チーズ&ココナッツロール 簡単なグルテンフリーレシピ

5月 7, 2019

セリアック病でなくても、小麦やグルテンが合わない人が増えてきています。そこで、今回は簡単なグルテンフリーのレシピをご紹介します!

グルテンフリーのレシピを探している人も多くなってきました。特にグルテンフリーのパンは、作るのが難しく、色々と試す人も多いと思いませす。しかし、チーズ&ココナッツロールはとても簡単でグルテンは全く含んでいません。

グルテンフリーの食事をした方が良い方

パンはダメ グルテンフリー

グルテンは小麦、ライ、大麦などの穀物に含まれるプロテインです。オーツ麦については、グルテンを含む、含まないの各説があります。

セリアック病の方は、グルテンを少しでも含む食べ物、またグルテンに触れたものを口にできません。どれだけ敏感かは患者さんそれぞれで、影響の度合いも異なります。

しかし、セリアック病でなくても、小麦やグルテン不耐に悩む方が近年増えてきました。よって、食事からこのタイプのプロテインを排除する方も増加傾向です。紹介するのは、小麦を使ったパンの代わりになる、美味しくて簡単でヘルシーなグルテンフリーのロールです。

こちらもお読みください:そば粉と米粉を使ったグルテンフリーのパン

チーズ&ココナッツロール

グルテンフリーレシピ

シンプルで素早く作れるチーズ&ココナッツロールの、材料と作り方です。

材料

チーズ&ココナッツロールに必要な材料は

  • 卵 3個
  • キャッサバスターチ(またはユッカスターチ)360グラム
  • ココナッツ 80グラム
  • やわらくなった、または溶けたチーズ 250グラム
  • オイル(ひまわり、オリーブまたはココナッツ)110グラム
  • ココナッツまたはライスミルク 200ミリリットル
  • 海塩 10グラム

作る前に

作る前に、数点確認しておきましょう。

  • キャッサバスターチに生地を膨らませる成分が含まれているため、イーストを使用しません。オーブンの温度調節が鍵になります。
  • キャッサバ、またはユッカは、ラテンアメリカでよく使われる塊茎です。最近では世界中のスーパーで、粉状のスターチが見かけられるようになりました。今回はそのスターチを使用します。甘いものと、酸っぱいものの2種類ある場合がありますが、その場合は甘い方を使用します。
  • もしこのレシピを乳糖なしで作りたい場合は、チーズの代わりにココナッツを160グラム追加します。
  • 粉末のパプリカや、ガーリック、唐辛子、オレガノなどのスパイスを入れてアレンジしてもいいでしょう。
  • 練ったり、発酵させる必要がなく、とても簡単なレシピです。もっと簡単に作りたい場合は、全ての材料をブレンダーに入れて混ぜると、さらに手早く作ることができます

こちらもお読みください:グルテン不耐症の10のサイン

作り方

グルテンフリー

チーズ&ココナッツロールは以下の手順で作ります。

  • オーブンに、下段の天板を入れ、210度に余熱しましょう。この手順は生地をオーブンに入れた瞬間から膨らませるのに欠かせない手順です。
  • 卵をボウルに入れてときます。
  • 次に、オイル、ミルク、塩をこの順番で加え、混ぜ合わせます。
  • 細かく切ったチーズを入れて、よく混ぜ合わせます。
  • そして、ココナッツとキャッサバスターチを加えて、さらに材料をよく混ぜ合わせます。
  • すると、少し水っぽい生地が出来上がりますが、心配無用。このロールをうまく焼き上げるにはこのくらいがちょうどです。
  • マフィン型などの型に生地を流し込みましょう。オイルを塗ったシリコン製の型をお勧めします。
  • 210度に熱したオーブンの下段に入れて、20分焼きます。このとき、オーブンのドア越しに、生地が素早く膨らむのが見えるでしょう。
  • そのあと、オーブンの上段に移動させ、もう20分やきます。この手順は、表面をこんがりと焼き上げ、冷めても生地が沈まないようにする為に重要です。
  • オーブンから取り出してすぐ、湿っぽくならないようにそれぞれを型から外します。出来立てをお勧めしますが、粗熱はとりましょう。

うまく焼けたロールは丸くで、中が空洞です。そのまま食べても美味しいですし、中に何か入れてもいいですね。