腎臓結石を防ぐために/避けるべき6つの食品とは?

4月 5, 2017
腎臓結石はひどい痛みを伴うことがあります。ですから、腎臓結石ができる原因となる食品を避けるとともに、飲む水の量を増やして、できてしまった結石の排出をうながすようおすすめします。

腎臓結石はとても小さな塊ですが、自力では排出できません。尿管につまると、激しい痛みが起こります。

結石は多くの要因によって引き起こされます。

腎臓結石の生成を防ぐには、何よりも正しい食生活が大切です。すでにできてしまった場合でも、もっと排出されやすくなります。

予防は治療に勝る」とことわざにも言います。

今回は、腎臓結石を防ぐため、結石ができやすい人や、過去にできた経験のある人たちが食べてはならない食品をご紹介します。

特に腎臓結石のできやすい人は、これらの食品をなるべく避けるか、食べる量に気をつけなければなりません。

それは一体どんな食品なのか、ごいっしょに見ていきましょう。

腎臓結石の生成をうながす食品とは?

1. カフェイン

コーヒーは朝に欠かせない飲み物。コーヒーに含まれるカフェインは、朝目をさましたり、職場で仕事の能率を上げたりするのに役立ちますが、好ましくない副作用もあります。

その1つは、腎臓を酷使する結果となり、腎臓結石ができる可能性が高くなるということです。

カフェインはコーヒーだけでなく、お茶や炭酸飲料にも含まれています。

これらの飲み物は尿中のカルシウム量を増やすほか、刺激効果のせいで長期間のうちに腎不全を引き起こす可能性があります。

2. 赤身の肉

動物性タンパク質と脂肪は、腎臓結石の生成および腎臓損傷に関連しています。もしあなたが赤身肉を食べすぎる傾向にあるなら、赤身肉に含まれている成分は身体から排出されにくいということを知っておく必要があります。

また赤身肉は尿酸とプリン体をたくさん含んでいます。これらの値が高くなりすぎると、痛風や腎臓結石になる可能性があります。

プリン体の含有量が多いその他の食品には、アスパラガス・豆類・キャベツがあります。これらの食品を、短期間にたくさん食べすぎないようにしましょう。尿酸の蓄積が原因でできる腎臓結石を防ぐのに役立ちます。

3. 人口甘味料

大勢の人たちが、人工甘味料をデザートや紅茶を甘くするのに使っています。また、ダイエット飲料やさまざまな低カロリー食品にも含まれています。

人工甘味料は砂糖よりも身体にいいと考えている人もいますが、実際は腎臓結石や腎機能の低下など、多くの深刻な副作用をもたらします。

4. 塩

私たちの食生活に最もよく見られる問題の1つは、塩分の摂りすぎです。

自分で作る料理には塩を使わないようにしていたとしても、加工食品には大量の塩分が含まれています。甘い物の中にさえ塩が使われているのです!

塩の摂りすぎは、体液貯留と腎臓結石の生成とを引き起こします。身体は過剰に摂取された塩分を全部排出することができず、体内に残ったものは腎臓系に蓄積される結果となります。

さらに、塩の摂りすぎは血圧を上げ、体重増加につながります。

5. 貝

腎臓結石ができやすい人は、シュウ酸塩を多く含む食品を避けなければなりません。この有機化合物は、腎臓内のナトリウムおよびカルシウムの蓄積を助けます。

シュウ酸塩を一番多く含む食品は貝ですが、それだけではありません。

緑の葉野菜・チョコレート・クルミにもシュウ酸塩がたくさん含まれています。

また腎臓結石を防ぎたければ、食生活からピーナツ・ふすま・ビーツの量を減らしましょう。

セロリとレバーにも、少量のシュウ酸塩が含まれています。

シュウ酸塩の1日の摂取量は50 mgを超えてはならないことを覚えておきましょう。

シュウ酸塩の吸収量を減らすには、カルシウムが豊富な食品を食べましょう。どちらも食べることで、もっと簡単に腎臓をとおりすぎるようになります。

6. 乳製品

乳製品は私たちの食生活によく見られる、大切な食品です。

乳製品はカルシウムが豊富で、私たちの骨の成長や強化に欠かせません。でも、腎臓結石ができやすい人にはおすすめできません。

牛乳・ヨーグルト・チーズを食べると、尿を通して排出されるカルシウムの量が増加します。このため、腎臓結石と老廃物が排出されにくくなります。

食生活においてカルシウムが不足すると、腎臓結石のリスクが高くなります。ですから、適量を摂取するようおすすめします。

言い換えれば、食生活からカルシウムを取りのぞいてはなりませんが、いろいろな形(たとえばアーモンドなど)で摂取するようにしましょう。

腎臓結石を防ぐには何を摂ったらいいの?

さて、ここまでは腎臓結石を防ぐために食べてはならない食品をご紹介しました。ここで、私たちが摂るべき食品を見てゆきましょう。

健康的な食生活を守り、ヘルシーな習慣(エクササイズする・喫煙しない・座りっぱなしでいないなど)を維持するほかに、毎日少なくともコップ12杯分の水を飲むようおすすめします。

一般的によく知られている量は1日にコップ8杯ですが、腎臓結石ができやすい人は水の摂取量を増やす必要があります。

1日に12杯分の水を飲めば、8杯分の尿が生成されます。水はナトリウムの含有量が低いだけでなく、尿管にたまった老廃物を取りのぞくのにも役立ちます。

どうしてもただの水を飲むのが苦手な人は、スムージーや生ジュース、ハーブティーなどを飲んでもよいでしょう。また、水にレモンやその他のくだものを加えて、特別のフレーバーをつけてもOKです。そうすれば身体が必要としている栄養素もいっしょに摂ることができます。

ただし、コーヒー・アルコール飲料・炭酸飲料はNGであることをお忘れなく!

あなたへおすすめ