静脈炎におすすめの自然療法3選

· 4月 1, 2018
静脈炎とは、静脈壁に生じる炎症で、年齢に関係なく発症します。この疾患の注意点は、症状が悪化して手遅れになるまで無症状であることが多いということです。 

静脈炎について聞いたことがありますか?

静脈炎とは、血管が炎症を起こして静脈瘤などの発症に影響する循環器系に悪影響が及ぶ疾患です。

場合によっては、静脈壁に血栓が形成されて血栓性静脈炎を発症することがありますが、影響を受ける主な場所は、腕、脚、そして肩です。

本記事では、静脈炎に高い効果を発揮する自然療法をご紹介します。

静脈炎の種類

静脈炎の重症度に応じて、次のように分類されます:

  • 表在静脈炎:皮膚の下に損傷が見られる静脈炎で、静脈に影響しますが、発症する血餅は小さく、健康なリスクは一般的にありません。
  • 深部静脈炎:筋肉や体内組織に発生する静脈炎で、血液の量がはるかに多いため、血栓に対してより多くの圧力がかかります。これは動脈を詰まらせて閉鎖させてしまうリスクがあるためです。この深部静脈炎が塞栓症のような合併症を伴う場合には、直ちに医師の診察を受けてください。

静脈炎の原因

静脈炎の原因

 

すべての静脈炎の原因が同じではありませんが、静脈炎の原因となる主なものをご紹介します:

  • 妊娠
  • ガン
  • 静脈不全
  • 血液循環の変化
  • 喫煙
  • 肥満
  • 姿勢の悪さ
  • 外傷
  • 火傷
  • 細菌感染症

こちらの記事もご参考に:生活の質を改善する5つの習慣

静脈炎の症状

自覚症状がほとんどない静脈炎は、発症しても本人は気づかず、別のことで医師の診察を受けた時に偶発的に発見されることがあります。 しかし、以下のような一般的な症状があるのは見逃せません。

  • ふくらはぎの一定の痛み、
  • 過敏症が悪化する
  • 患部が熱を持つ
  • 心拍数の急上昇
  • 発熱

それぞれの症状をご紹介します。

表在静脈炎の症状

  • 発熱
  • 患部を押した時の痛みが強くなる
  • 静脈の大きさがかなり大きくなる
  • 浮腫
  • 赤み

深部静脈炎の症状

静脈炎の症状

  • 発熱
  • 頻脈
  • 症例に応じて脚、腕、肩に強い痛みが現れる
  • 皮膚が黄色くなる
  • 患部の炎症
  • 壊疽が静脈に現れることがある

静脈炎の治療法

静脈瘤の症状や兆候が現れたら、医師の診察を受けることが大切です。

静脈炎は、早期に発見して治療を開始すれば、数週間でその症状が軽減されます。また症状が穏やかな場合は、数日でなくなることもあります。

  • 最初はまず、痛みをコントロールするための鎮痛剤を服用してください。
  • 患部に軟膏を塗り、その上にガーゼを置きます。
  • 患部に圧力をかけるように絆創膏または包帯を巻いてください。
  • 数種類の抗炎症薬の処方箋にに加えられます。
  • 感染に起因する静脈炎の場合にのみ、抗生物資が推奨されます。

静脈炎を緩和する自然療法

1.クランベリー

クランベリー

小さな果実であるクランベリーには、血液の問題を解消するのに役立つ、血管拡張効果のあるフラボノイドだけでなく、豊富な栄養素が含まれています。 また、抗炎症効果もあるクランベリーは、痛み、腫れ、赤みなどの軽減に役立ちます。

こちらの記事もご覧ください:クランベリージュースの効果

2. 冷温湿布

筋肉をリラッククスさせながら痛みと炎症を軽減するためには、冷温湿布が効果的です。

使用方法

  • 10分間熱めの湯で患部を湿布します。
  • すぐに冷水の湿布に切り替えます。
  • 30分程度繰り返します。
  • 患部が足の場合は、足を上に高くあげます。

3. アルニカ

アルニカ

アルニカは最も優れた鎮痛作用のある植物の一つで、動脈の血流を再活性化し、挫傷の出現を減少させます。

アルニカは軟膏、エッセンシャルオイル、クリーム、またはお茶としてご使用ください。

静脈炎の予防法

静脈炎の予防に最も大切なのが、血行の改善です。

毎日の生活や行動パターン、職場での作業、そしてストレスなどにより動きが制限されて、血行が悪くなりがちですが、静脈炎の予防には血行の促進・改善が欠かせません。

注意事項:

  • 食物繊維を豊富に含み、水分の多い、塩分が控えめな食事を心がけることで、循環器系が血流を正常に保ちます。
  • 座る時間の多い生活を避けてください。
  • 適度な運動を心がけてください。運動をしたくない場合は、ウォーキングや就寝時には脚を上げて寝るなどの小さな努力を積み重ねることが血液の詰まりを予防します。
  • 急激な体重増加や減少を予防するためにも、食生活をしっかりと管理してください。
  • 常に正常な室温の場所にいるように心がけてください。特に高温の場所は避けてください。

アドバイス

  • 少なくとも2時間ごとに手足を動かしてください。
  • 一日の終わりは、かかとを壁でサポートしながら脚を上げることで血流を正常に保ちましましょう
  • 頻繁に靴を脱ぐように心がけてください:素足であることで、筋肉と骨を強化します。
  • 週に3回は運動を行なってください。
  • タバコは血液の量を増やすため避けてください。特に血管が閉塞した時に血液の循環が悪化します。
  • 原因不明な突然の浮腫や痛みなどのが現れたら、その症状を無視せずにすぐに医師の診察を受けてください。
  • 常に日焼け止めを使用し、長時間直射日光にさらされないように気をつけてください。
  • 就寝時には、脚の下に枕を置いてください。

今回ご紹介した情報は、静脈炎の症状を緩和するガイドラインですが、特に循環器系の問題に関しては必ず専門医の診察を受け、適切な指導のもとで治療を行なってください。