朝食として食べるべきではない食品6種

4月 30, 2019
最近は、朝食が最も重要な食事であると言われています。この記事では、そんな大切な朝食として食べない方が良い食べ物についてお話しします。

朝食の役割は、私たちに1日を過ごすためのエネルギーをチャージすることだけではありません。朝食で摂取する栄養素もまた、代謝を活性化するなど様々な体の機能にとって重要です。

多くの人が朝食をスキップすることで、カロリー摂取を抑えることができると誤解していましたが、今はこれが間違った知識であるということがわかっています。むしろ、朝食をスキップすることはダイエットにとって逆効果であるそうです。

問題は、ほとんどの人が毎朝朝食をとっていても、その中身が健康的なものではないということです。

朝食が健康的ではない場合、後にもっとお腹が空く、太る、栄養不足などの望ましくない結果になってしまうことがあります。

これを避けるために、朝食として食べるべきではない6つの食材をまとめました。

ぜひこの記事でご確認ください!

 

1、市販のパン

パン

市販されているパンには、炭水化物、飽和脂肪酸、砂糖などが多く含まれており、胃に大きな負担をかけてしまうことがあります。

加えて、空カロリーを摂取してしまうことから、朝食としてふさわしい食材ではありあせん。

空カロリーとは、何でしょうか?  空カロリーとは、栄養価がないにも関わらず、カロリーの密度は非常に高いことを意味します。

アドバイス

・市販のパンの代わりに自家製のパンを食べましょう。

・より多くの繊維、ビタミン、およびミネラルを含みつつ、添加物は含まない材料を使用することができます。

この記事もお読みください:

朝食にオススメの健康的な食品

2、加工肉

加工肉

加工肉は、健康的であると銘打っているものも含めて私たちの健康に有害であり、食事に取り入れるべきではありません。

加工肉は新鮮そうに見え、食欲をそそり、簡単に調理ができるので朝のサンドイッチにうってつけと思うかもしれません。しかし、加工肉には多くのナトリウムと飽和脂肪酸が含まれています。時間が経つにつれて、これらは体重、コレステロール、そして血圧などに深刻な問題を引き起こす恐れがあります。

また、消化しにくいため消化器系に負担となり、腹部の炎症、胃腸にガスが溜まる、胃酸の逆流などを引き起こす可能性があります。

アドバイス

・タンパク質を摂取するために、赤肉や卵を朝食で使いましょう。

3、砂糖が多いシリアル

砂糖が多いシリアル

欧米の食品業界は、シリアルが最高の朝食であるというイメージを強調しています。確かに、健康的なシリアルも中にはありますが、多くのシリアルが大量の砂糖を含み、健康的なメリットがあまりないというのが現状です。

このタイプのシリアルは、必須の栄養素が不足している空カロリーを含む食品の一つです。

多量の砂糖と人工着色料などが代謝に悪影響を与える可能性があります。

アドバイス

・代わりにオーツ麦や全粒穀物を食べましょう。

4、濃縮液から作られたフルーツジュース

広告に騙されないようにしてください。濃縮液から作られたフルーツジュースを果物をそのまま使って作られたジュースで置き換えることはできません。

濃縮液から作られたフルーツジュースは、爽やかで美味しく朝食にうってつけと思うかもしれませんが、ビタミンが豊富なものでさえ、体に悪い人工的な成分や砂糖がたくさん入っています。

アドバイス

新鮮な果物や野菜を使って、100%天然のジュースを作りましょう。

この記事もお読みください:

快適に1日を始められる健康な朝食5選

5、人工香料を含むヨーグルト

ヨーグルト

市販のヨーグルトは、100%天然のヨーグルトと比べて、栄養の質に影響を与える添加物が含まれています。

幼児の朝食としてもヨーグルトは人気があります。しかし、健康そうに見えても、それは栄養価があまり高くなく、酸化を引き起こす可能性もあります。

市販のヨーグルトが体に良くない理由は以下の通りです。

痰の分泌を促す

砂糖と人工的な成分が大量に含まれている

腹部の炎症を引き起こす

アドバイス

・プロバイオティクスが豊富で、着色料が使われていない天然のヨーグルトを食べましょう。自宅で作ることもできますし、スーパーマーケットで購入することもできます。

6、ジャム

ジャム

自家製のジャムを朝食の際に少し食べる分には問題はありません。問題は、多くの人がスーパーマーケットで購入したジャムを食べ過ぎているということです。

ジャムは果物から作られていますが、栄養の質を下げる大量の砂糖や人工添加物を含んでいます。

アドバイス

自宅で、人工的な砂糖やシロップを使わずにジャムを作りましょう。

・果物の果糖を利用したり、ハチミツなど天然のものを使いましょう。

・適度な量を楽しむようにしましょう。(大さじ1〜2)

あなたは、これらの食材を朝食として食べていませんか? この記事で読んだことを取り入れて、あなたの朝食が健康的で栄養豊富なものになるように今一度考えてみてください。