時間割つきダイエットプラン

· 1月 27, 2016
健康的でバランスのとれた食事を摂取しながら継続して運動を行うことで、体の中にも外にも素晴らしい変化が現れるはずです。

健康的なダイエットプランでは、自己管理が最優先事項です。

継続した食生活の改善と運動により、ダイエットプランの効果を実感することができます。

ダイエットプランを始めたら、毎日何を食べたのか記録して食生活に注意を払いながら、適切な運動を行なってください。

運動を継続するときに大切なのが、週3回、1回に30分の運動を行うことです。

時間帯を問わず、自分のスケジュールに合う時間に運動をすることは大切で、摂取したカロリーを消費し、代謝を促進する効果があります。

20分程度のランニングもしくはサイクリングは、体内に蓄積された毒素を除去するスピードを速め、血液の循環を改善します。

激しい運動を行うときは、必ずウォームアップとクールダウンを忘れないようにしてください。

どのような食生活を送ったらいいかわからないという人のため、バランスの取れた食事の摂取により、自然に体重をコントロールする栄養士が勧めるダイエットプランをご紹介します。

こちらの記事もご参考に:あなたの食事に取り入れるべき6種類の全粒穀物

  • 午前6時~午前7時:起床してすぐは消化機能を促進するために水分を摂取します。お水やフルーツジュース、コーヒーなど、冷たい飲み物がいいでしょう。
こーひー

  • 午前8時~9時:この時間になると、朝食を食べて体に必要な栄養素を摂取することで、体内にエネルギーを補給します。朝食で消費したカロリーで、その日の朝の、1日の活力が決まります。朝食の一例をご紹介します。

   乳製品:チーズ、牛乳、バター、ヨーグルト

   炭水化物:パンやご飯

   タンパク質:卵、肉など

  • 午前11時:フルーツやクラッカーなど、軽食を食べましょう。
りんご

  • 午後12時~午後1時:この時間は、私たちの体が栄養素を取り入れる最適な時間です。必ずこの時間内に昼食を食べるように心がけてください。2種類の炭水化物(パンやご飯など)と、肉類などのたんぱく質、ビタミンやミネラルを含むサラダなどを組み合わせて、体内の機能を効率的に促進します。
  • 午後3時~午後4時:この時間は乳製品またはオーツ麦などの栄養価が高い食品、またはサラダやフルーツを食べて体内に栄養を補給してください。

こちらの記事もお見逃しなく:すぐに食事に取り入れるべき7つの健康的で美味しいレシピ

オート

  • 午後6時~午後7時:夕食には精製された小麦粉を使わない全粒穀物と、タンパク質、そして野菜を積極的に摂取してください。ただし、糖質や脂質が豊富に含まれた食品は消化器官への負担が大きすぎるため、この時間は控えてください。
  • 午後9時~午後10時:就寝の3時間前には食事を終えるようにしてください。

水分補給をお忘れなく!

ダイエットのキーポイントは、水分補給です。

身体組織と運動機能は、十分な水分補給が行われているかどうかで決まります。