静脈瘤に効くお酢とグリーントマトを使った家庭療法

グリーントマトとお酢を使った家庭療法で静脈瘤を和らげる事ができます。

静脈瘤とは、膨張した静脈の事を指します。これは、血行が悪くなっている為に起こる症状です。

女性がもっとも気にする美容上の問題の1つでもあります。原因は、ホルモンと遺伝によるものだと言われています。

静脈瘤は最初のうちは、気付かない事がほとんどです。初めは健康上、特に問題も現れません。ところが、時間が経つにつれて足が重く感じられ、痛みも感じるようになります。

注意していなければ見過ごしてしまう事もあるので、気を付けておくことが大切です。

今回は、静脈瘤を和らげるのに鍵となる鎮静効果と抗炎症効果がある、お酢とグリーントマトを使った自然療法をご紹介しましょう。

静脈瘤に効くお酢とグリーントマトを使った家庭療法

グリーントマトとリンゴ酢を混ぜた物を使う事で化学薬品を使わない、自然な治療を行う事ができます。足にできた静脈瘤のサイズを小さくしてくれます。

このお酢とグリーントマトは、外用剤として使う物です。何度か使えば、変質した血管の炎症も和らぎます。さらに、この外用剤は血流も良くしてくれます。

この2つの材料には、静脈瘤を治療するのに必要なビタミンとミネラルが含まれています。皮膚から吸収された後に、リンパ系機能のサポートをしてくれます。

この作用のおかげで、原因となる余分な水分や毒素を排出する事ができます。

リンゴ酢の利点

リンゴ酢は自然の強壮剤です。血管を拡張する作用と、抗炎症作用があります。定期的に塗布する事で静脈瘤が現れる事を防ぐ事もできます。

天然の酸、ビタミン、ミネラルを含んでいるので、血流を良くしてくれる作用もあります。さらに、早期老化のリスクも下げてくれます。

リンゴ酢を患部に塗る事によって、痛みを減少させ、その部分をリラックスさせる事も可能です。この効果は、静脈瘤のせいで痛みと患部にこわばりがある場合に有効です。

それだけでなく、肌に張りを出す効果もあるので一石二鳥と言えるでしょう。

グリーントマトの利点

 

グリーントマトで作った外用剤は、手軽に家庭で作れる薬の代用品として親しまれています。グリーントマトは、足にできた静脈瘤の治療に最適です。

この野菜には、豊富なリコピンが含まれています。この抗酸化物質、リコピンが酸化ストレスと炎症と戦うサポートをしてくれます。

天然の酸が、アスピリン内の化合物と似たような働きをするので、血流を良くし、血栓ができるリスクを抑えてくれます。

場合によっては、血管の弁の働きを復活させる事もあります。この事で、心臓へ向かう血液の流れも促進されます。

患部に塗る事によって、疲れと緊張をやわらげてくれます。

お酢とグリーントマトの外用剤の作り方

静脈瘤の為の外用剤を作る際には、リンゴ酢は必ず100%オーガニックの物を使用してください。精製されたものを使うと、治療に必要な栄養素が十分でない場合があります。

お酢には酸が含まれていますので、肌に強い刺激を与えない為にも水と1対1で混ぜる事をお勧めします。

もし、肌が強い方はそのまま使っても良いでしょう。

材料

  • グリーントマト 5個
  • リンゴ酢 230ml

使う物

  • 蓋のあるガラスの容器
  • ガーゼやテーピングテープ

作り方

  1. まず、グリーントマトをスライスしてガラスの容器に入れます。
  2. そこにリンゴ酢を入れ、48時間蓋をして放置します。
  • この容器は、冷暗所に保管してください。

方法

  1. トマトのスライスを何枚か、静脈瘤のある所にあてます。
  2. 患部は、完全に覆うようにしてください。そして、テーピングまたはガーゼでトマトがずれないように固定します。
  3. 約40分間そのままにしてください。40分経ったら、冷たい水で流しましょう。
  • これを、最低2週間毎日続けてください。

静脈瘤で悩んではいませんか? 今回ご紹介した家庭療法を定期的に続ければ、薬などを使わずに治療する事ができます。

この治療法を取り入れたからといって、すぐによくなるわけではありませんが、正しくこの治療を行えば、症状は劇的に良くなるでしょう。