ホームスクーリングについて知っておくべきこと

ホームスクーリングには、賛成する人も反対する人も両方います。子供がより良い人間になる効果的な教育方法だと考える人もいる一方、世間知らずな子供になりかねないと考える人もいます。どちらが正しいのでしょうか? 詳しくはこの記事をご覧ください。
ホームスクーリングについて知っておくべきこと
Elena Sanz

によって書かれ、確認されています。 心理学者 Elena Sanz.

最後の更新: 14 11月, 2022

ホームスクーリング(家庭教育)とは、その名の通り、家庭で子供を教育することです。このトレンドは、いくつかの国では根付いていますが、まだ新しい考えとされる国も多く、一般的な慣習になるには法的な障壁に直面しています。

ホームスクーリングは1970年代に米国で生まれました。教育学者で作家のジョン・ホルトが、従来の学校教育の有効性を疑問視し、推進したものです。その後、ホームスクーリングの流れはヨーロッパなどにも広がりました。

2020年の世界的な危機をきっかけに、ホームスクーリングの考えが力を持つようになったのです。現在では教育の主流とは言えませんが、着実に広がりを見せていることがうかがえます。

ホームスクーリング

ホームスクーリング

ホームスクーリングとは、従来の教育システムとは別に、家庭で子供を教育することを決めた人たちがとる教育方法のことです。独自の方法論と教育法を用い、独自のカリキュラムを設計します。

この運動は、特に道徳的、宗教的な問題から始まりました。特定の宗教宗派で特定の信念を持つ家庭の中には、伝統的な学校は自分たちの家庭やコミュニティの価値観を推進するものではないと考えるものがいました。そのため、彼らは法的手段によって、子供を家庭で教育する権利を手に入れたので す。

この流れを擁護する人々の多くは、子供が公立学校に統合される適齢期は16歳だと考えています。この年齢では、すでに家庭で基礎が身についているので、この選択肢を選ぶ人たちは、公立学校の現実を克服するためのより多くの基準を与えると考えているわけです。

ホームスクーリングや家庭教育を実施するための具体的な方法はありません。 親がどのように子供を教えたいかは、自由に決めることができます。子供の興味やリズムに合わせた教育をすることもあれば、標準化された教育をすることもあります。

ホームスクーリングの特徴とメリット

ホームスクーリングとは、つまるところ個性的な教育」への取り組みです。一般的には、教育過程における子供の自主性を促進し、子どもが内発的に必要とする学習意欲を確保しようとするものです。

また、価値観をより重視するための選択肢でもあります。その目的は、子供の認知機能を刺激するだけでなく、良い人間を形成することです。また、知識に対する愛情も育まれると、ホームスクーリングの推進者は主張しています。

一方、ホームスクーラー、つまり家庭教育を受ける生徒たちは、家族との絆を深めることができると言われています。多くの場合、家族全員にとって有益な共同学習プロセスだと考えられています。もちろん、親の献身的な努力も必要です。

ホームスクーリングの実践方法

親にとって、ホームスクーリングは大きな挑戦です。家庭の生活が子供の学習に影響を与えないように、またその逆も然りで、物事を整理していかなければなりません。最大の難関は、このプロセスを現実に効率よく進めるための条件を整えることにあります。この教育方法を実施するために考慮しなければならない側面は、次のとおりです。

ルーチンを持つ

ルーチンは秩序だけでなく、安心感や信頼感をもたらします。だからこそ、毎日の習慣を確立し、行うべき活動に基づいて時間を構成することがとても大切なのです。これを促進する行動には、次のようなものがあります。

  • 子供たちが見てもわかりやすい週間カレンダーを作成する。
  • できるだけ、その都市や国の通常の学校カレンダーに合わせるようにする。
  • 最初から学年全体の計画を立てる。
  • 休みの時間を確保する。

注意すべきは、日課を作らない、あるいは非常にフレキシブルにする家庭もあるということです。安定した習慣を導入しない目的が明確であれば、ホームスクーリングでも全く問題ありません。

