大腿切断に関して知っておくべき14のステップ

大腿切断の主な目的は、患者ができるだけ短時間で、最高の生活の質を維持した通常の生活に戻ることであり、切断した部分が合併症を起こすことなく治癒することです。
大腿切断に関して知っておくべき14のステップ

によって書かれた Edith Sánchez

最後の更新: 09 8月, 2022

大腿切断の中の非外傷性切断の50%〜65%は、糖尿病合併症によるものです。

糖尿病などによって何らかの問題が四肢に起こった場合、問題を解決するための治療が行われますが、様々な治療が効果を発揮しない場合、大腿切断をはじめとする下肢切断が行われることがあります

大腿切断は、患者の健康を保護して可能な限り最高の生活の質を確保することを目的としており、大腿骨を切断するというプロセスを患者が受け入れるための、明確な治療目標が必要です。

治療目標は、義肢をできる限り早く取り付けることができるように、切断した場所が治癒して安定することであり、最終目標は、患者ができるだけ早く通常の生活に戻ることです。

一般原則

大腿切断後は、抗生物質による治療が不可欠です。

一般的に、様々な切断はメジャー切断とマイナー切断に分類され、大腿切断は大きな領域をカバーするメジャー切断です。

切断の分類に関係なく、すべての切断は複雑な手順であり、基本的な原則に従う必要があります。

すでに発症してる感染のコントロールや感染の予防のため、常に抗生物質を投与する必要があります。

  • 止血または出血を止めるプロセスを厳格に行う必要があります。何らかのあざが発生した場合、壊死または感染の兆候です。
  • 医師は軟部組織を慎重に扱い、切断部が引っ張られないようにする必要があります。
  • 骨と皮膚と筋腱の長さは合理的な割合である必要がありますが、これにより、つっぱりを防ぎ、骨を良い状態で覆います。
  • 傷跡で神経鞘腫が起こるのを防ぐために、神経経路の牽引を実行することが大切です。
  • 関節軟骨と腱でも同じことが行われる必要があります。
  • 傷跡の骨片または骨の鋭い隆起を防ぎましょう。
  • 傷が完全に閉じるまでは、生理食塩水または消毒剤で手術創を繰り返し洗います。

禁忌

以前行った下腿切断の治癒に失敗した場合や、膝関節の屈曲を含むふくらはぎの筋肉の拘縮がある場合にも、医師は大腿切断を行います。

大腿切断では膝関節が失われます。患者が使用する義足との合併症などを避けるために、切断部分に適切な長さがあることが大切です。

この手順は、壊死を起こしている患者や太ももが感染症を発症している患者には適しません。

大腿切断手術

大腿切断に関して知っておくべき14のステップ 切断術

どのタイプの切断手術も、他の治療が成功せず、切断が患者の健康を守り生活の質を改善する場合に行われます。

大腿切断を行う手順は次のとおりです。

  • 患者は仰向けになります。
  • 次に、魚口状切断の位置を決めて印をつけます。
  • 冷たいメスで皮膚を切ります。
  • 皮下組織を腱膜または筋肉を覆い液被膜に達するまで、切断します。切断中、十分な組織を残すように注意します。
  • 坐骨神経だけでなく、表在大腿動脈と大腿の深部動脈を特定、分離、および切断します。局所麻酔浸透を行う必要があります。
  • 大腿骨を囲み、その周囲全体を覆います。
  • 大腿骨に付着した組織を分離します。これを行うには、膜剥離子を使用する必要があります。

最終段階

  • 大腿骨を切断するために、パーシー切断レトラクタを調整する必要があります。これにより、骨の断端を覆うのに十分な軟組織があることを確認できます。
  • 骨をボーンソーで切断します。切断を行っている間、生理食塩水で常に洗浄することが大切です。
  • 骨の断端を仕上げます。
  • 切断された部分に骨蝋(ボーンワックス)を適用します。ボーンワックスは骨髄止血剤で、 手術部位に塗布することにより、骨からの出血を防ぎます。
  • 非吸収性の滅菌外科縫合糸で、切断部を縫合します。骨の表面を覆うため、より深い筋肉群を縫合し、次に表在性腱膜を縫合します。
  • 吸収性の合成縫合糸で皮下組織を縫合します。
  • 最後に、垂直のマットレスステッチを使用して、シルク縫合糸で皮膚を縫合します。
こちらの記事もおすすめです。
糖尿病がもたらす11の合併症
みんな健康
で読むことができます。 みんな健康
糖尿病がもたらす11の合併症

もし糖尿病患者が適切な治療を施されなかった場合、組織は大きなダメージを受け合併症をおこします。血中に時間と共にグルコースが蓄積され、健康に深刻な影響を及ぼし始めるのです。決定的な治療法のない糖尿病ですが、健康に気を使った生活を送ることで症状を抑えることが出来ます。



  • García, L. H. (2009). Calidad de vida de los pacientes amputados de la extremidad inferior. Revista Médica de Costa Rica y Centroamérica, 66(589), 267-273.


ここに記載された内容は、情報提供のみを目的としたものです。専門家による診断、治療、推奨を促進したり、それらに代わるものではありません。疑問がある場合は、信頼できる専門医に相談し、許可を得てから施術を開始しましょう。