頸肩腕症候群:首から腕にかけての痛み

1月 13, 2017
怪我やストレスによって発症する頸肩腕症候群は、温水や冷水シャワーなどで、その痛みや症状を緩和できます。

頸肩腕症候群は、その名称から、何やら難しい疾患のように感じるかもしれませんが、実は一般的な疾患で、首から肩、背中や腕、そして指先にかけて、日常生活に支障をきたすほどの頸部の痛みが起こります。

強い痛みを伴うため、スポーツをする人だけが発症すると考えられがちですが、実は様々な原因によって誰でも発症する可能性があります。

ストレスや慢性的な不安、関節炎なども、この痛みを伴う疾患の原因といわれています。

本記事では、頸肩腕症候群の原因とその症状をご紹介します。

頸肩腕症候群:動くたびに痛みが生じる場合

頭を動かすとき、何かを手に取るとき、座るとき、読書をするとき、横になるとき、また呼吸をしているだけのときなど、頸肩腕症候群は、ちょっとした動きで痛みが生じます。

また、頸肩腕症候群の痛みは背骨のあたりに集中するともいわれます。

頸椎は、C1 から C7と呼ばれる背骨より上の非常に小さい部分です。まずはこの部分についてご説明します。

cerviobrachial-syndrome2

  • 頸椎は、脊柱を支える靭帯、筋腱、筋肉、神経線維などで構成されています
  • これらの一部が炎症を起こすと、様々な部分に痛みが起こります。
  • 背骨の炎症が、肩、肩甲骨、腕、また上半身に達することもよくあります。

頸肩腕症候群の原因

  • よくある原因:不意の事故やスポーツによる、脱臼、捻挫、不完全骨折、肉離れなどの怪我
  • 長期にわたるストレスや不安
  • リウマチなど、関節に起こる炎症が原因の病気
  • 関節炎などの退行性の病気をすでに発症している場合
  • 結核などの感染症

頸肩腕症候群の症状

頸肩腕症候群の症状は「背中を刺されたような痛み」だと聞いたことはありませんか?

「刺されたような痛み」というのは正しい表現ですが、これに「痛みが熱を持ち、体中に広がっていくような痛み」が加わります。

前述した痛みに加え、頸肩腕症候群には、痛みや痺れ、知覚異常、筋肉の萎縮、過敏症、血行障害などの症状が現れます。
また同時に、頭痛、首の硬直、座っているときのめまいや吐き気など、どんな動きにも強い痛みを伴う症状が現れます。

頸肩腕症候群の治療法

頸肩腕症候群の治療には、専門家や医師が考えたそれぞれの症状に合わせた治療計画が必要ですが、まずは炎症を抑えるための正しい投薬が行われます。

  • 理学療法:痛みを抑えて足の動きを回復する効果が期待できます。
  • 温冷セラピー:温かいシャワー、温かいお湯を入れた袋などを患部に当て、ローズマリーやアルコールでのマッサージを行うと効果的です。
  • 休養:頸肩腕症候群されたら、日常生活を振り返り、生活習慣を改善しましょう。体を動かすときに使う筋肉である骨格筋に痛みを感じるこの疾患は、休養が必要です。
  • 仰向けでの休息:痛みを感じる腕を頭の後ろに置き、仰向けになって寝ると痛みが軽減されると専門家は話しています。

予後が良いとされる頸肩腕症候群

一般的に、頸肩腕症候群は予後が良いといわれています。その他の病歴がない健康な人は、4ー6週間で症状が改善されます。

  • ただし、リウマチや関節炎などの慢性疾患をすでに発病してる患者が頸肩腕症候群を発症すると、症状が改善されるまでに時間がかかり、強い不快感や痛みを感じる時間が長引きます
  • 生活習慣を改善し、健康的なライフスタイルを送りましょう。バランスの取れた食事や適度な運動を心がけ、ストレスや不安を抱えないように、楽しい毎日を過ごすことが大切です。

症状が深刻な場合や、他の疾患を併発している場合などは、医師に治療方法や手術の可能性を相談し、医師の診断の元で適切な治療を行いましょう。

 

あなたへおすすめ