アトルバスタチン〜その特徴と使用

他のスタチン系薬剤と同じく、アトルバスタチンは心臓の病気の予防に効果的です。コレステロールの合成に責任のある酵素を選択的そして完全に妨害するからです。
アトルバスタチン〜その特徴と使用

最後の更新: 26 10月, 2020

アトルバスタチンは、スタチン系に属する薬剤です。低コレステロール値を安定させ、心臓の病気を予防するために使われます。また、脂質異常症の治療にも使われます。

コレステロール値が異常に高いと、こういった病気になるリスクが高まります。心臓の病気は、先進国での死因の一つにもなっています。ですが、コレステロールは体が正常に機能する上で欠かせず、様々なホルモンの前駆体でもあります。

したがって、コレステロールの値を正常に保つことが私たちの健康には欠かせません。高すぎても低すぎてもいけないのです。コレステロールの値が低いこともまた、様々な健康問題を引き起こすからです。定期検診を欠かさず、主治医のアドバイスに従って体を健康に保ちましょう。

心臓の病気について

アトルバスタチン

前述したように、アトルバスタチンの目的は、コレステロールの値が通常よりも高い人が心臓の病気にならないよう予防することです。

心臓の病気は、特に先進国においての死因の一つでもあります。

  • 高血圧症
  • 心臓疾患
  • 心筋梗塞
  • 心臓発作
  • 脳血管障害
  • 末梢動脈疾患

高コレステロールがこれらの病気のリスクファクターであることは疑う余地もありません。以下の事柄を心に留めておきましょう。

  • 喫煙は、様々な健康問題につながる有毒物質を体に取り込む行為です。タバコを吸っている人は、そうでない人に比べて約2倍、心臓の病気になるリスクが高まります。
  • 先進国でよく見られるダラダラとした生活も危険です。エクササイズをせず、ダラダラとした生活を送っていると、心臓に関連する病気にかかる確率が2倍にまで上がります。
  • 乱れた食生活はコレステロールの上昇に繋がります。

アトルバスタチンが人間の体に与える影響

他のスタチン系薬剤と同じく、アトルバスタチンは心臓の病気の予防に効果的です。コレステロールの合成に責任のある酵素を選択的そして完全に妨害するからです。

具体的には、ヒドロキシメチルグルタリルCoAをメバロン酸へと交換する責任のあるヒドロキシメチルグルタリルCoAレダクターゼ(HMG-CoA)酵素です。これは、コレステロールなど減菌化合物の前駆物質です。

つまり、アトルバスタチンは、HMG-CoAレダクターゼを阻害することによってメバロン酸の量を減らす、つまり肝臓に溜まるコレステロールの量を減らすのです。

さらに、このメカニズムはまた、”悪玉”コレステロールとして知られるLDL受容体の正常化にも影響を与えます。そして、循環からこれらのリポタンパク質の取り込みに影響を与えます。

悪玉コレステロール、つまりLDLの減少は、この過程の最終段階です。しかし、治療の効果は未だに研究段階です。

アトルバスタチンの副作用

詰まった血管

アトルバスタチンの副作用は基本的に穏やかで、時間が経つと自然に消えていくでしょう。一般的に、この薬剤は副作用は少ないとされていますが、他の薬剤と同じく、副作用が全くないわけではありません。考えられる副作用を以下にご紹介します。

  • 腸のトラブル
  • 頭痛
  • 不眠

ごく稀に以下のような副作用が現れるケースもあります。

まとめ

アトルバスタチンは、スタチン系薬剤に属し、主に心臓の病気の予防に使われます。

ですが、心臓の病気の予防には、何よりも健康的な生活習慣が欠かせないということを忘れてはいけません。バランスの取れた食事を取りましょう。また、タバコを吸っている人は禁煙しましょう。

こちらの記事もおすすめです。
スタチンを使わずにコレステロール値を減らす4つの方法
みんな健康
で読むことができます。 みんな健康
スタチンを使わずにコレステロール値を減らす4つの方法

コレステロール値のコントロールや低下に役立つ薬として知られるスタチン(HMG-CoA還元酵素阻害薬)は、コレステロール値の制御と低下に役立つ薬ですが、その服用には有害な副作用が伴うことが多くあります。本記事では、スタチンを使わずにコレステロールをコントロールするのに役立つ方法を4つご紹介します...



  • Goes, P., Lima, A. P. S., Melo, I. M., Rêgo, R. O. C. C., & Lima, V. (2010). Effect of Atorvastatin in radiographic density on alveolar bone loss in wistar rats. Brazilian Dental Journal. https://doi.org/10.1590/S0103-64402010000300003
  • Fernández de Bobadilla, J., Moreno, R., Fernández, C., Martínez García, A., Sánchez Maestre, C., & Ezpeleta Echevarri, D. (2009). Efecto del tratamiento intensivo con atorvastatina frente a dosis estándar de estatinas en el riesgo de ictus de pacientes con enfermedad coronaria previa. Metaanálisis de cinco ensayos aleatorizados con 25.709 pacientes. Revista de Neurología. https://doi.org/10.33588/rn.4811.2009069
  • Soler, A., Deig, E., Guil, J., Rodríguez-Martín, M., Guelar, A., & Pedrol, E. (2006). Eficacia y tolerancia de la atorvastatina en el tratamiento de la dislipemia secundaria a tratamiento antirretroviral. Medicina Clinica. https://doi.org/10.1157/13091265