膝の痛みの原因と対策

· 10月 16, 2015
最初に鋭い痛みを感じたなら、必ず専門家を訪れるようにして下さい。差し込むような痛みにはテーピングなど、有効な方法があります。

最近の怪我であれ、古傷であれ、また昔した怪我がちゃんと治っていない場合であれ、とにかく膝の痛みはかなりつらいものです膝は私たちの全体重を支えているばかりでなく、無理な動きや時には体重超過にも耐えているのです

これからの痛みの原因を考え、痛みを和らげたり治したりする家庭でもできる、ハーブやオイルやさらに野菜といったものを使用した方法をご紹介しましょう。

膝の痛みの原因としてかんがえられるもの

ここにその原因として考えられるものをいくつかあげてみましょう。

関節;関節の腫れによるもの ・滑液包炎;膝への極度の緊張、または過度の負担が原因となる腫れ

腱鞘炎;ランニング、ジャンプ、また速足であるくことによるアキレス腱への負担による腫れ。膝の腱鞘炎はアキレス腱断裂の原因ともなりえます。

靭帯の損傷または断裂;多くの場合ギシギシとした感覚、または鋭い痛みを感じるはずです。

半月板の損傷;膝の無理な動きにより起こることが多いです、また強い痛みを感じることは少ないのですが、それはすぐ現れる場合もあれば、数日後に現れる場合もあります。

筋肉のすじ違い、捻挫;靭帯が原因の場合もありますが、多くの場合はねじったことによることが原因です。

・ベーカー嚢胞;この場合は不要な液体が膝にたまることによって起ることが多いでしょう。 また継続的に、原因を見つけられることなく膝の痛みに苦しんでいる場合には、中医学、漢方等に頼ってみるのも一つの方法でしょう。膝は特に腎臓の問題が現れやすい個所だといわれています腎臓の問題がなくなるとともに膝の痛みがなくなる、ということもあるのです。

無題

膝の痛みにはどう対処したらいいの?

・もし最初に鋭い痛みを感じた場合は、まずその個所は絶対に動かずに、冷やして様子をみてください。そのあとかかりつけの医者にいって適切な診察を受けるようにして下さい。

・それが前から続く痛み、または継続的に続いているもの、また原因がはっきりしないものであれば、物理療法士、整骨士等、多くのプロスポーツ選手がするようなテーピングの専門技術、知識をもつ方々のところにいって、施術してもらうのもいいでしょう。

 

では家庭でもできる方法にはどんなものがあるでしょうか。

キャベツで湿布する

キャベツは腫れをひかせるのに最適の食材だということはご存知ですか? キャベツを使って湿布する場合にはまだ青いキャベツを使用してください。そして熱湯で軽くゆでて、固く絞って水気をきってください。それを膝の腫れている部分に直接、または布、プラスティック加工した紙等と一緒に30分程度当てるようにして下さい。

 

オイルをつかったマッサージ

膝の持つ熱の状態によって、ご家庭にある自然のオイルを温めるため、または熱をとるために使用することができます。

腫れがある場合、または赤く腫れている場合;50ミリリットルのアーモンドオイルとミントのエッセンシャルオイルを15摘

痛みはあるが、熱は特に持っていない場合;ゴマ油、またはオリーブオイルとしょうがのエッセンシャルオイルを15摘

 

オトギリソウのオイル

オトギリソウのオイルがこのような治療にとてもいいことをご存知ですか? 代謝をあげることに有効で(しかも打撲、やけど、傷跡などにも使えます)その上、自然の抗うつ薬としても使えるのです。 オトギリソウの花をよく叩いて柔らかくした後、オリーブオイルにひたし30日以上戸外においてください。そのうちにオイルが赤みがかってくるはずです。それを一日に2回から3回マッサージしながらやさしく膝にぬりこんで下さい。

 

アルニカの使用

アルニカはスポーツ選手や炎症防止のために自然療法を使う人にとってはポピュラーな方法です。薬局やハーブを扱う店でクリームやジェルを販売しています。

もしホメオパシー療法を試してみる場合にはクリームを使用するか、またはアルニカ・モンタナ9chと呼ばれる治療薬を、通常の飲食、味の濃いもの、メントール類とは別に一日に3回3錠舌下服用するようにして下さい。

無題