筋痙攣に効く5つの自然療法

1月 4, 2018
筋痙攣はアスリートだけでなく、普通の生活を送る人にも起こりうるものです。特にダラダラとした生活を送っている人はそのリスクが高いでしょう。筋痙攣を予防したいなら、水分をしっかり補給することを欠かさないようにしましょう。

筋痙攣とは、体の筋肉の一箇所、または複数箇所が突然、付随意収縮をおこしてしまう、よくあるトラブルです。幸い、この筋痙攣は予防することが可能です。

まず、筋痙攣の起こりやすい場所は、脚の下の方です。ですが、太もも、お腹、その他の関節などにも影響を与えます。

さらに、筋痙攣は突然、特に夜間に起こることが多いようです。痛みは数秒から長くとも15分程続く場合があるでしょう。

また、関連する部分の緊張感や痛みが特徴です。皮膚の下で筋肉組織がコブを形成してしまう場合もあります。

しかし、筋痙攣は深刻な病気というわけではありません。可能性としては、体内の電解質のバランスが崩れている、または水分不足であるということが考えられます。

だからこそ、筋痙攣に注目し、筋痙攣を予防する方法を知っておきましょう。

筋痙攣は自然に予防することができるのです。また、今日ご紹介する方法には健康的な筋肉をサポートする力もあるのです。

1. バナナとキウイのスムージー

バナナ

このバナナとキウイで作るスムージーは、エクササイズやスポーツなどの活動中のパフォーマンス力を改善するエネルギーがいっぱい詰まったドリンクです。

このスムージーには、筋痙攣を予防する鍵となる基礎ミネラルであるカリウムが豊富に含まれています。

材料

  • よく熟れたバナナ 1本
  • キウイ 1個
  • アーモンドミルク 1カップ(200ml)

準備

  • 最初にバナナとキウイの皮をむき、一口大に切ります。
  • 切ったフルーツとアーモンドミルクをブレンダーにかけます。

飲み方

  • エクササイズをする15分〜20分前に飲みましょう。
  • 夜に筋痙攣が起きた場合は、寝る30分前に飲みましょう。

2. アップルサイダービネガー

アップルサイダービネガーの抗炎症作用とアルカリ性の性質は筋肉の健康をサポートし、筋痙攣を予防してくれるでしょう。

また、アップルサイダービネガーには基礎ミネラルが含まれているため、循環を改善し、酸素供給を効果的にすることで筋痙攣を予防するのです。

材料

準備

  • ぬるま湯にアップルサイダービネガーを入れてよく混ぜましょう。

飲み方

  • 朝起きて一番の空腹時に飲みます。夜寝る前にも飲みましょう。

3. イチョウの葉のお茶

ハーブ

イチョウの葉で作ったお茶は、その抗炎症効果、利尿効果、気付け効果から世界中で人気のある薬湯です。

このお茶は筋肉や関節をリラックスさせ体液が貯留するのを防いでくれます。

つまり、夜間の筋痙攣やコリを防ぐ働きがあるのです。

材料

  • イチョウの葉 大さじ2(20g)
  • 水 1カップ(250ml)

準備

  • お湯を沸かしてイチョウの葉を加えます。
  • 10〜15分間蒸らし、イチョウの葉のエキスがしっかりと抽出されるのを待ちます。
  • 漉してから飲みましょう。

飲み方

  • 食後にカップ一杯飲みましょう。

4. バナナとオレンジのスムージー

バナナとオレンジ、ヨーグルトを組み合わせると、ミネラルが豊富なエネルギードリンクができます。身体活動中の筋痙攣を予防してくれるでしょう。

さらに、このスムージーにはカリウム、ビタミンC、基礎アミノ酸が豊富に含まれています。これらの物質は筋肉を強化し、筋痙攣を防いでくれるのです。

材料

  • よく熟れたバナナ 1本
  • オレンジの汁 3個分
  • ナチュラルヨーグルト 1個(125g)

準備

  • 材料を全てブレンダーに入れ、なめらかになるまでよく撹拌します。

飲み方

  • エクササイズやスポーツをする前に飲みましょう。
  • オプションとして夕食前に飲むと、夜間の筋痙攣を予防できるでしょう。

5. タルトチェリージュース

タルトチェリー

天然のタルトチェリージュースには利尿作用と抗炎症作用があります。また、体に蓄積された余分な体液を取り除きます。つまり、痙攣やコリを解消するのです。

タルトチェリーに含まれる基礎栄養素は、体の電解質値のバランスを取る働きをします。筋肉を良い状態に保ってくれるのです。

材料

  • タルトチェリー 7個
  • 水 1カップ(200ml)

準備

  • タルトチェリーと水をブレンダーに入れ、撹拌します。
  • 砂糖などの甘味料は一切加えないでください。効果が下がってしまうかもしれません。

飲み方

  • 一日2回、朝と夜に飲みましょう。

最後になりましたが、今日ご紹介したスムージーやお茶を飲むだけでなく、健康的な食事を取ること、必要以上に座りっぱなしでいることは止めるということを心に留めておきましょう。

 

あなたへおすすめ