ヘアブラシを清潔に保つコツ

ヘアブラシは、頭皮の健康を損なう細菌の温床になりかねません。そこで、ヘアブラシを清潔に保つ方法についてご紹介したいと思います。
ヘアブラシを清潔に保つコツ

最後の更新: 19 5月, 2021

ヘアブラシのお手入れ方法をご存知ですか?

ヘアブラシは、使うたびに髪の毛が溜まっていくのが普通です。抜けて行く髪の中には、途中で切れてしまうものや、新しい髪が生えてくるために抜けてしまうものもあります。いずれにしても、ブラシに溜まるのは髪の毛だけではありませんので、定期的に掃除することが大切です。

ブラシを清潔に保つことで、髪や頭皮への悪影響を防ぐことができるのは間違いありません。というのも、ブラシには、ホコリや使用した製品の油分(または頭皮からの分泌物)、細菌、環境の汚染物質などが蓄積されているからです。

汚れが使うたびに蓄積され、髪に影響を与えないように、ブラシを綺麗に保つ簡単なコツをご紹介したいと思います。

なぜヘアブラシを清潔に保つのが重要なの?

先に述べたように、ヘアブラシは汚れやバクテリア、カビの発生源になります。実際に、頭髪、眉毛、髭などには、環境中のさまざまな微生物が生息しているという研究結果があるのです。

そのため、これらの微生物を増殖させないためには、洗髪とブラシの洗浄が欠かせません。汚れたブラシできれいな髪をとかすと、せっかく洗い流した菌がまた髪に付着してしまうので、両方を同時に行うのが理想的です。

ヘアブラシ 清潔に 保つ
髪をブラッシングするたびに、髪の毛や微生物、油分などがブラシに付着します。

どのくらいの頻度で掃除すればよい?

米国皮膚科学会によると、1日に50本から100本の髪の毛が抜けるそうです。そしてそのほとんどがヘアブラシに絡みついているのです。では、計算してみましょう。1週間、1ヶ月でどれだけの髪の毛がたまるでしょうか? かなりの量になりますよね。

そこで、ヘアブラシの洗い方に決まりはありませんが、こまめに掃除をすることをおすすめします。下記を基準にしましょう。

  • ヘアスプレーや洗い流さないトリートメントなど、髪につけるものが多い方は1週間に1回。
  • 普段から髪をきれいにしていて、トリートメントやオイルなどの使用量が少ない場合は2週間に1回。

いずれにしても、毎日ブラシに絡みついた余分な髪の毛を取り除くことが大切です。

こちらもお読みください:髪を毎日洗わなくても良い10の方法

ヘアブラシの掃除方法

ブラシやコームの洗浄・消毒はとても簡単で、時間もかかりません。重曹などの天然成分を使用すれば、肌のpHを変えることもありません。重曹は肌のpHを変えず、むしろ調整してくれるので、ブラシを傷めたり酷使したりすることもありません。

それでは、ヘアブラシを効果的に洗浄する方法を順を追って見ていきましょう。

1. 余分な毛を取り除く

ブラシについている抜け毛を取り除くことが最初のステップです。 ブラシの種類や余分な毛の量によっては、手だけでは難しいかもしれません。その場合は、ラットテールコームを使うと便利です。

また、別のタイプの硬い毛の櫛や、ハサミなどの先の尖ったものを使ってもいいでしょう。怪我をしないように注意しながら行いましょう。

2. 浸け置きしてブラシの汚れを落とす

毛が残っていなくても、シャンプーや重曹を入れたぬるま湯にブラシを浸して、見えない部分に付着した微生物や汚れを落とします。方法は以下の通りです。

  • プラスチックの容器にぬるま湯を入れます。
  • シャンプーや重曹を入れて、よく溶けるようにかき混ぜます。
  • シャンプーと重曹を一緒に使うとより効果的です。
  • ブラシが完全にプラスチックの場合は、完全に沈めてから振ります。そのまま5分ほど放置します。
  • 柄の部分などにパッドが付いているブラシの場合は、その部分が用意した溶液に触れないようにします。この場合は、ブラシを逆さにして、毛が浸る程度の水位にします。
  • ウッドブラシの場合も同様です。

3. 歯ブラシで汚れを落とす

浸け置きしている間に、ブラシに汚れが付着していた場合は、歯ブラシで汚れを落とします。ブラシを取り出し、振って余分な水分を取り除いた後、歯ブラシでブラシの毛をとかし始めます。

汚れがたくさん出てきたら、もう一度ぬるま湯につけて汚れを落とします。満足のいくきれいさになるまで続けてください。

こちらもお読みください:よくある抜け毛の原因10

4. ブラシを消毒する

このステップはオプションで、必要なものは、ボウルにはったお湯とホワイトビネガー(お酢)だけです。

  • ホワイトビネガー2分の1カップとぬるま湯2分の1カップを混ぜます。
  • ブラシを15分から20分ほど浸します。
  • ブラシの素材にもよりますが、これまでのステップの推奨事項に留意してください。
  • 次のステップに進んでください。
ヘアブラシの掃除方法
重曹は、ヘアブラシの掃除にもってこいです。

5. ブラシを乾燥させる

洗浄作業が終わったら、ブラシを少量の冷水または温水で洗います。ブラシを振って、乾いた布の上に逆さまに置いて乾燥させれば、完了です!

清潔なヘアブラシを

これで、ヘアブラシの洗浄と消毒の方法がわかりましたね。最低でも月に2回は行うようにしましょう。そうすれば、髪や頭皮の健康を損なう恐れがなくなります。

こちらの記事もおすすめ
抜け毛を緩和する自然療法
みんな健康で読むことができます。 みんな健康
抜け毛を緩和する自然療法

抜け毛や脱毛症にお悩みですか?男女関係なく、髪の毛のお手入れや健康維持は簡単ではありません。健康で豊かな輝く髪を目指してお手入れを欠かさずに行なっているのにもかかわらず、抜け毛や脱毛症に悩むことがあります。本記事では、脱毛症や抜け毛を自然に緩和するのに役立つ方法をご紹介します。