自分と恋人の、お互いを想う強さが違うかもと感じた時

私が恋人を愛するほど、恋人は私の事を愛してくれていない、そう感じたことがありますか? その時どんな気持ちになりましたか? 実はこういう風に感じているのはあなただけではありません。あまり深刻にならず、愛する人と一緒にいる幸せを大切にしましょう。

恋人関係を続けていると、2人の想いの強さに差があるんじゃないかと感じることは良くあります

「私の方があなたを愛している」と感じるのは辛いですか? 愛は互いのバランスが取れている方が理想的です。しかし、いつもそうでいられるとは限りません。

恋人関係では、愛情の強い方が傷つくかもしれないリスクを背負っています。もしあなたがそちらの側で、愛情の程度に差があるという事実を意識し始めると、それがとても苦しくなり、このままこの関係を続けるべきなのか、とまで考えるようになります。

よくカップルがふざけて「私の方があなたをずっと愛してる」「いや、僕の方がずっと君を愛してるよ」などと言い合うことがありますが、これが現実のものとなったらどうしますか?

些細な問題のような気がしますが、もし自分が恋人より愛情を多く注いでいると感じたら、大抵の人は怒りを感じるものです。

ですが残念ながら、これは受け入れなければならない現実なのです。そもそもいつも2人が同じくらい想い合うことなど可能でしょうか?

 

愛情の差にとらわれると、関係を疑うことになる

中には自分の方が愛情が強いという事を嬉しく思い、全てを相手に投げうつ人もいます。

普段の生活で誰かと比べたり競ったりするくせがついているのかもしれませんが、愛情は競い合うものではありません

互いの愛情の強さに気を囚われていると、恋人が「愛している」と言ってもそれが本当なのか疑いを持つようになります。そして、恋人のどんな行動に対しても「あまり愛されていない」と考えるようになるのです。その全てはあなたの単なる想像なのに、それに気づくことがなかなか出来ないのです。

どちらがどれだけ愛しているかなど、あまり深く考えてはいけません。今の状況を受け入れることが、恋人をも受け入れることになるのです。恋人の完璧な部分とそうじゃない部分両方を愛しているんだという事を忘れないでください。

もしそれが難しいようなら、別な視点から2人の関係を見てみましょう。過去の恋人や、恋人になったかもしれない人との関係を考えてみてください。いつもあなたの愛情の方が相手より強かったですか?

きっと答えは「いいえ」だと思います。恋人との関係性は、その人、その時々で違うのです。

 

自分が感じていることを伝える

もし、あなたが「私の方が恋人を愛している」と感じるなら、それを相手にも伝えましょう

たぶん恋人はあなたが2人の関係をどう感じているか、あなたの状況がどんなものなのか気づいていないでしょうし、伝えることであなたも他の視点から2人の関係を見直すことが出来るいい機会になるかもしれません。

一人で抱えこんでいると、恋人との関係を壊してしまうかもしれません。もっと愛してほしい、なんで私が想うほど想ってくれないの?そう考えれば考えるほど、あなたの気持ちはどんどん動揺するのです。しかし、実際はただ単にコミュニケーションが足りていないだけなのです。

自分が感じていることを声に出して恋人に伝えれば、それが単なる自分の思い込みだったことに気づくかもしれません。

気持ちを閉じ込めれば閉じ込めるほど、苦しみはどんどん深まっていきます

自分の気持ちの深い部分を共有すれば、恋人もあなたを安心させようと努力してくれるかもしれません。

ですが、こういった反応を期待するのも禁物です。恋人がどんな反応を示そうと、コミュニケーションをとる事はお互いにとって、とても大切なものです。

 

恋人との距離を大切に

恋人との距離感はとても大切です。恋人の事を「私のもの」「いつも一緒にいるべき人」などどいう間違った考えを抱いてはいませんか?

こういった考えは、いつか二人の関係を壊してしまいます。

あなたの愛情が恋人より強いと感じている分、恋人と常に一緒にいたいと思うのでしょう。自分が抱える恋人への”疑惑”をこういった形で愛情を図り、解決しようとしてしまうのです。

しかし、結果はあなたが思っているものと逆になる可能性があります。常に一緒にいようとするあなたを、恋人は疎ましく思い、自分の時間が欲しい、少し距離を置きたいと感じるようになるかも知れません。

恋人がなかなか電話をかけてこないと悩みますか? なぜ恋人から避けられていると思うのですか? 気を付けてください! それは依存や支配欲の始まりかも知れませんよ。誰でも自分の時間、自分のスペースが必要なのです。

私が恋人を愛するほど、恋人は私の事を愛してくれていない、そう感じたことがありますか? その時どんな気持ちになりましたか? 実はこういう風に感じているのはあなただけではありません。あまり深刻にならず、愛する人と一緒にいる幸せを大切にしましょう。