ハードウッドのフローリングをコーティングする方法4選

2月 19, 2019
木材はケアをしないと色がくすんでいく素材なので、良いコーティングやメンテナンスの方法を知ることが大切です

ハードウッドのフローリングをコーティングすることは、家周りの仕事の中でも時間がかかるものですが、最近では、あまり面倒なことをしなくてもフローリングをピカピカにする方法が様々存在しています。

きちんとコーティングをせずにほったらかしにしておくと、くすみやシミのせいで、少しずつ床がその特徴的な色合いと上品さを失っていくかもしれません

更に、コーティング材なしでは、ハードウッドは劣化する速度が速くなる上、床が湿気を吸収しやすくなり、板がゆがんでいきます。

フローリングをコーティングするのに一番いいのはどんな方法でしょうか? ワックスは従来の方法でありながら今日でも一般的な方法ですが、現実には同じ目的を果たす面白い方法が他にも存在します。

この記事では、きれいに輝くハードウッドのフローリングを手に入れたい時にはいつでも使える効果的なコーティングの方法を4つご紹介します。

 

フローリングをコーティングするには何を使うべき?

お店では、フローリングの床をコーティングする製品が様々溢れています。従来のワックスも未だ厚板の床に使われていますが、床板が特殊な場合は、他のタイプのものを使う必要があります。

ワックスがけ フローリング

もし床が塗装されていない木材やリノリウム、コルクなどでできている場合は、液状ワックスかオイルを使うと良いでしょう。このタイプのワックスはウレタンでコーティングされているビニール製の床やコーティングがされていない床に使うことはお薦めできません。

別の素晴らしいコーティング剤には、水ベースのシリコンポリッシュがあります。このシリコンポリッシュはコーティングされていない木材やリノリウム、コルク以外ならほぼどんな種類の床にも使えます。

ペースト状のワックスは、リノリウムやコルク、コンクリートや塗装されていない木材に使えますが、ビニールやウレタンコーティングがされているものには使ってはいけません。

どんな木材にも使えるものには自家製ワックスがあります。新品同様ピカピカにすることができたりします。使う物によって、その結果は様々です。

こちらも読みたい:木材を美しく保つための方法

フローリングを効果的にコーティングする方法

自宅の床にはどのワックスが一番いいのか既にご存知の場合は、以下を読んでワックスを正しく塗る方法を学び、新品同然にピカピカの床を手に入れましょう。

1.液状ワックス・オイル

  • 床の表面を掃除して、附着している汚れやホコリを除去します。
  • 柔らかい綿製の布に液状ワックスをつけ、床一面にムラなく塗り広げます。
  • ワックスが乾いたら、清潔なタオルやポリッシャーで床を磨きます。
  • ニスのような光沢だけが残ったら、乾いている証拠です。

コーティング フローリング

2.水ベースのシリコンポリッシュ

  • 床を掃いて、モップ掛けをし、厚板の表面や間に溜まっているホコリを取り除きます。
  • きれいな雑巾を濡らし、ポリッシュをその上から少し垂らします。
  • フローリングの床に薄く塗ります。泡立たないように気を付けます。
  • ワックスが乾いたら、清潔なタオルやポリッシャーで床を磨きます。
  • 新しく上から塗る場合は、前回塗った層が完全に乾いていることを確認してからにしましょう。

3.ペースト状ワックス

  • ワックスをかける前に床を掃くか、掃除機をかけます。
  • 床が乾燥してキレイな状態になったら、けばだっていない柔らかい綿の布を濡らします。
  • ワックスのボトルなどに説明に沿って、ワックスを少量床に塗ります。
  • ワックスが乾くまで待ち、乾いたら、清潔なタオルやポリッシャーで床を磨きます。
  • 床が曇っているように見えたら、乾いている証拠です。

知っていましたか?トイレと浴室を効果的に掃除する方法

4.自家製ワックス

自家製品を使いたい場合は、蜜ろうとテレピン油を使った簡単なレシピをここにご紹介します。この2つの原料が持つ油っぽい質感が床板をキレイでピカピカにします。

有毒な化学薬品のない作り方なので、くすんで色がまばらになったフローリングにも家具にも使えます。

材料

  • 擂り潰した蜜ろう 1/4カップ(50 g)
  • テレピン油 1/2カップ(62 ml)

作り方

  • 擂り潰した蜜ろうを耐熱容器に入れ、二重鍋で溶かします。
  • 液体になり始めたら、木べらで混ぜ、ゆっくりテレピン油を足していきます。
  • 両原料が均一に混ざるまでしっかり混ぜます。
  • ワックスが室温になるまで冷まし、スクリュー式の蓋がついている容器で保管します。

注意:テレピン油の匂いが気になるなら、エッセンシャルオイルを数滴垂らすと良いでしょう。

使い方

  • フローリングの表面を掃除し、必要な量のワックスを塗ります。
  • マイクロファイバーの雑巾でツヤが出るまで塗り広げます。