簡単で美味しいイタリアンブレッドの作り方

· 8月 16, 2018
チャバッタパンとしても知られるイタリアンブレッドをご存知ですか?

美食大国であるイタリアでは、パスタだけではなくチャバッタと呼ばれるパンが非常に美味しいことで有名です。

本記事では、シンプルで美味しいイタリアンブレッドを一から作る方法をご紹介します。

パンの真実

パンの真実

「パンには、健康に有害で体重を増加させる精製された小麦粉、炭水化物、そして脂質が多く含まれているため、パンを食べるのを制限するべき」と考える人が増えています。

しかしそれがすべてのパンに当てはまるわけではありません。

大切なのは、パンに使われている材料を知り、精製された小麦粉が使われているのか、使われていない場合はどのような炭水化物を含んでいるのかなどを分析することが大切です。

甘いパンやチョコレートやメレンゲを使ったパンの中にも「危険ではない」ものがあります。

大切なのは、パンを食べる量と1日の摂取カロリー、そしてどのようにパンを選ぶかです。

これらの課題をクリアするのが、自宅の台所で簡単に作ることができるイタリアンブレッドです。

今回ご紹介するチャバッタと呼ばれるイタリアンブレッドは、作り方はやや複雑ですが、美味しいパンが出来上がります。

こちらもお読みください:スイートブレッドの美味しいホームメイドレシピ

イタリアンブレッドを自宅で作る方法

パンの種類

一般的なパンと違い、イタリアンブレッドには独自の製法があります。

イタリアンブレッドを美味しく作るためには、非常にしっとりとしたパン生地が必要ですが、その鍵は発酵方法です。

イタリアンブレッドのレシピは簡単ではありませんが、私たちが考えるよりは手軽に作ることができます。大切なのは「あせらない」ことです。

材料

  • 小麦粉 3カップ(360g)
  • 水 1カップ(250ml)
  • イースト(乾燥)大さじ1(15g)
  • 塩 大さじ3(45g)
  • ハチミツ 大さじ2(50g)

こちらもお読みください:美味しい手作りパンのレシピ

作り方

  • 今回は2種類の生地を作ります。
  • 最初は12時間かけてしっかりと発酵させます。
  • そして2回目は翌日に行います。
  • この過程を飛ばすことはできません。万が一飛ばすとイタリアンブレッドの風味は出せません。
  • 小麦粉、水、イースト、そして塩を加えて混ぜますが、混ぜすぎないように注意してください。
  • 布などで蓋をしたら一晩そのままにして発酵させます。
  • 翌朝、同じように、小麦粉、水、イースト、塩を混ぜます。今回は3時間発酵させます。
  • 時間が経過したら生地をこねてハチミツを加えます。
  • 蓋をしないで20分間生地をそのままにしてください。
  • この時点で生地にひび割れや乾燥が起こるのは普通のことです。水や小麦粉を加えて調節してはいけません。
  • 220度に予熱したオーブンの中に、長方形にした生地を入れて、30分間焼きます。
  • 生地が膨らんでパンの中に空洞ができたら完成です。

早速お召し上がりください!