胃腸炎になる7つの原因

3月 27, 2019
胃腸炎の主な原因、あなたはご存知ですか?

胃腸炎の症状はとても不快なもので、食欲不振、下痢、吐き気、嘔吐などを引き起こします。原因も様々なのですが、あなたはその予防法を知っていますか?

特定の微生物を含んだ食べ物を食べることで感染し、胃や小腸、特に十二指腸の壁が炎症を起こした状態を胃腸炎と言います。

胃腸炎を引き起こす微生物は、ウイルスから細菌、非感染性のものまで幅広くあります。この病気は予防するには、気を付けなければならないことが多々あります。年齢に関係なく完治までには時間がかる上、痛みも伴います。

 

胃腸炎の主な原因を知ってる?

感染症

・ウイルス

・バクテリア

毒素

・寄生虫

・薬

・有害物質

乳糖不耐性

こちらもご覧ください:胃腸炎について知るべき全てのこと

 

ウイルス

ウイルス 胃腸炎

ロタウイルスは胃腸炎の原因となる最も一般的なウイルスで、これは食物汚染によって感染します。特に予防接種を受けていない赤ちゃんに影響を及ぼします。

アデノウイルスやアストロウイルスは子供たちの体に炎症を引き起こし、下痢や吐き気、嘔吐などの症状が出ます。下痢を起こしている70%の原因は、この2つのウイルスによるものです。特に汚染された食物を食べた2歳から7歳の子供たちに影響します。

 

細菌

胃腸炎を引き起こす細菌はたくさんあります。ですが最も一般的なものはカンピロバクタージェジュニで、それに続いて糞便と直接接触することで感染するサルモネラや大腸菌があります。

また、細菌によって汚染された鶏肉を食べることも原因の1つです。鶏肉は処理後数時間室温に放置されている場合があり、そのためコロニー形成細菌にさらされることになるのです。

 

毒素

毒素 胃腸炎

胃腸炎の隠れた原因に、細菌によって生成されるクロストリジウム・ディフィシルがあります。適切な処理を加えられていない食べ物を食べると、数時間後に下痢を起こしてたりします。

こちらもご覧ください:デトックスを習慣化するための方法3選

 

寄生虫

寄生もまた、胃腸炎の原因となります。最も一般的な寄生虫はエンタムバヒストリチカで、次にガーディアランブルブラが続きます。どちらも適切な処理を加えられていない食品に潜んでいます。

ガーディアランブルブラは旅行者が胃腸炎をおこす主な原因となるものです。また、エンタムバヒストリチカはアメーバとして知られており、胃腸炎や下痢を引き起こします

もし胃の調子が悪いなら、一般的な腸内寄生虫の症状がないかどうか注意してい見てください。

 

生活習慣が胃腸炎を引き起こしているのかも

お腹の痛み 胃腸炎

乳糖不耐性で苦しんでいる人も多くいます。これは、牛乳、チーズ、バター、ヨーグルトなど乳製品を食べたり飲んだりすることで引き起こされている可能性があります。

これらの乳製品は胃腸をけいれんさせたり、収縮させたりします。乳糖を体外に排出する腸の動きを経て痛みがなくなります。

 

薬の副作用が原因となることもあります。下痢、腹痛、吐き気、嘔吐などの副作用のある薬があります。非ステロイド系の炎症薬(NSAIDs)などがこういった副作用を持っていることが多いです。これは、胃酸に反応することで症状が出ます。

 

アルコール

アルコール 胃腸炎

中毒はもちろんのこと、アルコールからは様々な悪影響を受けます。アルコールは胃粘膜に炎症をおこし、非感染性胃腸炎を引き起こします。症状は腹痛、下痢などです。そのどちらもアルコールが体から抜けると共になくなります。