穀物カムートの特性と効果について

20 1月, 2021
この記事では、カムートの特性と食生活における効果についてお伝えします。カムートは近年、その栄養価の高さから人気を集めている穀物です。

カムート、別名ホラサン小麦は、はるか昔からアフリカで栽培されてきた穀物で、欧米の食生活にも徐々に浸透してきています。その理由は、カムートの健康上の利点と、高い栄養価です。小麦に代わる非常に魅力的な食材として注目を浴びています。では、カムートにはどのような特性があり、どのような効果があるのでしょうか?

重要なのは、多くの穀物の消費に関する専門家の意見が、近頃変化を見せているということです。もはや、小麦のような特定の食品は、健康にとってあまり良い選択肢であるとは考えられていません。その代わりに、カムートをはじめとする糖分の低い全粒粉の食材が台頭してきています。

カムートと一般的な小麦の違い

カムートと小麦にはいくつかの共通点があります。例えば、両方ともパスタの主原料になります。しかしその違いは顕著です。最も重要な点は、カムートの方が消化しやすいながらにサイズの大きな穀物であるということです。

両者の主な違いの1つは、カムートの方がタンパク質の含有量が高く、100グラムあたり15グラムのタンパク質があります。学術誌「Nutrients」の研究によると、タンパク質は筋肉の健康のために不可欠であることを覚えておきましょう。

また、カムートにはビタミン類も多く含まれていて、中でもビタミンAの含有量は特に優れています。ビタミンAは目の健康に良く、黄斑病の発症リスクを減らすことができることが証明されています。

炭水化物に関しては、小麦とカムートに大きな違いはありません。しかし、カムートの方が低G Iです。小麦は通常、血糖値に良くない精製された状態であることを考慮しなければなりません。

穀物の穂 穀物カムートの特性と効果について
一般的に、精製小麦を食べる人が多いので、栄養士はカムートを推奨する傾向にあります。

カムートの特性と効果

ここからは、健康的でバランスのとれた食事のためにぜひ含めていただきたい、カムートの特性と利点について説明します。

質の良いエネルギーを提供する

炭水化物は、特にアスリートの食事には欠かせないもので、パフォーマンスを上げるための嫌気性代謝を開始するために必要なエネルギーの源になります。

座り仕事をしている人の場合、炭水化物の必要性は低くなります。しかし、健康に害を及ぼすことなく、食事に炭水化物を含めることは可能です。そのためには、必要な量を知り、グリセミック指数が低い炭水化物を選ぶ必要があります。

腸の健康を改善する

カムートは食物繊維の含有量が際立っており、これは、腸の健康には欠かせない成分です。実際、「International Journal of Food Sciences and Nutrition誌」に掲載された論文によると、便秘を予防する効果があるとのことです。そして、大腸がんのリスクを下げる効果もあります。

水溶性食物繊維と不溶性食物繊維の両方を食事に取り入れる必要があることを念頭に置いておく必要があります。カムートは後者の含有量が高いので、βグルカンを含むオーツ麦のような他の穀物でこれまで摂っていた栄養素を補完することができます。

カムートの抗酸化物質

カムートの抗酸化力は、そのビタミンAの含有量に由来しています。前述したように、ビタミンAは目の健康を守り、炎症やフリーラジカルの生成を抑える働きがあります。

ビタミンAが豊富に含まれていると、例えば、肝臓病を発症するリスクが低くなります。詳しくは、Nutrition and Healthに掲載されたこの記事をご覧ください。

コレステロールの制御に貢献

食事が血清コレステロール値に影響を与えることは、すでに別の記事で述べて来ましたが、食物繊維に脂質のプロファイルを変化させる役割があることに触れておきましょう。カムートには、劇的ではありませんが総コレステロール値を下げる効果があります。

しかし、コレステロール値が低すぎるのも健康に良くないということを心に留めておいてください。最近の科学的研究では、リポタンパク質の値が非常に高い場合を除き、脂質プロファイルだけで心血管疾患の判断ができるという説が否定され始めています。

こちらもお読みください:朝ごはんに食べたい穀物ベスト4

免疫機能を向上させる

カムートに含まれる微量栄養素の中でも特に注目したいのが亜鉛です。このミネラルは、男性のテストステロンの産生を調整し、免疫システムの適切な機能を確保することができます。毎日の食事で亜鉛を適量摂取することで、感染症にかかるリスクを減らすこともできます。

しかし、その多くの利点にもかかわらず、カムートにグルテンが含まれていることには留意する必要があります。そのため、一般的な小麦と同じように、セリアック病やグルテンアレルギー、グルテン不耐症の方には適していません。とはいえ、医療専門家の指示がない限り、食事からグルテンを取り除くことはお勧めできません。

カムート 穀物カムートの特性と効果について
カムートには、ビタミンA、食物繊維、亜鉛などの重要な栄養素が含まれています。

カムートの料理方法

カムートは他の穀物と同じように、水で炊いて食べます。鍋や炊飯器に入れる前に必ず洗ってください。

パッケージに記載されている指示に従って調理すれば、カムートの粒が柔らかくなり、おかずやサラダに入れて楽しむことができます。

パスタやパンを作るためにカムート粉を使うこともできます。ただしカムートを使ったレシピは、カムートの発酵能力により複雑な味わいになることにご留意ください。

こちらもお読みください:食生活にぜひ取り入れたい7つの全粒穀物

カムートは人気が高まっている穀物

カムートはその栄養価の高さから、西洋料理の中で人気が高まっています。カムートを定期的に摂取することで、一般的な小麦よりもはるかに優れた健康効果が得られます。

また、カムートには調理が非常に簡単という利点があります。米やキヌアのように、ほとんどのタンパク質食品と合わせて食べることができます。また、野菜との相性も抜群です。

ぜひ、いつものお食事に取り入れてみてはいかがでしょうか!

  • Landi F., Calvani R., Tosato M., Martone AM., et al., Protein intake and muscle health in old age: from biological plausibility to clinical evidence. Nutrients, 2016.
  • Saari JC., Vitamin A and vision. Subcell Biochem, 2016. 81: 231-259.
  • Gianfredi V., Salvatori T., Villarini M., Moretti M., et al., Is dietary fibre truly protective against colon cancer? a systematic review and meta analysis. Int J Food Sci Nutr, 2018. 69 (8): 904-915.
  • Leelakanok N., D’Cunha RR., Sutamtewagul G., Schweizer ML., A systematic review and meta analysis of the association between vitamin A intake, serum vitgamin A, and risk of liver cancer. Nutr Healht, 2018. 24 (2): 121-131.
  • García, Fernando O. “Avances en el Manejo Nutricional del Cultivo de Trigo.” Actas Congreso “A Todo Trigo”. FCEGAC. Mar del Plata. 2004.
  • Gilarte, Yanisel Cruz. “Sobre las asociaciones entre los lípidos séricos y el riesgo cardiovascular.” Revista Cubana de Alimentación y Nutrición 28.1 (2018): 27.
  • Šuligoj, Tanja, et al. “Evaluation of the safety of ancient strains of wheat in coeliac disease reveals heterogeneous small intestinal T cell responses suggestive of coeliac toxicity.” Clinical Nutrition 32.6 (2013): 1043-1049.