風邪を予防するスープ4種

· 10月 22, 2015
スープは単に体を心地よく温めるだけではなく、適切な材料を含む場合は疲労を軽減し、過剰な粘液を取り除くことができます。その時の状態に応じて最適なものを選びましょう。

病気になった時、風邪をひいた時、または体の調子が悪い時、温かなスープが欲しくなりますね。

スープは適切な材料を使えば、体の調子を良くするビタミンやミネラルの良い供給源となります。

この記事では、風邪を予防し、発熱、過剰な痰、疲労、脱力感、衰弱といった一般的な症状を和らげるための、ヘルシーでおいしいスープのレシピをご紹介します。

オニオンスープ

オニオンスープは西洋では伝統的なレシピです。

簡単に消化でき、体から過剰な粘液や毒素を取り除くオニオンスープの簡単なレシピをご紹介しましょう。

オニオンスープ

体を温め、余分な粘液を除去するカイエンペッパーを少々加えてもいいでしょう。

塩ひとつまみを加えてタマネギを少量の油で炒め、鍋の蓋をしてタマネギから水分を出します。

スープをクリーミーにしたい場合は、スープをかき混ぜましょう。熱いうちに食べてください。

鼻水が多量に出る場合、ちょっとした実験として、寝ている間、 半分に切ったタマネギをベッドサイドテーブルに置いてみてください。翌朝、症状が大きく改善されているはずです。

ニンニク、ミレット、海藻のスープ

このスープは美味しくて薬効もあります。

ニンニクは、免疫機能を強くする天然の抗生物質です。

ミレット(きびやアワなどの雑穀)は 、体内の酸を中和する唯一の穀物です。 消化が簡単で、病気になった時に問題となる体の酸性化を防ぎます。

海苔やワカメなどの海藻類には、風邪の一般的な症状である疲労や衰弱からの回復を助けるミネラルを含んでいます

少量の油でニンニク3かけを炒め、スープストックをカップ2杯、ミレットをスプーン2杯、海藻を加え、45分火にかけます。

セロリ、ニンジン、生姜のスープ

セロリキャロットスープ

これら3つの材料には、熱をを冷まし毒素を取り除く効果があります。また悪寒を感じる時にも体を温めてくれます

  • セロリ、ニンジンをみじん切りにし、水1カップ半とひとつまみの塩で調理します。
  • 生姜スライス2枚または粉末生姜小さじ2杯を加えます。

これは、一日中いつでも飲むことができる軽いスープです。

腹持ちをよくしたい場合は、玄米やオートミールフレークを加えましょう。

卵とタイムのスープ

これは昔からあるスペインのカタルーニャ地方の伝統的なレシピです。

カタルーニャでは、ビーフシチュー、パン、チーズと共に出されます。

しかし、簡単に消化することができる軽いスープにしたいので、ここではすべての材料は使用しません。

タイムは薬効のある料理用ハーブで、どんな料理もおいしくします。風邪をひいている場合、体の免疫力を高め、細菌を殺す特性を持ち、咳を緩和します

  • ニンニク1かけとタマネギ半分を炒め、キャベツ、カブ、ニンジンなどの野菜を加えます。
  • 野菜のストック2カップ、生または乾燥タイムの小枝数本を入れます。
  • すべての材料に完全に火が通ったら、生卵を加え良く混ぜます。
  • 卵を加えることで、スープがもう少し食べ応えのあるものになります。

香りが良く症状を和らげるスープで、もし体の調子がそれほど悪くないなら、食事にチーズトーストを加えてもいいでしょう。