時間割つきダイエットプラン

· 1月 27, 2016

良い栄養の摂取と運動でポジティブな変化を招きましょう。体の中にも外にも変化が現れるはずです。

健康的なダイエットプランを探すなら、自己管理が優先されるべきです。定期的な運動の成果は、継続一貫しておこなうことで得られます。始めに、1日を通してどんな物を食したか記録しましょう。ダイエットと同時に運動を行いましょう。夕方に運動をすることは、代謝を促進し、短期間でのダイエットを助けます。しかし何より重要なのは体に活力を与えるため、そして健康維持のために、1回に30分の運動を週3回は行うことです。時間帯を問わず、運動をすることは大切です。これは摂取したカロリーを消費し、代謝を刺激します。20分のランニングもしくはサイクリングが、毒素を除去するスピードを速め、血液の循環を改善します。いつ、何を、どのように行うかが分かるような、きちんとしたダイエットプランがあると、より効果的です。食事への考慮も必要です。

バランスの取れた食事は自然に体重をコントロールし、結果として体を助けています。以下は栄養士が勧めるダイエット・プランです。

 

  • 午前6時~午前7時: 睡眠後の体と、消化を刺激するために水分を摂取します。お水やフルーツジュース、コーヒーなど、冷たい飲み物がいいでしょう。
こーひー

  • 午前8時~9時: この時間になると、体は朝食からのエネルギーが必要になってきます。朝食で消費したカロリーで、その日の朝の、そしてその日全体の活力が決まります。朝食は以下を含む物を食します。

   乳製品:チーズ、牛乳、バター、ヨーグルト

   炭水化物:パンやご飯

   タンパク質:卵、肉など

  • 午前11時:フルーツやクラッカーなど、軽い物を食します。
りんご

  • 午後12時~午後1時:体が栄養分を取り入れる最良の時間であることが分かっているため、必ずこの時間内に昼食を取ります。体には体内時計があり、研究者たちは1日の中でこの時間に食べることが、栄養を取り入れる上でいいと断定しています。昼食は2種類の炭水化物(パンやご飯など)と、肉類などのたんぱく質、ビタミンやミネラルを含むサラダなどで体の機能を効率化します。
  • 午後3時~午後4時:乳製品を取ることをおススメします。オーツ麦もいいでしょう。栄養価が高いので、体にエネルギーを与えてくれます。サラダやフルーツを食べるのにも適した時間です。
オート

  • 午後6時~午後7時:夕食には小麦製品などの穀物と、フルーツやはちみつを含むこともできます。ビスケットやジャム等を食することもできます。
  • 午後9時~午後10時:夜間、消化器官は胃炎や潰瘍を引き起こしうる酵素と消化液を出して活発に活動します。従ってピーナッツやアーモンド、りんごやぶどうなどのフルーツといった軽めの物を食します。

 

水分補給をお忘れなく!

ダイエットのキーポイントは、水分補給です。身体組織と運動機能は、十分な水分補給が行われているかどうかで決まります。