フォーリーカテーテルの使い方とコツ

2月 3, 2020
フォーリーカテーテルは、「尿道カテーテル」とも呼ばれ、尿を膀胱から排出バッグに入れるためのチューブです。

フォーリーカテーテルは、膀胱から外部に尿を排出するための、柔らかいカテーテルの一種です。このため、「尿道カテーテル」または「膀胱カテーテル」としても知られています。

こちらもお読みください:骨粗鬆症を予防するエクササイズ

より快適な素材のため、チューブは通常ラテックスで作られています。ただし、ラテックスにアレルギーがある場合は、カテーテルの無菌性を維持するために使用される、プラスチックでできた別の種類もあり、感染を防ぐのに役立ちます。

このカテーテルは、アメリカの外科医であるフォーリー博士にちなんで命名されています。後で説明しますが、患者は一般的に病院でこのカテーテルを使用します。

どんな作りになってるの?

フォーリーカテーテルの使い方

まず、医師により、フォーリーカテーテルが膀胱に到達するまで尿道から挿入されます。したがって、さまざまなサイズに適応できる必要があります。そのため、男性、女性、子供向けのさまざまなチューブがあります。さらに、各患者の特性によりよく適合できるように、異なる厚さのゲージも用意されています。

カテーテルのサイズを表す尺度があり、1単位が13インチに相当する、フランスの「シャリエール」が使われます。

「シャリエール」で表されるユニットの数は、カテーテルの円周のサイズ(ミリメートル単位)に相当します。つまり、「シャリエール」の単位(記号Fで表される)で、カテーテルの直径、つまり尿道を知ることができます。

どのサイズのカテーテルにも、すべて共通点があります。つまり、チューブの先に袋が取り付けられている、という点です。

この袋は、フォーリーカテーテルの重要な部分です。この部分は、カテーテルが外れないようにする唯一の要素であり、カテーテルが正しく機能するのに役立ちます。

フォーリーカテーテルの使い方

挿入する前に、カテーテルに欠陥がないことを確認しましょう。近年は、製造会社により非常に厳しい品質管理が行われていますが、欠陥のあるカテーテルに出くわすことは珍しくありません。

カテーテルが正常に機能することを確認するには、袋にあるノズルに滅菌水を入れます。袋が膨らみ始め、水漏れがない場合、使用できます。

性器は清潔でなければなりません。医師は少量の潤滑剤を使用し、カテーテルを慎重に尿道に挿入します。チューブを膀胱に挿入しやすくするために、呼吸法を使用したり、排尿を刺激することにより、腹圧を加えることができます。

チューブが膀胱内に入ると、袋が膨らみチューブが出ないようにする必要があります。シリンジを使って、小さなバルブの付いたノズルを使用し、袋を空気または滅菌水で満たします。

最後に、カテーテルのバルブが、尿が保管される排出バッグに接続されます。体積測定を容易にするために、通常はミリメートル単位の目盛もバッグについています。

こちらもお読みください:肺を強くする3種類のお茶

何のために使うの?

フォーリーカテーテル 使用理由

フォーリーカテーテルの最も一般的な用途は次のとおりです。

欠点は?

フォーリーカテーテルを使用する際の主な問題は、尿路感染のリスクです。カテーテルは、細菌が生殖器の外側から膀胱に侵入する可能性がある領域に置かれる、言えば「異物」です。そのため、衛生には細心の注意を払う必要があります。

さらに、尿が蓄積しないように、排水バッグがねじれないようにすることが重要です。簡単な方法は、カテーテルを大腿部にテープで固定して固定することです。一方、患者が寝たきりになっている場合は、重力の下で尿が流れるようにバッグをベッドの下に置いたままにすることも方法の一つです。

  • Catéter de Foley. (s.f.). En Wikipedia. Recuperado el 14 de diciembre de 2018 de https://es.wikipedia.org/wiki/Cat%C3%A9ter_de_Foley
  • Rueda S, Pérez FJ, P. M. (2013). Protocolo de Sondaje Vesical: Modificación de la técnica para cambio de catéter en portadores de larga duración. Nure Investigación.
  • Tailly T, Denstedt JD. Fundamentals of urinary tract drainage. In: Wein AJ, Kavoussi LR, Partin AW, Peters CA, eds. Campbell-Walsh Urology. 11th ed. Philadelphia, PA: Elsevier; 2016:chap 6.