学習プロセスを構造化する

どのような方法論を採用するにしても、一番良いのは、何らかの教育学的基準に従って、授業を計画し、教えることです。理想的には、子供のニーズ、可能性、興味に適応させることです。

楽しいコンテンツを用意する

子供にとって興味深く、楽しい内容にする方法を見つけるのが一番です。ホームスクーリングや家庭での教育は、学校のように大勢の生徒を相手にする難しさがないため、この点で豊かなものになる傾向があると言えます。

整理整頓をする

ホームスクーリングの鍵のひとつは、整理整頓です。アイデアや方法、活動の展開など、秩序がないと、子供たちが混乱したり、教えを生かしきれなかったりする恐れがあります。また、やる気をなくしてしまう可能性もあります。

カリキュラム

ホームスクーリング
ホームスクーリングは、家庭生活と教育生活を調和させなければならない保護者にとって、大きな挑戦となります。

ホームスクーリングで重要なことの一つは、子供たちに何をどのような順番で教えるかということです。カリキュラムを準備することが必要で、これには、学習内容、方法論、技能や能力の開発における目標、そしてプロセスの評価などが含まれます。

カリキュラムを適切に設定するには、次の側面を考慮に入れましょう。

  • 目標設定これには、一般的な教育目標と、教えるべき各教科の具体的な目標が含まれます。保護者は、「子供は何を達成することが期待されているのか」という問いに答えを出す必要があります。
  • 教科。教える教科を慎重に定める必要があります。少なくとも基本的な部分では、他の子供たちが伝統的な学校で学ぶことと同じであることが望まれます。
  • 教科を細分化する。各教科の一般的な内容を特定し、複雑度の低いものから順に並べるのがベストです。
  • サイクルを確立する。通常、内容はサイクルによって分けられます。つまり、始まりと終わりを設定することです。例えば、文法の訓練はどのような内容で始まり、何をもって完了とするか、などです。
  • ツールや教材を定義する。本やビデオ、ゲームなど、学習内容を伝えるための道具や教材を決めます。
  • 評価計画を立てる。目標が達成されたかどうかを確認するために、定期的に学習を評価することが必要です。

ただし、研究室など、自宅では設置が難しいスペースへのアクセスには疑問が残ると言わざるを得ません。

本当にこのトレンドに乗りたいかどうかを考える

ホームスクーリングは、ほとんどの国で法律や規制がないため、賛否両論がある方法です。多くの専門家は、子供から学校での仲間との交流を奪うことは、心理社会的な発達に逆効果だと考えています。

ホームスクーリングに代わるものとして、「ハイブリッド学習」と呼ばれる教育方法があります。これは、学校とホームスクーリングを組み合わせるというものです。これはより柔軟なアプローチで、両方の環境から最良のものを引き出せる可能性があるものです。

こちらの記事もおすすめです。
叱る前に!子供の教育に役立つ5つのテクニック
みんな健康
で読むことができます。 みんな健康
叱る前に!子供の教育に役立つ5つのテクニック

子供に何かを教えるとき、罰や厳しく叱ることだけが唯一の方法ではありません。子供の成長や発達を促進するのに効果的な教育方法は数多く存在しています。多くの心理学者や小児科医、そして専門家は、子供に怒鳴ったりたたくなどの体罰はその瞬間しか機能しないと話します。



  • Zúñiga Meléndez, A., Leiton de Sulia, R., & Naranjo Rodríguez, J. A. (2014). Del sistema educativo tradicional hacia la formación por competencias: Una mirada a los procesos de enseñanza aprendizaje de las ciencias en la educación secundaria de Mendoza Argentina y San José de Costa Rica.
  • Pérez Guerrero, J., & Ahedo Ruiz, J. (2020). La educación personalizada según García Hoz. Revista complutense de educación.
  • Avalos-Obregón, M. L., Avalos-Obregón, M. D., & del Pozo, F. C. (2018). Homeschooling una alternativa en educación. Polo del conocimiento, 3(10), 205-222.