外反母趾に効く4つの自然治療法

5月 11, 2019
外反母趾の症状を和らげるには、自然の治療薬で毎日手当し続けることです。歩きやすい靴をはくことも大切です。

外反母趾とは、足の親指の付け根に硬いしこりがあらわれて起こります。足の形に変形が見られます。足の親指と隣の指が押し合うことで起こり、関節が大きくなり突出します。

ほとんどの場合は遺伝で起こるようですが、炎症や、怪我、また窮屈な靴の着用などでも発症します。

外反母趾はゆっくりと進行し、初めは痛みもそれほどひどくありませんが、深刻な合併症を引き起こしてしまう前に治療した方がいいでしょう。見た目だけの問題だと思われがちですが、腫れ、痛みなどの不快な症状を招きます。

外反母趾の原因

外反母趾の原因

外反母趾の原因は未だ解明されていませんが、下記が原因だと考えられています。

  • 遺伝による足の変形
  • 足の怪我
  • 先天的変形
  • 長期間にわたる窮屈な靴の使用
  • ハイヒールの使用
  • 関節炎や痛風などの炎症を起こす病気

症状

外反母趾の最もわかりやすい症状は足の親指の変形です。しかし、他の症状も一緒にあらわれることがほとんどです。

  • 足の親指の付け根あたりが赤みや腫れ。
  • うおのめや、たこの形成。
  • 継続的、または断続的な痛み。
  • 親指の可動域が狭くなる。

外反母趾に効く自然治療法

もし外反母趾が合併症を引き起こしたり、足の動きを制限してしまうようなら、医師に相談し最適な治療法を見つけ出すことが大切です。しかし、外反母趾が初期の状態で、症状も酷くない場合は今日ご紹介する自然治療法で手当することができます

1、マリーゴールドオイル

マリーゴールドオイル

マリーゴールドには抗炎症成分が含まれており、外反母趾の痛みを軽減してくれる効果があります。マリーゴールドのエッセンシャルオイルは関節をリラックスさせ、血流を良くするので痛みを軽減してくれます。

材料

  • マリーゴールドの花 大さじ5(75g)
  • オリーブオイル 1/2カップ(100g)

作り方

  • マリーゴールドの花をはべに入れてオリーブオイルで覆います。
  • 弱火に5〜10分かけます。
  • 火からおろし、冷ましてから、色の濃い瓶に移します。
  • 10日寝かしてから漉しましょう。

使い方

  • オイルを外反母趾の部分に塗って3〜5分マッサージします。
  • 就寝前に毎晩行いましょう。

2、カモミールの足湯

カモミールの足湯も効果的な自然治療法です。足のつっぱりを和らげてくれ、痛みを軽減してくれます。またうおのめを柔らかくして、古い肌の細胞を取り除いてくれる働きもあります。

材料

  • カモミールの花 大さじ5(75g)
  • 水 2カップ(500ml)

作り方

  • カモミールの花を鍋に入れて水を加えて沸騰させましょう。
  • 沸騰したら、火を弱めて3〜5分ほど煮ます。
  • 火からおろして冷まし、漉しましょう。

使い方

  • カモミールの液を大きめのボウルなどに入れて、そのなかに足を15〜20分ほどつけます。
  • 毎日続けるか、痛みを感じた時に行いましょう。

こちらの記事もお読みください:外反母趾の予防法

3、マグネシウムソルト

マグネシウムソルト

マグネシルムソルトが肌から吸収されると、体内の患部で抗炎症効果を発揮します。

材料

作り方

  • マグネシウムソルトをお湯で溶かし、少し水を加えてぬるま湯にしましょう。

使い方

  • ボウルに入れて、その中に足を20分間つけます。
  • 痛みがある時や、腫れがある時に行いましょう。

こちらもお読みください:

マグネシウムオイル 絶対に知っておくべき10の効能

4、オリーブオイルとラベンダー

ラベンダーオイル

オリーブオイルとラベンダーの花は、抗炎症成分のある鎮痛ローションとして使用することができます。外反母趾の痛みを感じた時や、親指を動かしにくい時などには最適のマッサージオイルです。

材料

  • オリーブオイル 1/2カップ(100g)
  • ラベンダー スプーン5杯(75g)

作り方

  • オイルを小さなフライパンに入れて、ラベンダーを加えましょう。
  • 弱火で20分間煮ます。
  • その後、火からおろし冷まして漉します。

使い方

  • オイルを手に取り、患部をマッサージしましょう。
  • 肌にオイルを吸収させましょう。洗い流しは不要です。1日2回行いましょう。

今日ご紹介した自然治療薬の最大限の効果を得るには、毎日続けることが大切です。また、窮屈な靴をはくのをやめて、歩きやすくはき心地の良い靴を履くようにしましょう。通気性のよいものを選び、症状が悪化するのを防ぎましょう。

  • Castillo, J. M., Munuera, P. V., Domínguez, G., & Salti, N. (2013). Prevalencia del juanete de sastre y quinto dedo adducto varo en el baile flamenco profesional. Prevalence of tailor’s b