デリケートゾーンのお手入れのための7つのヒント

石鹸で洗うことを避けることは、デリケートゾーンの適切なケアのために大切なことです。基本的に、自然なpHバランスと細菌叢を維持することが重要です。
デリケートゾーンのお手入れのための7つのヒント

によって書かれた Daniela Echeverri Castro

最後の更新: 17 10月, 2022

女性であれば、デリケートゾーンのお手入れが気になるのは当然です。他の体の部位とはpHが異なり、変化しやすいため、特別な注意が必要なデリケートな部分です。

自然な状態では、健康なバクテリアが豊富で、病原菌に対抗できるような流れになっています。しかし、時にはバランスが崩れ、”防御壁 “が弱くなり、悪臭や感染症を引き起こすことがあります。

したがって、標準的な衛生ケア(適切な石鹸やシャワージェル)を使用するだけでなく、健康のために重要なケアを実行する必要があります。そこで、今回の記事では、デリケートゾーンのお手入れに役立つ7つの秘訣をご紹介します。

1.デリケートゾーンのケア 適切な下着を着用する

彼女のパンティーの女性。
デリケートゾーンのお手入れは、まず下着から始めましょう。

膣炎や強い臭いを防ぐには、どのような下着を身につけるかがカギとなります。下着が化学繊維でできていると、湿気がこもりやすく、細菌が繁殖しやすくなります。

さらに、「通気性」のある素材でない場合、暖かい環境を作り出し、微生物の拡散を促進することもあります。ですから、これを避けるためには、綿などの天然素材を選ぶのがベストです。

2.衛生習慣を身につける

デリケートゾーンのお手入れには、衛生習慣が重要です。誰もが良い衛生習慣を実践すべきなのは当然ですが、膣内フローラを変化させる可能性のある特定の製品の使用を避け、適切に実践する必要があることを明確にすることが重要です。

そのためには、匂いや体液を中和し、正しいpHバランスを保ちながら清潔に保つ、特別にデザインされた石鹸を使用するのがよい方法です。

つまり、臭いを「隠す」ことが目的ではないのです。炎症や感染を防ぐために、石鹸と水で洗います。そして、湿気が微生物を増やさないように、十分に乾燥させるようにしましょう。

3.過度の膣洗浄を避ける

親密な場所を洗う女性。
膣洗浄を行うと、pHバランスや膣内フローラが変化する可能性があります。

一部の女性は、悪臭を取り除く唯一の方法は膣洗浄だと考えています。

しかし、これは感染の原因になるpHの不均衡を引き起こすので、良い方法とは言えません。

4.健康的な性生活を維持する

健康的な性生活を維持することは、デリケートゾーンをケアすることと同様に重要です。性生活をどのように楽しむかはあなた次第ですが、性感染症(STI)に感染しないようにするには、長い付き合いのパートナーがいることがベストです。

ただし、潤滑剤やおもちゃを使う場合は、膣内環境を変化させない成分を含む低刺激性であることを確認する必要があります。刺激性のあるものを使用すると、悪臭やかゆみなどの不快感の引き金になることがあります。

5.生理用品を定期的に交換する

衛生製品。
生理用品には細心の注意を払いましょう。

生理中に使うタンポンやタオルは、少なくとも4時間おきに交換する必要があります。生理の出血はpH値を上昇させ、悪臭の原因となることは、あまり知られていないかもしれません。

生理中は、デリケートゾーンが変化します。経血のpH値は7.4で、通常の膣内よりはるかに高い値になっています。したがって、生理用品を適切に使用することは、悪臭、炎症、感染症を防ぐために必要なのです。

こちらもお読みください:卵巣の痛み:7つの原因

6.湿度をコントロールする

膣内が乾燥してはいけないということを理解しておくことが大切です。膣は潤滑油として液体を必要とするため、濡れているのが普通です。しかし、外部の湿気から保護する必要があります。

水着やタイトなズボンなど、濡れた衣服を身につけるのは避けましょう。湿度をコントロールしないと、真菌、バクテリア、皮膚炎などの皮膚トラブルの増殖につながります。

7.スポンジの使用は避けてください

お風呂のユリ。
スポンジは、親密な部分のケアに不快な微生物を蓄える可能性があります。

スポンジは、デリケートゾーンを洗うときには使用しないでください。一見きれいになるように見えますが、好ましくない副作用を引き起こす可能性があります。スポンジは肌を荒らし、刺激を与えるだけでなく、肌を傷つけてしまうこともあります。

また、水分を吸収するため、肉眼では確認できないバクテリアや菌類が蓄積されやすいです。指や手を使って優しく洗うのが正しい方法です。

まとめると、良好な親密衛生とは、膣内フローラを保護できることです。膣内フローラを変質させてしまうような習慣は、感染症や肌の不快感の引き金になりかねません。今回ご紹介したヒントを日常に取り入れるようにしてください。

こちらの記事もおすすめです。
デリケートゾーンのにおいに効果がある7つの自然療法
みんな健康
で読むことができます。 みんな健康
デリケートゾーンのにおいに効果がある7つの自然療法

デリケートゾーンの不快な臭いは、どの女性も人生に1度は経験する問題です。臭いを引き起こす原因は様々ですので、気になる人は産婦人科で健康診断を受けてください。今回ご紹介する方法は臭いに効果がありますが、根本的原因が深刻な場合、これらの療法だけでは不十分です。



  • Alvisi S, Gava G, Orsili I, Giacomelli G, Baldassarre M, Seracchioli R, Meriggiola MC. Vaginal Health in Menopausal Women. Medicina (Kaunas). 2019 Sep 20;55(10):615.
  • Cleveland Clinic. Vulvar care. Marzo 2018.
  • Codina A. Cuidados de la zona íntima femenina. Offarm. Mayo 2004. 23 (5): 78-80.
  • Janssen LE, Verduin RJT, de Groot CJM, Oudijk MA, de Boer MA. The association between vaginal hygiene practices and spontaneous preterm birth: A case-control study. PLoS One. 2022 Jun 30;17(6):e0268248.
  • Kaur R, Kaur K, Kaur R. Menstrual Hygiene, Management, and Waste Disposal: Practices and Challenges Faced by Girls/Women of Developing Countries. J Environ Public Health. 2018 Feb 20;2018:1730964.
  • Lang C, Fisher M, Neisa A, MacKinnon L, Kuchta S, MacPherson S, Probert A, Arbuckle TE. Personal Care Product Use in Pregnancy and the Postpartum Period: Implications for Exposure Assessment. Int J Environ Res Public Health. 2016 Jan 6;13(1):105.
  • Martín R, Soberón N, et al. La microbiota vaginal: composición, papel protector, patología asociada y perspectivas terapéuticas. Enfermedades infecciosas y microbiología clínica. Marzo 2008. 26 (3): 160-167.
  • Mayo Clinic Health System. You don’t need fancy products for good feminine hygiene. Noviembre 2016.
  • Mayo Clinic. Dermatitis. Diciembre 2021.