and addiction in the criminal justice system: improving public health and safety [published correction appears in JAMA. 2009 Mar 11;301(10):1024]. JAMA. 2009;301(2):183–190. doi:10.1001/jama.2008.976