左向きで寝るとカラダにいいってホント?

カラダの左側を下にして寝ると、内臓の多くが働きやすくなり、その健康が守られます。また、血行と消化を助けます。
左向きで寝るとカラダにいいってホント?
Valeria Sabater

によって書かれ、確認されています。 心理学者 Valeria Sabater.

最後の更新: 23 10月, 2022

ふだん寝るとき、どちら向きで寝ていますか。右? 左? それとも仰向けでしょうか。専門家は左向きで寝ることをすすめています。今回は、左向きで寝ることのメリットとは何かをご紹介します。

 左向きで寝ることの5つのメリット

この記事のタイトルを見て、エッ? と驚かれたかもしれませんね。ある方向を向いて寝るとカラダにいいなんて、これまであまり考えたことがなかったかもしれません。でも、これって、大切なことみたいですよ。

東洋医学では、昔から左向きで寝ることを推奨してきました。『ジャーナル・オブ・クリニカル・ガストロエンテロロジー』に最近掲載された論文で、ジョン・ドゥイヤール博士は、いくつかの簡単な原則を紹介し、左向き睡眠が身体にいい理由をわかりやすく説明しています。以下、その内容をかいつまんでご紹介します。

1. リンパ液の正常な排出のため

ドゥイヤール博士によると、左向きは一番自然な寝姿だそうです。身体の左側は、リンパ系の優位側。リンパ液はこちら側で排出されます。リンパ系は、タンパク質やグルコース・代謝物質のような大切な成分や、リンパ節によって濾過(ろか)され、身体の左側に排出されなければならない成分を運びます。左側睡眠の第1の理由はリンパ系のためであることを覚えておきましょう。

こちらもお読みください:リンパデトックスを行う6つの方法

2. 解剖学上の理由から

昔習ったことで覚えていないかもしれませんが、胃と膵臓は大部分が身体の左側にあります。左向きに寝ると、消化を助けます。胃液の流れを正常にし、膵臓酵素の分泌をうながすからです。このため左向きに寝ると、身体が食物を少しずつ消化するのを助け、右向きに寝たときのようにいっぺんに消化しようとすることを防ぎます。

3. 心臓の健康のため

睡眠

おどろきましたか? ドゥイヤール博士によると、心臓の80%は身体の左側に位置しており、左側を下にして寝るだけで、簡単かつ自然にー主にリンパ液を排出しやすくすることでー心臓の健康を守ることになるそうです。もうひとつ考慮すべき点は、大動脈は腹部に達するために、心臓から左側にアーチを描くようにして出ていくこと。つまり、左側を向いて寝ると、心臓は血液を送り出しやすくなり、稼働効率がよくなるというわけです。

こちらもお読みください:気付かずにやっている? 心臓に悪い7つの習慣

4. 食後の昼寝のため

昼寝を日課としている人、またはたくさん食べたあとにどうしても眠くなる人は、左向きに寝るようにしましょう。その方が消化にいいからです。目覚めがよくなり、寝起きの疲労感腹痛も防げます。左を下にして昼寝した後、どんなに気分がよくなるか、試してみてください。

5. 膵臓の健康のため

ぐっすり眠る

膵臓も身体の左側にあります。膵臓もリンパ系の一部であり、消化液とホルモンを分泌し、正常なリンパ機能を守っています。左側を下にして寝ると、重力の関係で膵臓に体液が流れ込みやすくなります。私たちのリンパ系の大部分は、身体の左側で機能していることを覚えておきましょう。

これで、どうして左向きで寝るとカラダにいいのか、おわかりになったことでしょう。さっそく今夜から試してみませんか?



  • Hoque, E., Dickerson, R. F., & Stankovic, J. A. (2010). Monitoring body positions and movements during sleep using WISPs. https://doi.org/10.1145/1921081.1921088
  • Jarus, T., Bart, O., Rabinovich, G., Sadeh, A., Bloch, L., Dolfin, T., & Litmanovitz, I. (2011). Effects of prone and supine positions on sleep state and stress responses in preterm infants. Infant Behavior and Development. https://doi.org/10.1016/j.infbeh.2010.12.014
  • Victores, A. J., Hamblin, J., Gilbert, J., Switzer, C., & Takashima, M. (2014). Usefulness of sleep endoscopy in predicting positional obstructive sleep apnea. Otolaryngology – Head and Neck Surgery (United States). https://doi.org/10.1177/0194599813517984
  • Person, E., Rife, C., Freeman, J., Clark, A., & Castell, D. O. (2015). A Novel Sleep Positioning Device Reduces Gastroesophageal Reflux. Journal of clinical gastroenterology49(8), 655-659.
  • Dantas, R. O., & Aben-Athar, C. G. (2002). Aspects of sleep effects on the digestive tract. Arquivos de gastroenterologia39(1), 55-59.
  • Leung, R. S., Bowman, M. E., Parker, J. D., Newton, G. E., & Bradley, T. D. (2003). Avoidance of the left lateral decubitus position during sleep in patients with heart failure: relationship to cardiac size and function. Journal of the American College of Cardiology41(2), 227-230.
  • Penzel, T., Möller, M., Becker, H. F., Knaack, L., & Peter, J. H. (2001). Effect of sleep position and sleep stage on the collapsibility of the upper airways in patients with sleep apnea. Sleep24(1), 90-95.
  • Lee, H., Xie, L., Yu, M., Kang, H., Feng, T., Deane, R., … & Benveniste, H. (2015). The effect of body posture on brain glymphatic transport. Journal of Neuroscience35(31), 11034-11044.

ここに記載された内容は、情報提供のみを目的としたものです。専門家による診断、治療、推奨を促進したり、それらに代わるものではありません。疑問がある場合は、信頼できる専門医に相談し、許可を得てから施術を開始しましょう。