チアシードを使った4つの朝食メニュー

チアシードを使ったメニューを朝食に食べると、その日一日を元気に過ごすのに必要な栄養素とエネルギーを補給することができます。また消化器系の健康維持にも役立ちます。
チアシードを使った4つの朝食メニュー

最後の更新: 17 7月, 2019

体内に活力を補給するチアシードを使った朝食は、一日を始めるのにぴったりです。

スーパーフードと呼ばれることもあるチアシードは、とても栄養価の高い食品で、チアシードを定期的に食べることで、健康の促進や健康的な体重の維持効果が期待できます。

用途の広いチアシードは他の食品と組み合わせやすい食材で、食物繊維、アミノ酸、健康的な脂質など、体が必要とする栄養素の多くを補うことができます。

本記事では、チアシードの主な利点と、おすすめの4つの朝食メニューをご紹介します。

チアシードの利点

チアシード

ハリウッドセレブをはじめとする多くの有名人が食事に取り入れていることで知られているチアシードは、年々その人気が高まっているスーパーフードです。

グアテマラとメキシコが原産ですが、現在では世界中で購入することができます。

ナッツに似た風味を持つチアシードは、果物やヨーグルトと相性が良い上、数時間水に入れるとゼラチンのような質感になるため、デザートにも最適です。

チアシードを食べることで得られる効能をご紹介します:

  • 豊富なオメガ3脂肪酸の働きにより、高くなりがちなコレステロールを制御して、心血管系の健康を守るのを助けます。
  • タンパク質と炭水化物は、活力を高めるのに役立つため、精神面、そして肉体面での生産性を改善します。
  • 減量や筋肉の形成を助けるアミノ酸を含んでいます。
  • 抗酸化作用の働きにより、細胞を保護して早期老化のリスクを減少させます。
  • 食物繊維を豊富に含んでいるため、消化機能過程を改善して便秘や胸やけなどの症状を軽減するのに役立ちます。
  • 筋肉や関節の痛みを和らげるのに役立つ抗炎症作用があります。
  • セロトニンの生産を助けるトリプトファンを含むため、不安障害、うつ病、睡眠障害のコントロールに役立ちます。

チアシードを使った4つの朝食メニュー

チアシードを使った朝食は、健康維持に欠かせない多くの栄養素を体内に補給するレシピです。

一日を元気に過ごす活力を得られるチアシードの朝食を食べれば、空腹になりにくく、減量効果を促進する代謝機能をサポートする効果も期待できます。

チアシードとギリシャヨーグルト

ギリシャヨーグルト

ギリシャヨーグルトとの組み合わせは、ぜひ試してみるべきチアシードの朝食の一つです。

筋肉を形成するのを助ける高品質のタンパク質を含むだけでなく、消化器官のpH値を正常に保ち、炎症や便秘を減らすのを助けるプロバイオティクスの供給源となります。

材料

  • ギリシャヨーグルト 1/2カップ(125 ml)
  • チアシード 大さじ1(15 g)
  • 好きな果物(バナナ、キウイ、イチゴをお勧めします)

作り方

  • ギリシャヨーグルトをボウルに注ぎ、チアシードを加えます。
  • 好きな果物を加えたら、スプーンですべてを一緒にかき混ぜます。

2.ヨーグルトとチアシードのマンゴースムージー

これは、チアシードで作る朝食の中でも最も早く完成する美味しいレシピの一つです。

食物繊維を豊富に含むこのスムージーは、消化機能を改善するだけでなく、代謝機能の促進や筋肉の健康維持に役立つアミノ酸を少量含んでいます。

材料

  • 完熟マンゴー 1個
  • ナチュラルヨーグルト 1カップ(200ml)
  • チアシード大さじ2(30 g)

作り方

  • 熟したマンゴーの果肉を取り出し、ミキサーに入れます。
  • プレーンヨーグルトを加えて少し混ぜます。
  • 最後にチアシードを加えてお楽しみください。

3.オートミールとチアシード

オートミール

オートミールは、体内に豊富な栄養や活力を補給できるおすすめの朝食の一つです。

わずか15分で美味しく栄養価の高い朝食が完成しますよ!

材料

  • 水 2カップ(500 ml)
  • オートミール 1カップ(105 g)
  • シナモンパウダー 大さじ2(30 ml)
  • 蜂蜜 大さじ2(50 g)
  • 塩(味付けに)
  • チアシード 大さじ4(60 g)
  • バニラエッセンス(お好みで)

作り方

  • 水、シナモン、そしてバニラエッセンスを鍋に入れて沸騰させます。
  • 沸騰し始めたらすぐにオートミールを加えて、弱火にします。
  • 蓋をして5〜8分間調理をします。
  • 火から取り出して少し冷まします。
  • 蜂蜜と塩を加えます。
  • 出来上がったオートミールをボウルに注ぎ、チアシードを加えます。
  • お好みで、ナッツ、ベリー類、スライスしたバナナを加えるのもお勧めです。

4.小麦粉とチアシードのパンケーキ

このパンケーキの主な材料は全粒小麦粉とチアシードですが、どれも簡単に手に入る材料ばかりです。

一般的なパンケーキよりも低カロリーで、満腹感が持続するお勧めのレシピです。

材料

  • 全粒小麦粉 3カップ(375 g)
  • チアシード 大さじ1(15 g)
  • 水 コップ一杯(100 ml)
  • 塩(味付けに)
  • 細かく切ったナッツ 大さじ3(45 g)
  • オリーブオイル(必要に応じて)

作り方

  • オリーブオイルを除くすべての材料をボウルに入れてしっかりと混ぜます。
  • 布でボウルを覆い、30分間そのままにします。
  • 30分後、熱したフライパンにオリーブオイル入れてパンケーキを作ります。
  • 両面が黄金色になるように焼いてください。

今回ご紹介したように、チアシードを使ったメニューは、手軽に作ることができる美味しい朝食です。

ぜひ今回のレシピを活用して、チアシードの利点を最大限にお楽しみください。

それはあなたに興味があるかもしれません...
毎日の食生活にチアシードを取り入れるべき8つの理由
みんな健康Read it in みんな健康
毎日の食生活にチアシードを取り入れるべき8つの理由

チアシードを試すべき理由をお探しですか? なぜこのスーパーフードを毎日の食生活に加えるべきなのか、この記事を読んで発見してください!



  • Zhang YJ., Gan RY., Zhou Y., Li AN., et al., Antioxidant phytochemicals for the prevention and treatment of chronic diseases. Molecules, 2015. 20 (12): 21138-56.
  • Christodoulides S., Dimidi E., Fragkos KC., Farmer AD., et al., Systematic review with meta analysis: effect of fibre supplementation on chronic idiophatic constipation in adults. Aliment Pharmacol Ther, 2016. 44 (2): 103-16.
  • Abdelhamid AS., Brown TJ., Brainard JS., Biswas P., et al., Omega 3 fatty acids for primary and secondary prevention of cardiovascular disease. Cochrane Databaase Syst Rev, 2018.