ダメージ最小で髪をストレートにする3つのヒント

髪に大きなダメージを与えないよう、高品質なヘアアイロンを選ぶのは大切なことです。また、ヘアアイロンをあてる前にしっかりと髪のケアをしておきましょう。

身だしなみをきちんとし、小綺麗にしているかどうかで、周囲が人に持つ印象は大きく変わります。現代では特にそれが増々強くなってきており、髪はその大事な役割を担っています。見た目の印象といっても様々な要素がありますが、髪は最も目につきやすい部分ですから、しっかりとケアする事が大切です。

髪に映えるヘアアクセサリーはたくさん売っていますが、やはりなんといっても一番大切なのは健康的な髪そのものでしょう。

大きな矛盾

髪をより美しく見せるためのあらゆる道具が存在しますが、時にはそれが髪の健康を脅かすことがあります。

見た目がその健康よりも重要視されるなど、矛盾していませんか

ストレートへアアイロン

多くの女性に人気のストレートヘアアイロン。

これは見た目を美しくはしてくれますが、同時に髪の一本一本から頭皮に至るまで大きなダメージを与えてしまうものです。

美しさのためにはダメージのことは忘れるか、ダメージを考えて使わないか。とても悩むところです。

でも敢えて、髪に大きなダメージを与えるヘアアイロンを使うなら、それをどう正当化しダメージを最小に抑えることができるでしょうか。

 

髪にダメージを与えずにストレートにする方法

何事もやりすぎは良くありません。ヘアケアにも言えることです。

サラサラのストレートヘアがお好きな方、これからご紹介するヒントが役に立つでしょう。

 

1.頭皮を守る

頭皮は体の皮膚の中で最もデリケートな部分。これを守る事はとても大切です。

へアアイロンの熱にさらされることで、やけどや乾燥を含め、髪がボロボロになるリスクが非常に高まります

・頭皮を守る商品が色々あるので、必ず使うようにしましょう。

・美容師さんなど、専門家にアドバイスを求めてみましょう。

 

2.髪のもつれをほどいておく

ヘアアイロンを使っている時、髪の毛が強く引っ張られるような感じがすることがありませんか?

早く終わらせようと急いだり、髪がもつれた状態で使うとこういう事が起こります。

とても痛いだけでなく、髪にも大きなダメージを与えます。

・ヘアアイロンを使う前に必ずブラッシングして、髪のもつれをほどきましょう。髪が割けたり折れたりするのが防げます。

髪質に関係なく、どんな髪も必ずもつれます

 

3.高品質のヘアアイロンを使う

ブランド品や高価なものばかりを購入する人は非難されがちなものですが、美容関係の道具に関しては別です。なぜなら品質が第一だからです。

・ストレートヘアアイロンもその1つ。様々なスタイルや値段のものがありますが、機能と品質第一で選ぶようにしましょう。

・中には温度調整できないものがあるようですが、必ず出来るものを選んで下さい。とても重要なポイントです。

もしご家庭ではなくサロンでストレートにしたいのなら、必ず使っている薬剤について詳しく聞きましょう。

髪が健康であることはとても大切な事なのです!

カテゴリ: 美容 タグ:
あなたへおすすめ