ヘアカラーを自然に取り除く4つの方法

ヘアカラーの色を少しずつ取り除いていくのに効果的な自然素材がいくつかあります。ただし、一気に色を抜くことができるわけではないのでご注意を。
ヘアカラーを自然に取り除く4つの方法

によって書かれた Katherine Flórez

最後の更新: 06 12月, 2022

イメージチェンジをした後で髪の色が気に入らずに、髪を痛めることなく色を元に戻したいと思うことがあるでしょう。

ヘアカラーの髪への影響はかなり大きなもので、色を変える前によく考えて決める必要があります。その場の勢いで間違った決断を下してしまうと、実際に髪を染めるときになって後悔してしまうかもしれません。

じゃあ、実際にイメチェンをした後でそのルックスが気に入らなかった時はどうしたらいいの?思う人もいるかもしれません。

ヘアカラーを取り除いて髪の色を少し明るくするのに、家でできる方法がいくつかあります。ただし、どの色で染めたか、またヘアカラー自体の質など、様々な要因によって結果が変わることもあるので注意してください。

髪を染めるときによくある間違い

ヘアカラーをどうやって取り除くかを見ていく前に、ヘアカラーを使う際によく私たちがやりがちな間違いについて見てみましょう。次のようなものがあります。

  • 安価なヘアカラーを使う:安価なヘアカラーの中には、髪が均一に染まらなかったり、抜け毛の原因になる製品があります。「Clinica Cleveland」の記事によると、質の悪いヘアカラーの中には、頭皮を傷つけて痛みやフケの原因になるものもあります。
  • 髪が長いのにヘアカラーを1箱しか買わない:髪全体に均一に塗れるだけの量がなく、良い結果が得られないことがあります。
  • 染めた後に正しいトリートメントをしない:金髪、赤、紫などのはっきりとした色を使ったときです。このような場合にトリートメントを怠ると、色が落ちていってオレンジっぽく色褪せてしまいます。

ヘアカラーを自然に取り除く方法

ヘアカラーを自然に取り除く方法は、民間療法の一部です。そのため、その安全性や効果について、科学的な裏付けはまだありません。もし何かおかしなことに気が付いたら、すぐに使用を中止してください。

これらの効果はすぐに表れるものではなく、使用する際には慎重に行わなければならないことを忘れないようにしましょう。髪が細かったり柔らかいと、痛めてしまう場合があるからです。

また、安全だと確信できる方法であっても、髪のごく一部を使ってテストをしてみることをお勧めします。そうすれば、何か異常があっても確認ができます。

 

1.ヘアカラーを取り除くヘアパック

このリンゴ酢を使ったヘアパックは、少しずつヘアカラーを落としていくのに役立ちます。お酢は自然のコンディショナーや艶出しとして機能します。

ただし、髪が細かったり弱い人や、頭皮が敏感な人には刺激が強すぎる可能性があるので注意してください。このような人はこのヘアパックは避ける、もしくは少量を慎重に使ってみるようにしましょう。

必要なもの

  • アップルサイダービネガー 大さじ4(40ml)
  • シャワーキャップ

作り方

  • 容器にリンゴ酢と水を入れます。
  • リンゴ酢が良く溶けるまで混ぜます。

使用方法

  • 髪全体につけます。
  • 髪全体に液が行き渡った状態で、数分間頭を軽くマッサージします。
  • 頭にシャワーキャップをかぶり、数分置きます。
  • 数分経ったら、たっぷりのぬるま湯で頭をすすぎましょう。

ヘアカラーの色が濃い場合は、最大で週3回まで繰り返すことができます。また、髪の量が多い場合は、それに合わせて量を増やしましょう。

2.シャンプー

洗髪

フケ防止のシャンプーには、硫化セレンが入っていることが良くあります。これに重曹の漂白効果が加わると、髪の色を落とす助けになります。

ただし、この方法も効果はすぐに出るものではなく、段階的です。効果を出すには、最低でも週に2回行いましょう。また、髪が痛んでいる場合は使用を避けましょう。

材料

  • フケ対策シャンプー(必要なだけ)
  • 重曹 大さじ2(20g)

必要なもの

  • ガラスの容器

作り方

  • 普段使うシャンプーの量をガラス容器に入れます。
  • これに重曹を入れて、均一になるまで混ぜます。

使用方法

  • シャンプーをするときのように髪につけます
  • 全体に広げてマッサージをした後、数分間そのままにしてください。
  • 最後にぬるま湯でしっかりと洗い流してください。

注意:重曹は髪をかなり乾燥させるため、量は最小限にしてそれぞれの使用の間に時間を置くようにしましょう。色を落とすために一週間の間に何度も使うと、髪がパサパサになる可能性もあります。

3.レモン果汁

健康と美容にレモン果汁

レモン果汁とオートミルクを使ったヘアパックは、染めてある髪の色を落とすのに効果的です。しかし、あまり長く髪につけたままにしておくと、髪が乾燥します。適量を心がけ、置くのは最大で5分までにしましょう。もし何か異常に気が付いた場合は、すぐに使用を中止しましょう。

材料

  • レモン果汁 5滴
  • 温めたオートミルク(必要量)

使用方法

  • 容器に両方の材料を入れ、均一になるまで混ぜます。
  • これを髪に塗って、数分おきます。
  • その後ぬるま湯でよくすすぎます。

4.レモンとオリーブオイル

レモンはその酸が色を落とす助けになります。しかし髪を痛める心配もあり、量は最小限にし、しっかりと保湿できる別の材料(例えばオリーブオイルなど)と組み合わせて使う必要があります。

材料

  • レモン汁 4滴
  • オリーブオイル(必要なだけ)

準備

  • 両方の材料をボールで混ぜます。

使い方

  • まず、お風呂でいつも通りに髪を洗います。
  • シャンプーをつけたらしっかりを泡を立てて洗い、5分そのまま置きます。
  • シャンプーの上から、レモン汁とオリーブオイルの液をつけます。
  • 円を描きながらのマッサージで髪全体にこれを広げ、さらに5分置きます。
  • 最後に、髪をたっぷりのぬるま湯で流します。

色を落とす際には細心の注意を

ヘアカラーの色を一発で落とせる方法はありません。しかし、家でできる方法で、少しずつ色を薄くしていくことはできます。ただし、特に髪が痛んでいる場合や頭皮が敏感な人は、常によく注意するようにしてください。

効果的かつ髪を痛めずにヘアカラーの色を抜くためには、良く下調べをして知識をつけ、できれば美容室へ行ってプロに頼むのが良いでしょう。

そうでなければ、忍耐強く待って、髪を洗っていくうちに少しずつ色が抜けていくのを待ちましょう。特に今の髪の色が気に入らない場合は待つのが難しく感じられるかもしれませんが、髪を痛めないためにも必要なことなのです。

こちらの記事もおすすめです。
目立ちはじめた白髪を減らすために家でできる6つの対処法
みんな健康
で読むことができます。 みんな健康
目立ちはじめた白髪を減らすために家でできる6つの対処法

まだ若いのに目立ち始めた白髪は健康には影響はありませんが、見た目かかわるよくある問題として人々を悩ませています。髪が自然と色を失ってしまうのは、メラニンの生成量が減少することで髪が白やグレーになるためです。これはごく一般的な老化現象ではありますが、ストレスや遺伝などの要因もそのプロセスを促進す...




ここに記載された内容は、情報提供のみを目的としたものです。専門家による診断、治療、推奨を促進したり、それらに代わるものではありません。疑問がある場合は、信頼できる専門医に相談し、許可を得てから施術を開始しましょう。