ハチミツと赤ちゃん:危険な組み合わせ

4月 9, 2020
赤ちゃんにハチミツを与えてはいけません。ハチミツなどの食品には、運動性のある細菌であるボツリヌス菌が含まれている可能性があります。ボツリヌス菌が、発達が未熟な新生児の消化器系で増殖すると、ボツリヌス神経毒素を産生します。

ハチミツと赤ちゃんというのは危険な組み合わせなのを知っていますか?

ハチミツは、その独自の甘い風味で、世界で最も健康的で栄養価の高い食品の1つとして知られています。ですから、おじいちゃんやおばあちゃんの中には、赤ちゃんを落ち着かせるためにおしゃぶりにハチミツを塗ったりする人もいるかもしれません。

実際に、ハチミツを赤ちゃんに与えようとする人がいるかもしれませんが、科学的研究によりこれは危険な行為であることが判明しました。医師たちは、どのような状況においても、生後12か月未満の赤ちゃんには、決してハチミツを与えないようにと指導しています。

ボツリヌス中毒:赤ちゃんがハチミツを摂取できない理由

人間は、何千年もの間ハチミツを食べてきました。ハチミツは栄養価の高い自然な食品であり、多くの効能があることでもよく知られています。

古代エジプトから現在に至るまで、ハチミツはその多くの特性と甘味から、様々な種類のレシピに使われています。

しかし残念なことに、天然の食品であるハチミツには、1歳未満の乳児にとって非常に危険な神経毒素を放出する可能性のある、運動性のある細菌であるボツリヌス菌が含まれています。

この理由は単純です。赤ちゃんの腸内細菌叢はまだ未熟なので、ボツリヌス菌の胞子は腸内で簡単に増殖します。その後ボツリヌス菌は、ボツリヌス神経毒素を産生し始めます。

ボツリヌス毒素は、現在私たちが知っている物質の中でも、最も致命的な物質の一つと考えられています。

これは、乳児ボツリヌス中毒症と呼ばれるもので、主に12か月未満の子供に影響を及ぼす、致命的となる可能性があるボツリヌス中毒症の一種です。

ただし、1歳以降になると同じ影響は受けません。子供の体内では自然な防御力が発達し、細菌の増殖を防ぐことができるからです。

こちらもご参考に:赤ちゃんの夜泣きに効く自然療法5つ

ハチミツ、赤ちゃん、ボツリヌス中毒

ハチミツと赤ちゃん:危険な組み合わせ 菌の拡大図

ボツリヌス中毒は、ボツリヌス菌によって引き起こされる病気です。赤ちゃんは、免疫システムがまだ十分に発達していないため、特に脆弱です。

ボツリヌス菌は、土壌の中に自然に存在する細菌なので、植物性食品と動物性食品のどちらにも、つまりすべてのタイプの食品に存在する可能性があります。この細菌は胞子の中で組織化し、増殖して成長する理想的な条件が見つかるまで、休眠状態を保つことができます。

低酸素の環境を好むため、自家製のジャムの中に存在しますが、一般的に酸性の環境に耐性がなく、高濃度の糖を含む溶液では増殖できません。つまり、通常はハチミツの中で休眠状態となり、理想的な条件が現れるまで待つことができます。

そのため、生後12か月未満の赤ちゃんがハチミツを食べると、ハチミツの糖分が胃液で希釈されます。これは、酸素が少ない低酸性の環境であるためです。この細菌は、増殖と成長を開始する理想的な条件を見つけ、ボツリヌス毒素を放出します。

その後、血流を通って神経終末に到達し、乳児ボツリヌス症につながる可能性があります。これは非常に危険な状態であり、直ちに入院する必要があります。

症状

乳児ボツリヌス症は神経系に影響を与えるため、多種多様な症状が現れる可能性があります。通常は、細菌との接触から約12〜48時間後に症状が現れます。

最も頻繁なものは次のとおりです。

  • 呼吸が遅いまたは呼吸困難
  • 便秘
  • 全般的に虚弱
  • 泣き方が弱い
  • 無気力
  • 反射弓の減少
  • 複視またはかすみ目
  • 口の渇き
  • 眼瞼下垂
  • 一般的なたるみ
  • 食べるスピードの過剰な低下
  • 極端なケースで見られる症状:胴体、腕、脚、または呼吸器系の麻痺

診断と治療

ハチミツと赤ちゃん:危険な組み合わせ 泣いてる赤ちゃん
ボツリヌス中毒の明らかな兆候が見られる場合は、赤ちゃんを最寄りの救急外来に連れて行く必要があります。この病気は重症化することがあるため、赤ちゃんは入院する必要があります。

