肝臓と腎臓の健康に良い/フルーツベスト5

1月 5, 2016

肝臓や腎臓をより健やかに保つ方法を知りたいと思いませんか? その為に一番大切なことは、健康的なライフスタイルを送ることです。きちんとした食生活を送り、塩分や脂肪分の摂取を控えることが基本なのです。

また、定期的にエクササイズをし、煙草を吸っている人は禁煙し、感情をコントロールすることも大切でしょう。そして、肝臓や腎臓の健康には何よりも自然の力が不可欠です。それはフルーツの持つ力です。

それでは、肝臓や腎臓をより健康に保つのに欠かせない、5つのフルーツについて見ていきましょう。

 

1.スイカ

肝臓と腎臓.スイカ

スイカが嫌いな人がいるでしょうか? 口当りが軽くて美味しく、暑い夏にはリフレッシュすることが出来ますし、その他のフルーツと一緒にジュースにしても良いでしょう。昼食や夕食時に食べるのもお勧めです。ほうれん草、チーズ、ナッツ、スイカ、ミントのサラダを試したことがありますか? とっても美味しいですよ。

また、スイカは単に美味しいだけでなく、肝臓や腎臓の健康にも良いとされています。その理由は以下です。

  • スイカは腎臓を綺麗にし、肝臓の機能を正常に保つ効果のあるフルーツです。利尿作用があるので、体内から老廃物をデトックスする役割をします。
  • スイカの汁は大変健康に良いとされています。栄養はすぐに器官や血液に吸収され、腎臓の機能を正常に保ちます。
  • 新鮮なスイカを選びましょう。熟れすぎているスイカを食べるのは体のためにはなりません。

 

2.クランベリー

肝臓と腎臓.ベリー

クランベリーはジュースにして食べるのが良いでしょう。美味しいだけでなく、肝臓、腎臓、膀胱の機能の状態を良くします。クランベリーの優れた効果について以下に挙げます。

  • クランベリーは天然の抗酸化剤です。また自然にデトックスを促すフルーツでもあります。
  • 毒素を排出し体を綺麗にする助けをします。フリーラジカルから体を保護してくれます。
  • クランベリーは膀胱壁にバクテリアが付着するのを防いでくれます。

 

3.レモン

肝臓と腎臓.レモン

レモン、レモン果汁は毎日摂取できる天然の薬と言ってもよいでしょう。空腹時にレモン水を飲む利点については以前に何度か取り上げましたが、空腹時にレモン水を飲むことは肝臓や腎臓にも良いということを知っておきましょう。

  • レモンには天然のデトックス作用があり、例えば脂肪肝の治療を助ける効果があります。
  • レモンはビタミンやミネラルが豊富ですので、肝臓や腎臓の機能を正常に保ちます。
  • 食べたものが胃に到達した後、その消化を促します。

4.リンゴ

肝臓と腎臓.リンゴ

リンゴでも赤いリンゴでも、好きな種類を選んでください!選ぶ時は、色づいて見た目にも美味しそうなものを選びましょう。リンゴには心臓の健康を保護するだけでなく、肝臓や腎臓のケアをする効果があります。朝食にリンゴを加えてみてはどうでしょうか。出来れば皮も一緒に食べるようにしましょう。皮にも栄養があるのです!

  • リンゴは悪玉コレステロール値や血流のトリグリセリドレベルをコントロールします。また、腎臓の機能を正常化し、肝臓のデトックスを促します。
  • 1日1個、リンゴを食べるのが理想的です。必ずよく洗い、皮も食べましょう。

5.紫色のブドウ

肝臓と腎臓.グレープ

選ぶときは、紫色が濃いブドウを選びましょう。なぜでしょうか? それは濃い色のブドウの方がより抗酸化作用に優れており、その他沢山の栄養が含まれているからです。

  • 紫色のブドウは利尿作用に優れており、腎臓を綺麗にし、肝臓の機能を活発にします。
  • 上記でも触れましたが、ブドウは抗酸化作用に優れ、ビタミン、ミネラルが豊富です。さらに体から毒素やその他不要なものを排出するのを助ける作用があります。
  • 紫色のブドウは、そのおよそ80%が水分です。つまり、毎日食べるのに相応しいフルーツです。そして、リンゴと同じく皮に沢山栄養が含まれていますので、皮ごと食べることをお勧めします。
  • ブドウはそのまま食べるだけでなく、料理に加えて食べても美味しいフルーツです。例えば朝食なら、オートミールやギリシャヨーグルトに入れると美味しいですし、昼食なら、ほうれん草とチーズ、ナッツのサラダに加えると美味しいでしょう。
  • 赤ワインをグラス1杯飲んでも肝臓や腎臓に良いのだろうかと疑問に思いましたか? 答えはイエスです!赤ワインの効果は、ブドウに含まれる抗酸化剤、レスベラトール由来のもので、数々の研究によると、脂肪肝に良いとされています。ただし、赤ワインを飲むのは1日1杯だけにしておきましょう。飲み過ぎはよくありません!

 

あなたへおすすめ