女性が直面する無オーガズム症

女性の無オーガズム症が心理的なものであるなら、その心的原因を取り除くことが大切です。必要であれば、セラピーを受け壁を取り払いましょう。

無オーガズム症を抱える女性は非常に多くいます。オーガズムに到達することができないのです。ですが幸い解決策はあります。まずはこの状態について理解していきましょう。

無オーガズム症の原因の中でもよくあるのは心理的なものです。今日、私たちが焦点を当てる部分はここです。

まず、トラウマ的なセックス経験を過去に抱えている場合、性的なことに関する無知さ、ストレスさえもセックスを不快な行為にしてしまいます。

女性の無オーガズム症は様々なタイプに分かれます。今日はまた、一般的な無オーガズム症の解決策を見つけるためのガイドラインについてお話ししたいと思います。

我を忘れるのは難しい

女性の下着姿

普通、何かをコントロールしようとすればするほど、どうなりますか? すればするほどうまくいかないことはありませんか? オーガズムを感じようとすればするほど、感じられないのです。

  • さらに、この状況は完璧主義傾向にある人、全てをコントロールしたいコントロールフリークの人に起こりやすいようです。
  • また、この問題は無オーガズム症の女性は、オーガズムに達することだけにフォーカスしているため、相手との親密さを楽しめないのです。

相手に触れること、キスすること、相手が気持ちよいと感じる部分を刺激することがおろそかになっているのです。

どこから始めればいい?

最初に、無オーガズム症を経験したことがある女性はたくさんいます。それは、自分の体についてよくわかっていない女性が多いからです。例えば、性的関心についての思い込みから性的なことについて開発せず、喜びを見つけることができていないのです。

私たちはどのようにして自分の体について知ることができるのでしょう? 何が好きかはどうやってわかるのでしょう? その答えはオナニーで見つけることができるでしょう。一人でオナニーすることによって学ぶことはたくさんあるのです。

しかし、自分のどこを触っていいのかわからないのに、自分が好きなことは何なのかすら知らないのに、セックスでどうやってオーガズムに達することができるのでしょうか?そんなことは不可能なのです。

女性の下着姿

信じられないかもしれませんが、セックスについてオープンに話すことは未だにタブーとなっています。結果として、このタブーがあるからこそ、女性は自分自身の体について知る機会を失っているのです。

あなたはオナニーすることが不潔だと思っていませんか? 性に関する情報を得ようとするのは恥ずかしいことですか? 思い込みから解放されること、専門家に会うこと、自分の体を開発することは女性の無オーガズム症を解決する上で欠かすことができないのです。

またこれが、自分自身のどこを触ると気持ちいいかを知る、より気持ちよくオーガズムを感じるには何をすればいいのかを知る唯一の方法なのです。

 

諦めてきた

これは最も厳しいケースの一つでしょう。例えば、時に女性は諦めたために無オーガズム症を経験することがあります。おそらく、自分の抱えている問題を解決する方法を見つけるのを止めてしまったのかもしれません。

このケースでは、女性はもうオーガズムに達しようと努力しなくなります。さらに、嘘だと思うかもしれませんが、オーガズムが存在しなくなっているのです。

また、自己欺瞞においてフラストレーションがはっきりと現れ、性的な触れ合いをすることを拒否し、体が送っている性的衝動を無視するようになるのです。そのお返しに、愛情を表現するのをやめてしまうのです。

そして、女性が状況をコントロールしたいと感じたり、道に迷ってしまったように感じる時は、女性が諦めてしまったために無オーガズム症を経験するのではありません。

実際のところ、この裏側にはトラウマや恋愛関係のトラブル、恐怖、鬱などが隠されているかもしれません。

だからこそ、無オーガズム症の裏に隠れている問題を照らしてくれる専門家の助けが必要なのです。

こちらも参考『幸せとは言えない二人の関係 どうしたらいい?』

ベッドの中の二人

実のところ、心理的要因からくる女性の無オーガズム症には解決策があります。正しいセラピーを行う、またはそれほど複雑ではないケースの場合は恐怖や信念を解き放ち、問題を解決するステップを踏むことができるでしょう。

女性のオーガズムは神話ではありません。しかし、それを強制することは男性にとっても望むことではないでしょう。

心を解き放つ方法を知り、心の底からセックスを楽しみましょう。

カテゴリ: 恋愛 タグ:
あなたへおすすめ