抗肥満薬であるゼニカルについて詳しく学ぼう!

27 10月, 2020
ゼニカルは、食欲を抑えるのではなく、脂肪を吸収することで作用する薬です。つまり、食品から摂取した脂肪の約30%が、体内で代謝されずに排出されることを意味します。

ゼニカルは、有効成分がオルリスタットの抗肥満薬です。この有効成分は、食事で消費する脂肪の吸収を30%減らすことでその効果を発揮すると考えられています。

ゼニカルはどう機能しますか?

ゼニカルは、食品から摂取する脂肪の吸収を阻害することによって作用する薬です。ただし、肥満の治療に適応される他の種類の薬のように、食欲には影響しません。

人間の体は、リパーゼと呼ばれる酵素の作用によって、食事で消費する脂肪を分解します。ゼニカルという薬は、この作用に働きかけて、脂肪の吸収を防ぎます。この作用の結果として、食事から摂取する脂肪の30%は、代謝されることなく糞便として体外に除去されます。

ゼニカルは、その作用メカニズムにより、減量効果があり、減らした体重を長期的に維持するのに役立つと考えられています。また、高血圧、高コレステロール値、高血糖値など、いくつかの心血管リスク要因を改善する効果も期待されています。

ゼニカルの適用

抗肥満薬であるゼニカルについて詳しく学ぼう! 腹部の計測

この薬は、ボディマス指数(BMI)が30 kg / m2以上の肥満と診断された人に適用されます。ただし、BMIが28 kg / m2以上の太りすぎの患者の場合は、太りすぎであることに加えて、関連する危険因子がある場合にオプションとして適用されることがあります。

ゼニカルによる3か月の治療後、患者の体重が最初の体重から5%以上減っていない場合は、治療を中止する必要があります。

こちらもご参照ください:肥満の予防に役立つ食品のタイプとは?

ゼニカルの服用方法

通常の成人への投与量は120mgです。それぞれの食事の直前、最中、または最大1時間後にこの薬を服用しなければなりません。

研究によると、排泄の主な経路は糞便排泄で、投与量のほぼ100%が、変化せずに糞便から排出されます。この薬の効果により、服用から24〜48時間後に糞便に含まれる脂肪の大幅な増加が起こります。

この薬で治療を開始する場合は、バランスの取れた低カロリーの食事療法にも従う必要があります。食事は、健康的な脂質、炭水化物、およびタンパク質の推奨摂取量を守り、1日3回の主要な食事に正しく分配する必要があります。

禁忌

すべての薬と同様に、ゼニカルには次のような禁忌があります。

肝臓か腎臓またはその両方に障害のある肥満患者、そして高齢者および子供に関しては、この薬の効果に関する研究がありません。

抗肥満薬であるゼニカルについて詳しく学ぼう! 医師との検査

ご存知ですか?:世界中で大問題となっている小児肥満について

他の薬を妨害しますか?

ゼニカルには、特定の有効成分の吸収を変化させてその効果を変えるため、他の薬と相互作用します。

ごく稀に、甲状腺の異常を伴う甲状腺機能低下症が発生する可能性があります。これは、ゼニカルがヨウ素塩またはレボチロキシンの吸収を減少させることが原因で起こる可能性があります。

ゼニカルは抗てんかん薬の吸収を減少させ、発作を引き起こす可能性があります。さらに、ビタミンEやベータカロチンなどの脂溶性ビタミンの吸収を減らします。このため、ゼニカルを服用している間、医師はビタミンサプリメントの服用を勧める場合があります。ただし、果物と野菜が豊富なバランスの取れた食事に従うことが重要です。

一方、ゼニカルは血中コレステロール値を下げるための薬の効果を高める可能性があるため、患者が受けているコレステロール治療の用量を再調整する必要があるかもしれません。

避妊薬を服用している場合は、ゼニカルの影響で重度の下痢を起こす可能性などがあるため、問題が生じるのを防ぐために、医師はバリア法による避妊を推奨するでしょう。

結論

ゼニカルは、体重を減らして体重を減らすのに役立つだけでなく、コレステロール値を改善し、他の心血管リスク因子を減らすのに役立ちます。

ただし、ゼニカルによる治療中は、低カロリーでバランスの良い食事を心がけ、継続して運動することが不可欠です。疑問や不明な点がある場合は、医師または薬剤師に必ずご相談ください。

  • Torgerson, J. S., Hauptman, J., Boldrin, M. N., & Sjöström, L. (2004). XENical in the Prevention of Diabetes in Obese Subjects (XENDOS) Study: A randomized study of orlistat as an adjunct to lifestyle changes for the prevention of type 2 diabetes in obese patients. Diabetes Care. https://doi.org/10.2337/diacare.27.1.155

  • Drew, B. S., Dixon, A. F., & Dixon, J. B. (2007). Obesity management: Update on orlistat. Vascular Health and Risk Management.

  • Romero Ramos, H., Martínez Brocca, M. A., Pereira Cunill, J. L., & García Luna, P. P. (2005). Tratamiento farmacológico de la obesidad. Revista Espanola de Obesidad. https://doi.org/10.11565/arsmed.v26i1.1210