体液貯留を予防する10種類のフルーツと野菜

11月 6, 2017
体液貯留を予防するには、水分を多く含むフルーツを食べることが大切です。そうすれば、尿の生成が刺激され、老廃物が排出されます。

体液貯留を予防するなら、食べ物に気をつけることが大切でしょう。

水分を多く含むフルーツや野菜を食べると、尿を通して余分な体液を排出することができます。詳しくは今日の記事を見ていきましょう。

利尿作用のある食べ物はどう働く?

体の余分な水分を取り除くため、尿の生成を増やす力のある要素は利尿剤として知られています。

利尿作用のある食べ物は浮腫や過剰な体液貯留で苦しんでいる人に推奨されています。

これらは蓄積された余分な水分を排出するのに役立つだけではありません。腎臓の機能を刺激するのです。腎臓は血液のフィルターとしての機能があり、毒素の除去をするのです。

水分が過剰に蓄積されることは私たちの体にとって良いことではありません。血圧を上げ、心臓の健康に影響を及ぼすからです。薬剤に頼らなくても、様々なフルーツや野菜からその利尿効果を取り入れることができるのです。

体液貯留を予防するフルーツと野菜

もっとも利尿効果のあるものとは、間違いなくでしょう。一日あたり水を2リットル以上飲むことの重要性はこれまでに聞いたことがあるかと思います。

また、フルーツや野菜を食べることで天然の液体と栄養を取り入れることができるのです。

もし体液貯留を予防したいと思うなら、是非以下のフルーツや野菜を食生活に取り入れてくださいね。

1. パイナップル

パイナップルジュース

美味しいこの黄色のフルーツ、パイナップルには、余分な体液を除去するだけでなく肝臓、心臓、肺を強くする効果を持つ栄養がたくさん含まれています。

  • パイナップルにはビタミン(A、B6、B9、C、K)やミネラル(ナトリウム、カリウム、鉄、カルシウム、マグネシウム)が含まれています。
  • また、利尿作用にも優れています。お通じを起こさせる効果もありますので便秘に悩んでいる方にもオススメです。体を浄化、デトックスするのに良いでしょう。

パイナップルを毎日一切れずつ食べましょう。朝食時でも良いですし、午前中のおやつや食後のデザートとしてでも構いません。

2. トマト

  • 様々な料理に使われているトマトにはカリウムが豊富に含まれており、余分な体液を取り除く効果があります。ナトリウム(浮腫の原因の一つ)の活動を中和する働きをします。
  • トマトにはビタミンCも含まれています。これは腎臓の利尿作用(尿の生成)を助けます。またトマトは低カロリーです。

トマトの効能を十分に受け取るには、生で食べるのが一番です。

3. スイカ

スイカ

  • スイカは非常に多く水分を含んでいます。
  • スイカはカロリーが低いため、ダイエット中の方にもオススメです。体をデトックスし、余分な体液を除去してくれます。
  • スイカはビタミンAやカリウムも豊富に含んでいます。

暑い夏の午後に食べるスイカほどリフレッシュできるおやつはないですよね。

4. ほうれん草

ほうれん草を食べると強くなれるポパイという漫画のキャラクターがいますが、ほうれん草にはマグネシウム、ビタミンBが豊富に含まれています。また、利尿作用にも優れています。

同時に、腸管を刺激し、便秘を解消する繊維も豊富に含まれています。

5. メロン

メロン

メロンもまたそのほとんどが水分で構成されているフルーツで、体液貯留を予防する効果が期待できるでしょう。

  • 体から老廃物や毒素を排出する尿の生成を刺激します。
  • メロンは低カロリーなのに満腹感を得やすいフルーツです。
  • メロンを食べると、体の体液バランスをコントロールするカリウムを摂取することができます。

6. アーティチョーク

アーティチョークは利尿効果のある野菜です。

アーティチョークは様々な方法で食べることができます。アーティチョークを食べると余分な体液を取り除く効果のあるカリウムを摂取することができるでしょう。

7. リンゴ

りんご

赤や緑の美味しいリンゴをかじるとたくさんの果汁が溢れ出てくるかと思います。リフレッシュ効果の高いフルーツなのです。

また、浄化作用にも優れています。排尿によって余分な体液を排出するのに必要な栄養素や繊維を含んでいます。繊維には腸管を改善する効果があります。

8. アボカド

基礎脂肪酸を豊富に含むアボカドは様々な料理に使えますし、マヨネーズの代用としても使うことができます。

また、アボカドにはビタミンC、マグネシウム、カリウムが含まれています。したがって、体液貯留を予防するならアボカドを食べることをオススメします。

9. グレープフルーツ

グレープフルーツ

グレープフルーツを始め、柑橘類のフルーツには水分が豊富に含まれており、浮腫に苦しむ人にオススメです。また、ビタミンCも豊富に含んでいます。

グレープフルーツだけでなく、オレンジやみかんも食べることをオススメします。食べる時間として一日で一番良いのは朝食時です。栄養をたっぷりと摂取することができるでしょう。

10. 洋ナシ

洋ナシは抗炎症作用、収れん作用、消化作用、利尿作用など様々な効能を持つフルーツです。

  • 血液の浄化を促します。また、洋ナシに含まれる水溶性繊維は腸の機能を整え、コレステロールを減らす働きをします。
  • 水分が多く含まれています。また、ビタミンCも摂取することができます。

上記以外に体液貯留を予防する効果のあるフルーツ・野菜として、パパイヤ、バナナ、パセリ、紫のブドウ、セロリなどが挙げられます。

 

あなたへおすすめ