小児科医は、両親から説明を受けた症状を考慮して、赤ちゃんがボツリヌス中毒かどうかを診断します。小児科医は、おそらく、ボツリヌス毒素の存在を確認するための便の分析を行います。

同様に、乳児ボツリヌス症は直ちに入院する必要があることに注意してください。様々な研究から、乳児ボツリヌス症が神経系に影響を与えて、呼吸不全につながることが証明されています。赤ちゃんを入院させて、常に経過を観察する必要があるのはそのためです。

治療の成功は、早期の診断とボツリヌス抗毒素のタイムリーな投与にかかっています。最も深刻なケースでは、人工呼吸器や静脈栄養を必要とする場合があります。

ほとんどの場合、乳児ボツリヌス症は、すぐに治療をはじめる限り、数週間または数か月後に消えます。最も極端なケースにのみ、毒素の作用による呼吸不全が原因の死をもたらす可能性があります。

ハチミツは乳児ボツリヌス中毒を引き起こす唯一の食べ物ですか?

ハチミツだけが、乳児ボツリヌス症を引き起こす可能性のある食品ではありません。前述のように、乳児ボツリヌス症の原因となる細菌は自然界で多く見られるため、原因となる胞子を特定することは非常に困難です。そして当然、ハチミツだけにボツリヌス菌が存在しているわけではありません。

ボツリヌス菌は土壌中に生息し、空気中を移動する塵を通して拡散します。そのため、赤ちゃんが呼吸をするときに簡単に吸い込む可能性があります。

医師は、ほこりの多い環境に子供たちをさらさないように勧めています。また、土仕事をして土壌を動かしている場所にも子供たちを近づけないことをお勧めします。

ボツリヌス中毒の重症度と、この細菌を駆除することの難しさから、ボツリヌス菌への感染や流行を避けるためにも、この細菌の発生に注意を払う必要があります。

この点について世界保健機関(WHO)は、安全性を確保し、観察、検出、危険性の評価、および病気の封じ込めを促進することを目指しています。

ご覧のとおり、ボツリヌス中毒の発生はまれですが、常に公衆衛生上の緊急事態とされる優先事項です。

大流行が自然発生、偶発的または故意の発生である場合、地方自治体はできるだけ早く対策を確立する必要があります。これは、新しい症例の発生を防ぎ、すでに感染した人々を効果的に治療する唯一の方法です。

推奨事項

ハチミツの瓶
ハチミツによるボツリヌス中毒症を予防するため主な対策は、1歳になるまで赤ちゃんにハチミツを与えないことですが、この病気は他の感染手段が原因で発症する可能性があることを忘れないようにしましょう。

現段階ではこの細菌に対するワクチンがないため、予防が常に最善の方法です。

小児科医からのアドバイスをご紹介します。

  • 12か月未満の子供には絶対にハチミツを与えないでください。
  • この細菌はコーンシロップにも存在する可能性があるため、赤ちゃんに与えないでください。
  • 土壌が汚染されている可能性があるため、汚れやほこりに赤ちゃんをさらさないでください。
  • 自家製ジャムは高温で調理しください。
  • 適切な衛生状態を保持してください。

詳細はこちらから:赤ちゃんにあげてはいけない8つの食べ物

結論

赤ちゃんにハチミツを与えてはいけません。ハチミツの甘さや素晴らしい栄養特性に関係なく、免疫システムが十分に発達していない1歳未満の子どもは、ハチミツの摂取によりボツリヌス中毒にかかるリスクがとても高いためです。1歳未満の子供は、ボツリヌス中毒を引き起こす細菌に対して無防備です。

最後に、ボツリヌス中毒の原因となるのはハチミツだけではないことを忘れてはいけません。適切な衛生のガイドラインと専門家からの推奨事項に従って、子供たちの健康と安全を保つことが大切です。

  • S S Arnon, Honey, infant botulism and the sudden infant death syndrome. West J Med. 1980 Jan; 132(1): 58–59.
  • Christine K.Fox, Corinne A. Keet, Jonathan B.StroberRecent advances in infant botulism. Pediatric Neurology. Volumen 32, Issue 3, March 2005, págs.149-154
  • I Brook. Infant botulism. Journal of Perinatology volume 27, pages 175–180 (2007)
  • Tanzi, M. G. and Gabay, M. P. (2002), Association Between Honey Consumption and Infant Botulism. Pharmacotherapy: The Journal of Human Pharmacology and Drug Therapy, 22: 1479-1483.