試してみよう!タンパク質豊富なチキンバーガーレシピ

9月 2, 2019
牛肉、鶏肉、そして魚のハンバーガーは、質の高い食材を使って自宅で調理をし、時々食べるのであれば、バランスの取れた食生活の一部としてお勧めの健康的な料理です。

今回の記事では、タンパク質が豊富に含まれているチキンバーガーのレシピに焦点を当てます。

ファーストフードのハンバーガー店で販売されているものと手作りハンバーガーは、何が違うのでしょうか?

この質問に答えるためには、毎日の食生活で必要なタンパク質について理解する必要があります。

今回ご紹介するチキンバーガーとその栄養価を最大限に活用するためには、材料選びを慎重に行うことが大切です。

チキンバーガーに使う鶏肉は、タンパク質が豊富に含まれていることで知られています。

ファーストフードのハンバーガーには、不健康な脂質、悪玉コレステロール、精製された炭水化物など健康に悪影響を与える成分が含まれていることが多くあります。

しかし、ハンバーガーを自宅で手作りすれば、鶏肉や七面鳥などの低脂肪で高タンパクな食品を使っておいしく仕上げることができます。

今回はその中でも、タンパク質の含有量が高い鶏肉で作るチキンバーガーのレシピをご紹介します。

シンプルで栄養価の高いお勧めのレシピです。

タンパク質について

チキンバーガー レシピ

自然界に存在する多くの食品にはタンパク質が含まれており、その中には動物性タンパク質以外にも大豆などの豆類で作る肉の代替え品をはじめとする植物性タンパク質があります

ただし、すべてにタンパク質が含まれているわけではありませんし、その含有量も異なります。

動物性タンパク質は、私たちの体が必要とする必須アミノ酸や非必須アミノ酸を含むタンパク質です。

私たちの体が正しく機能するため、そして筋肉量の増強のためにも、すべてのアミノ酸が必要となります。

そのため、必要以上に肉類を食生活から排除するのはお勧めできませんし、その他の必須栄養素も、必ずバランスよく摂取してください。

アレルギーや不耐性など、医師の指導による食事療法以外で、何か特定の食品を食生活から取り除く場合は注意が必要です。

ハンバーガーの材料に最適な肉類をひつと選ぶ場合、鶏肉、七面鳥、そして魚など、脂肪分の少ないタンパク質を体に提供する肉類を選びましょう。

ご存知ですか?:朝ごはんにタンパク質を摂る重要性

タンパク質を豊富に選ぶチキンバーガーレシピ

チキンバーガー レシピ

材料

  • ハンバーガー用のパン 1個
  • 骨なし鶏胸肉 (塩とコショウで味付けしたもの)1枚
  • トマト 2切れ
  • ロメインレタスの葉
  • エキストラバージンオリーブオイル 大さじ1
  • モッツァレラチーズ 1枚
  • ピクルス 2切れ
  • ケチャップ大さじ1
  • マスタード大さじ1

こちらもご参考に:チーズソースでいただくおいしい鶏胸肉のレシピ

作り方

  • 鍋を中火にかけたら、オリーブオイル入れます。(高温だとオリーブオイルが燃えてしまうため注意が必要です)
  • 鶏胸肉を加えて弱火にします。合計10分程度調理して、両面に焼き色をつけます。
  • モッツァレラチーズのスライスを鶏肉の切り身の上に置き、フライパンから取り出す直前に、少し溶けるまで火にかけます。
  • 一般的なハンバーガーと同じように、ハンバーガー用のパンにマスタードを塗ります。
  • トマト、レタス、そしてチーズのった鶏胸肉をおいたらピクルスを加えます。
  • お好みでケチャップや自家製マヨネーズを加えてください。
  • さあ出来上がりです!