枝毛の処置の仕方

7月 21, 2015

枝毛は、髪の長さに関係なく、女性をいつも悩ませる問題の一つです。切れ毛や枝毛は女性にとっては悪夢のようですが、実は、ただ髪を切る以外にも対処法があります。ここでは、枝毛とさよならするために家できる対処法やコツを見ていきましょう。

枝毛を防ぐためのアドバイス

ここに挙げる秘訣やポイントを実践することで、枝毛を改善することができます。

水分を良くとる毎日十分な量の水分を摂れば、自然とその結果が健康に現れます。それは髪も同じことで、髪に水分と、健康に保つのに必要なミネラル分を与えます。

リンス、コンディショナーを忘れずに使う:クオリティーが高く、出来れば乾燥やダメージに良いものを使います。髪を洗った後は必ず忘れずにコンディショナーを使いましょう。また、ドライヤーやヘアアイロンの使用はできる限り避けましょう。余計な熱は髪の水分を奪ってしまい、枝毛の原因となります。

毛先2

 

シャンプーの出しすぎに注意:特に髪の長い女性は、シャンプーが多ければ多いほどきれいになると思いがちです。しかしそれは間違いで、頭皮をきれいにするのに十分な量だけを使わなければなりません。髪を洗う回数は、一週間に2回までにします。シャンプーを使いすぎると、髪を守るために体が作り出す自然の保護膜を取り除いてしまい、枝毛の原因になります。

髪を守る:夏にビーチやプールに行くときには、肌や唇を守るのと一緒で、帽子をかぶったり、タオルを乗せたり、日差し除けのスクリーンを使って髪を守るのを忘れないようにしましょう。カルキ、日光、海の塩、砂や風は、みんな髪の敵です。冬の間や街にいる間も、大気汚染やたばこの煙などが原因で、同じようなことが起きます。

髪を強くこすらない:シャワーの後に髪を拭くとき、タオルで強くこすらないようにしましょう。非常に一般的な習慣ですが、髪にはダメージです。ドライヤーやヘアアイロンも使いすぎないよう注意します。また、乾いているときに髪を梳かないようにしましょう。更に髪にダメージを与えるのを防ぐには、シャワーの後に梳くか、または髪を梳く前に少し濡らします。

切る:もし他に方法がなく、ダメージがひどい場合は、毛先を数センチ切るのも髪の健康には必要なことです。髪の繊維がさらに避けていくのを防ぐことができます。

毛先3

枝毛対策のための家庭療法

ここに紹介する療法は、見た目にも悪い切れ毛や枝毛を改善するのを助けてくれます。経済的で作るのも簡単で、台所にあるもので作れます。

卵のシャンプー:卵は髪の美容と健康の強力な味方です。まず、水1リットル、卵一個、生のローズマリー30gを用意します。水を沸騰させたらローズマリーを加えて冷まします。冷めたところで良く溶いた卵を加え、これを通常のシャンプーのように使います。その後はコンディショナーを使いましょう。

パパイヤを使った療法:パパイヤ半分の皮と種を取り除いて、半カップ分のプレーンヨーグルトと混ぜて髪に塗ります。シャワーキャップをかぶって30分置きましょう。その後水で流して通常通り洗います。

枝毛のためのアボカドクリーム:アボカド一つの皮と種を取り除き、大さじ一杯のオリーブオイルと混ぜます。出来たものを毛先につけて、15分ほど置きます。その後いつも通りに髪を洗います。

アボカドコンディショナー

枝毛オイルトニック:油大さじ数杯分をいったん熱してそれを保存しておきます(オリーブオイルが良い)。毛先に油をつけ、シャワーキャップを被って30分置きます。お湯でしかっり洗い流した後、毛包を閉じるために冷たい水でよく流します。

ビールトニック:ナチュラル志向の人々に人気の方法です。ビールのにおいが数時間、もしくは数日間髪に残るので、週末や長めの休暇の時に行いましょう。しかし効果は確実です。ビールを別の容器に移し、毛先を浸した後洗い流します。

アロエのヘアパック:アロエは枝毛の予防と処置にとても優れた植物です。葉を一枚切って、果肉と果汁を取り出し、髪につけます。髪の真ん中あたりから毛先にかけて使いましょう。より良い効果を得るには、髪が濡れているときに行いましょう。30分おいてから、いつものようにシャンプーで洗ってコンディショナーを使います。

毛先5

 

バターヘアパック:髪をしっかり保湿してくれます。溶かしたバター20g、リンゴ酢半カップ、レモン汁大さじ1杯を用意します。まず、バターを毛先につけてアルミホイルで包み、20分置きます。リンゴ酢とレモン汁を混ぜてぬるま湯を少し加え、この液体でバターをつけた毛先を洗います。

アーモンドオイルとはちみつのパック:大さじ3杯のアーモンドオイルと大さじ2杯のはちみつを混ぜます。毛先にこれをつけて25分置き、ぬるま湯でよく流した後いつものように洗髪します。夜寝る前に、週に2回ほどピュアオリーブオイルを毛先につけると、効果を上げることができます。

 

 

あなたへおすすめ