概日リズムは健康にどのように影響するの?

概日リズムの変化は、特定の病気のリスクです。知らない人が多いのですが、概日リズムは健康にとって重要なプロセスを司っています。この記事で詳しくみてみましょう!
概日リズムは健康にどのように影響するの?

最後の更新: 05 2月, 2022

概日リズムは、すべての生物が持っている体内時計と一般的に呼ばれるものです。人間もこの地球規模の生態系の一部で、周囲の環境と同期します。

この同期は概日リズムのおかげで達成されます。このリズムとは、体が1日のサイクルで実行するさまざまな生理学的プロセスの始まりと終わりを示しています。このサイクルは、特に、光と暗闇に反応します。

動物、植物、そしてごく小さな微生物でさえ、地球の自転と活動を同期するための体内時計を持っています。したがって、このプロセスには24時間の生物学的周期性があり、時間生物学とはこれらの現象の研究をする学問です。

フランツ・ハルバートは1950年に「概日リズム」という用語を作り出しました。しかし、この主題については19世紀半ばから研究されてきました。この概念を深く発展させた科学者の中には、1980年のジェフリー・C・ホール、ミシェル・ロスバルド、ミシェル ・ヤングなどがいます。

概日リズムはどう機能するのか

概日システムは、光受容体で表される視覚成分で構成されています。これらは「概日」と呼ばれる信号を生成し、エフェクターシステムに到達します。特定の刺激を受けたときに特定の物質を分泌するネットワークとも言えます。

信号は情報として脳に到達し、視交叉上核と呼ばれる領域を介して処理されます。これが発生すると、脳は対応する同期を実行するように体内に命令を出します。

概日リズムに応じて、1日の特定の時間に空腹を感じたり、眠くなったりします。さらに、この内部時計の同期により、1日の特定の時間に必要なエネルギー量が決まります。その結果、代謝が調節されます。

このリズムは、すべての生物に存在する生来の体内時計です。全体として、3つのリズムがあります。

  • 概日リズム。約24時間のサイクル。
  • インフラディアンのリズム。24時間以上のサイクル。一例は月経周期で、約28日かかります。
  • ウルトラディアンリズム。24時間未満のサイクル。睡眠のフェーズなどです。
概日リズムはどう機能するのか 体内時計
概日リズムは、特定の時間に空腹感や睡眠などのプロセスを決定します。

概日リズムが健康にどのように影響するか

概日リズムは私たちの健康に直接は影響を与えません。ただし、このサイクルの変化により、特定の病気にかかりやすくなります。 代謝との関係は、糖尿病や肥満などの特定の健康問題の発症を予防または促進する上で重要です。

概日リズムは、睡眠と覚醒のサイクル、ホルモンのサイクル、食生活、体温、さらには治癒過程に影響を及ぼし、その大部分を決定します。したがって、概日リズムのバランスが崩れると、これらの側面に関連する病気の出現に有利に働く可能性があります。

これらのリズムの不規則性は睡眠障害に関連しています。さらに、これは他の身体的健康問題を引き起こす可能性のある要因です。 さらに、うつ病、双極性障害、情動障害などの精神状態にも関連しています。

ミシェル・ヤングは、概日リズムが薬物や化学療法などの治療の有効性にさえ影響を与えると指摘しています。これらは1日の特定の時間に最も効果的です。実際、特定の時間に特定の薬を服用すれば、副作用が少なくなる可能性があります。

不眠症 概日リズムが健康にどのように影響するか
専門家は、制御されていない概日リズムを睡眠障害と関連付けます。

概日リズムのサイクルに変化をもたらす要因

概日リズムが崩れる原因はいくつかあります。現在、専門家は、現代の生活に関連する特定の要因が彼らに悪影響を及ぼしていると睨んでいます。たとえば、人工照明の過度の使用、夜勤または自然光がほとんどない作業、1日中いつでも食事をする、睡眠不足などです。

タイムゾーンを突然変更したときに発生する時差ぼけとして知られる現象も、リズムに影響を与える可能性があります。概日リズムの変化に寄与する他の原因は次のとおりです。

結論として、これらのサイクルは住んでいる環境との調和の手段です。それらのバランスを保つことは健康を維持するための基本です。結論として、 健康的なライフスタイルを送ることによって、そして何よりも、睡眠と食事の自然な時間を大切にすることによって達成することができます。



  • Navarro, N. C. (2009). Los fotorreceptores, esas fascinantes células. Sociedad Española de Bioquímica y Biología.
  • Guadarrama-Ortiz, P., Ramírez-Aguilar, R., Madrid-Sánchez, A., Castillo-Rangel, C., Carrasco-Alcántara, D., & Aguilar-Roblero, R. (2014). Controladores del tiempo y el envejecimiento: núcleo Supraquiasmático y glándula pineal. International Journal of Morphology, 32(2), 409-414.
  • Valdez Ramírez, P. (2005). Ritmos circadianos en los procesos atencionales del ser humano (Doctoral dissertation, Universidad Autónoma de Nuevo León).