家庭でできる筋痙攣の対処法

4月 5, 2019
筋肉の痙攣は数分間続き非常に痛みを伴うことがあります。横になっていたり、眠っている時でも様々な場合において発生する可能性があります。

筋痙攣は、筋肉の不随意の痙攣または収縮によるものです。通常非常に強い痛みを伴い数病から数分続くことがあります。同時に複数の筋痙攣を起こす場合もあります。

ほとんどどの筋肉も痙攣する可能性があります。痙攣を患う最も一般的な筋肉は、ふくらはぎ、太もも、足、手、首、腹部です。

今回は筋痙攣の原因、症状、予防、そしていくつかのアドバイスをご紹介します。

筋痙攣の原因

筋痙攣は、筋肉を刺激する神経が過剰興奮することによって引き起こされます。筋痙攣の原因には以下のようなものがあります。

  • 激しい身体活動(痙攣は運動中または運動後によく起こります)。
  • 脱水症(高齢者や利尿薬を使用する人に多く見られます)。
  • 妊娠(通常、マグネシウム不足によって引き起こされます)。
  • 電解質異常、主にカルシウムとマグネシウムの枯渇
  • 骨折(怪我した場所を保護しようとして、筋肉が収縮する)。
  • 糖尿病、甲状腺機能亢進症、アルコール依存症、低血糖などによる代謝の変化
  • パーキンソン病、運動ニューロン疾患、または原発性筋疾患(ミオパチー)などの神経系疾患
  • 足の静脈不全と静脈瘤
  • 運動不足(例えば長時間にわたる悪い姿勢)。

こちらもご参考に:
筋肉疲労を克服する5つのスムージー

筋痙攣の予防法

筋痙攣を防ぐためには、運動の前後に必ず十分なストレッチをしましょう。座りがちな生活を送っている場合は、特に当てはまります。運動前、運動中、運動後に水分補給をし、暑い日の運動は避けるようにしてください。

多くの人は夜間に足の痙攣に苦しむ傾向にあります。これは夜間突発性痙攣とも呼ばれます。通常、遺伝性によるものですが、はっきりとした原因は今現在わかっていません。

夜間の痙攣に悩んでいるのであれば、寝る前に15分間ほどのストレッチを定期的に行うことをお勧めします。カルシウムとマグネシウムが豊富な食品を選ぶこと、1日中水分補給をしっかり続けること、そして十分に体を動かすことを心がけてください。

筋痙攣を起こした際のアドバイス

ストレッチは痙攣、特に足の痙攣を防ぐ良い方法です。しかし、一晩行うだけでは効果がない事を覚えておいてください。筋肉が付随の収縮に対してより強い抵抗ができるようになるには、数週間続け毎日ストレッチする必要があります。

定期的なストレッチと水分補給は、突発性痙攣を予防する重要な鍵となります。

どれくらい水分補給がされているか確認する良い方法は、尿の色を観察することです。脱水症状が進んでいる場合は、尿は濃い黄色をしていて同時に強い匂いがします。一方、水分補給が十分であれば尿は透明で臭いもきつくないでしょう。

ご存知でしたか?:
筋痙攣に効く5つの自然療法

自然療法

カリウム

バナナ

バナナに多く含まれるカリウムは筋肉の痙攣発作に役立ちます。

体内のカリウム高度が高いと筋痙攣を予防できます。キウイやバナナなどの果物にはこのビタミンが特に豊富です。筋痙攣の回復を助け、同時に非常に有効な筋痙攣の予防策となります。

カリウムの摂取方法

  • 運動前にバナナを食べる
  • もしくはバナナのスムージーを飲む

アップルサイダービネガー

アップルサイダービネガー

アップルサイダービネガー血行を促進するだけでなく、収れん化粧水でもあり、筋肉痛の優れた治療法として知られています。飲むだけでなく、外的に使うこともできます。

材料

アップルサイダービネガー大さじ2杯(30ml)

使い方

よく痙攣に苦しむ部分に使います。痙攣する部位に塗り、数回軽いマッサージをしてください。乾くまで放置しておいてください。

アルニカ

アルニカ

アルニカの花はあざ、関節炎の痛み、動きにくい手足の治療に使われます。花のエキスを抽出し、それを浸した布を患部にあてましょう。

材料

準備

  • 水1カップとアルニカの花を一緒に鍋に入れます。
  • 水を沸騰させて火からおろしてください。5分〜7分そのまま置いてから、カップに注いで飲みましょう。
  • もう一つの方法は、アルニカの花のエキスで下された布を使用することです。

マッサージ

マッサージ

患部を軽く円を描くようにマッサージすることで痛みを和らげることができます。アスリートが使う坑炎症薬や鎮痛軟膏も効果があります。これらは痛みを軽減し、筋肉を弛緩させ循環を改善するのを助けます。

マッサージ方法

患部を軽い円を描くようにマッサージしてください。