栄養価が高く、減量にも最適な紫ニンジン

紫ニンジンを食べたことがありますか? アントシアニンが豊富に含まれていて、抗酸化作用もあり、炎症やいくつかのガン細胞とも闘ってくれます。この美味でカラフルな野菜の多くの効能のうち、いくつかを紹介しましょう。

オレンジ色ではなく、紫色のニンジンを見たことがありますか?

面白いことに、昔は紫ニンジンはかつてオレンジ色のものよりも一般的で、アジアやヨーロッパでは他の種類のニンジンよりも広く食べられていたそうです。

昔は、ニンジンはさまざまな色のものが栽培されていました。それぞれの地域の地理的状態によって、白や黄色、果ては黒に近い暗い紫色のニンジンが栽培されていたのです。

オレンジ色のニンジンは、17世紀にオランダで最初に現れました。

実はこの種類、オランダ王家の名誉が欲しかった現地の農家の方々が配合したハイブリット種だったんです。

彼らの試みはとてもうまくいき、オランダ領以外にも広く売り出し始め、今日に至るまでオレンジニンジン市場を確立してきました。

(なぜ我々が紫ニンジンを日頃あまり見なくなったのかは、こちら(英語ページ)によくまとめられていますので興味のある方はどうぞ)

紫ニンジンは今日、すばらしい復活を果たし、現在では「スーパーフード」とさえ呼ばれるに至っています。

その理由をみていきましょう。

栄養価が高い紫ニンジン

それではこの特有の色についてみてみましょう。

このニンジンの紫色というのは、アントシアニンという水溶性の物質によるものです。

アントシアニンは、抗酸化物質としてレッドグレーブ、ナス、ブルーベリー、インゲン豆、赤キャベツ、ザクロなど様々な食べ物に含まれます。

これらの食べ物の健康作用のように、紫ニンジンにもどのような薬効成分があるか想像できるでしょう。

  • 心臓の状態を改善します。
  • がん予防にも効果が期待されます。
  • 悪玉コレステロール値、LDLコレステロール値を下げます。
  • 紫ニンジンに含まれるアントシアニンの力は、障害を抱えた方々にも有用です。血液中の糖度を通常の消費に制御します。
  • この抗酸化物質は、血管を保護し、コラーゲンや結合組織を傷つける酵素を正常化します。

紫ニンジンと減量

紫ニンジンが低カロリーだと分かるととても嬉しいですよね。生でも蒸しても食べられます。紫ニンジンは繊維量もとても豊富です。

興味深いことに、この野菜は消化をも助けてくれるんです。その繊維によって、血液中の糖度を下げるだけでなく、栄養素の吸収も補ってくれるんです。

ニンジンに含まれる繊維のほとんどは水溶性です。水溶性の繊維は消化器官で水分を吸収し、ジェル状の物質を形成します。ゆっくり腸を通り、毒素を拾いあげ、コレステロールレベルを下げてまた血液に戻すんです。

紫ニンジンは静脈瘤の確率を減らすのにも良い

あなたが静脈瘤の患者であれば、紫ニンジンが痛みや圧の症状緩和に役立つでしょう。

アントシアニンは、抗炎症作用があることをおさらいしましょう。血液の流れをも良くするのです。

紫ニンジンは、損傷した血管壁を治す作用のあるタンパク質の種類を活性化する力があり、心臓血管全体の健康をも改善してくれます。

重要なのは、紫ニンジンが静脈瘤を消し去るのではありません。あくまで症状緩和の一端を担うということです。

結腸がんを防ぐ理想的なもの

紫ニンジンは、ブルーベリーや大根、レッドグレーブと同様に、がん細胞の増殖を抑えるミネラルと抗酸化作用を含んでいます。

メリーランド大学の栄養・食物科学の学部が行った研究によると、上記のような食べ物を日常的に食べることにより、結腸における有害物質の増加は抑えられる、とあります。

しかしながら、人体に必要な栄養をきっちりと摂取するためには、いつもオーガニックを摂取することを心がけてください。

では、そんな素晴らしい紫ニンジンを使ったレシピをいくつか紹介しましょう。

新鮮な紫ニンジンとリンゴのジュース

紫ニンジンの栄養素を無駄なく摂取するには、美味しいスムージーを作るのがいいでしょう。1日の始まりに、あるいは、夕食のお供にと、理想的な形です。

作り方は以下の通りです。

材料:

  • 紫ニンジン 2本
  • リンゴ 1個
  • レモン果汁 ½
  • 水 200ml

作り方:

  • 最初に、紫ニンジンとリンゴをよく水洗いします。
  • 次に、混ぜやすいようにリンゴを1/4にカットします。
  • 次に、紫ニンジンとリンゴをミキサーにかけ、コップに注ぎます。
  • そこに、レモン果汁と200mlの水を加えます。
  • よく混ぜて召し上がれ!

甘さと酸っぱさ、塩気が絶妙にマッチしたこの味は、健康促進にとてもよいでしょう。

ぜひ試してみてください!

カテゴリ: レシピ タグ:
あなたへおすすめ